年金という制度

どうも、コピーライターの水川です。

 

金融庁が提出した「高齢社会における資産形成・管理」の報告書が、
大きな騒ぎとなっていますね。

 

老後に安定した生活を送るには年金だけでは赤字となり、
2000万円ほどの資金を自力で貯蓄する必要がある。

 

すごい要約するとこのような内容に対して、
とにかく騙されたと感じる反応が多いように思います。

 

また、将来のことを考えなくちゃいけないんだから、
きちんと説明をしてくれなど。

 

政府の説明に対する批判なども多いです。

 

で、こういった反応は確かにまっとうなもなのでしょう。

 

老後の安心をうたっていた年金という制度が、
実は将来ほとんど役に立たないと知れば、
騙されたと感じる。

 

政府の説明の仕方、対応は確かにずさんで、
煙に巻こうとしているのがわかります。

 

ですが、こういった反応はまっとうであると同時に、
非常に危機感を感じるものであると僕は思います。

 

「老後2000万円」問題に対する反応から感じる危機感

 

 

まず、政府が言ったことでようやく大騒ぎになったという事実に、
大きな危機感を感じます。

 

というのも、これまで年金は老後の生活を安定させるという政府の言葉を、
そのまま信じている人が多かったということ。

 

だから、大騒ぎになることもなかった。
(年金の受給額が減るなどの騒ぎは前々からありましたが、
年金だけだと老後の生活が立ち行かないという可能性に対しては、
大きな騒ぎとなることもなかった。)

 

あるいは、多少不信感などを感じていたとしても、
少なくとも大騒ぎするほどのことではないと思っていた。

 

なんだかんだで自分は大丈夫だろう、
自分の年金には問題はないだろうと。

 

このように考えている人が多かったということです。

 

ですが今回、金融庁という政府の機関がはっきりと、
老後の生活は年金だけでは立ち行かない可能性が高い。

 

このような報告書を作成したという事実が元で、
年金が自分の老後の生活を保証してくれない可能性が高いことを、
明確に意識する人が圧倒的に増えた。

 

で、これの何に危機感を感じたのかというと、
金融庁が報告書を作成したのを元に、
明確に老後の先行きを意識する人が増えたという点。

 

政府に言われるまで自分の老後の生活の先行きを分析して、
将来に対しての備えなどを考える人が少なかったという点です

 

ようは、政府が自分たちの老後を保証してくれることが、
当たり前であると考えている人が多かったということ。

 

これはつまり自分の老後の生活の先行きを、
政府にゆだねている人が多かったということです。

 

政府が保証してくれたら老後は安心、
政府が保証してくれなかったらまずい。

 

つまりは自分の老後の生活に対する責任を自分で背負うのではなく、
政府に丸投げしている人があまりに多い。

 

多い印象を受ける現状に危機感を感じるのです。

 

老後までに2000万円貯めることがすごい難題のように思われている

 

 

そしてもう1つ、老後までに2000万円貯めるのは、
そんなに難しいのかということについて。

 

「老後2000万円」問題に対する反応に多いと感じたものに、
2000万円ためるのはハードルがすごい高いと考える人が、
あまりにも多いように感じたことです。

 

2000万円という数字だけで見ると確かに多い金額のように思えますが、
仮に現在40歳で定年が65歳である場合。

 

残り25年間、300ヶ月という期間で2000万円貯めるなら、
月6万7000円ほど貯めれば、老後資金2000万円を貯めることができる。

 

若ければ月々の貯金額はもっと減る。

 

では、この6万7000円ずつ、あるいはそれ以下を、
月々貯金するというのはそんなに難しいことでしょうか?

 

まあ、現在の収入から6万7000円貯金するというのは、
難しいという人も多いかもしれませんが、
ならば稼げばよいのです。

 

特に、40代~50代といえば一般的に、スキルや経験も十分について、
社会に対して大きな価値を与えられる人になれている。

 

もっと若ければ、これからそれらを磨く時間はある。

 

そして現代は副業も解禁され、さらにはネットの発達で、
ちょっとした起業や副業がすごい簡単にできる時代です。

 

例えばクラウドワークスやランサーズ、ココナラなどで、
自分のスキルや経験を簡単に出品することができる。

 

あるいはブログなどを作ることでスキルや経験を広め、
アドセンスなどの広告収入を得るなど。

 

行動する意思さえあれば稼ぐ方法はいくらでもあるのです。

 

ようは、現状のまま2000万円貯めるのが難しいということであって、
現状を変えたいという強い意思と行動力があれば、
本当に手遅れという人はそこまで多くない。

 

ですが、先ほどもお話ししたように多くの人は、
老後の生活に対する責任を政府に丸投げしている。

 

年金を支払っているんだから老後の生活は、
政府が保証すべきだと考えているのです。

 

考えているだけならまだ良いですが、
それで行動を起こさない人も多いように感じる。

 

これが、危機感を感じるもう1つのことです。

 

結局自分の現状と未来の責任は自分自身にある

 

 

前に書いたコラムで責任とは、物事に対するコントロール権、
コントロールできる権利を得るものとお話ししたことがあります。

 

責任についてのコラム
↓↓↓

 

ですが今回お話ししてきた「老後2000万円」問題では、
老後の生活という自分事に自分で責任を持たず、
政府という他者に責任を丸投げしている印象が強い。

 

それはつまり自分の老後の生活のコントロールを、
自分ではなく政府に全て委ねている印象が強いということです。

 

なので当然、老後の生活は政府次第。

 

ですが、そもそも政府は個人の生活の幸福をそこまで重視していません。

 

というのも政府の役目とは、個人が豊かな生活をおくるための、
国という基盤を盤石にすること。

 

個人個人を豊かにすることではないのです。

 

例えば年金で老後100年安心とよく言われるますが、これの意味は、
そもそも個人の生活が100年安心ということではありません。

 

年金という制度は100年安心という意味。

 

一定期間年金を納めれば、それに応じた金額を将来還元する、
還元するという制度は100年安心ですよということで、
実は個人の生活が100年安心とは言ってないのです。

 

これを聞いて騙されたと思うかもしれませんが、
別におかしいことではなく、ある意味当然なのですよね。

 

だって、人によって収入や生活の仕方などはぜんぜん違う。

 

低収入でも浪費ばかりの生活を送る人もいれば、
高収入でも質素倹約して生活する人もいる。

 

今回の金融庁の報告書内の数字にしても、
あくまでも老後夫婦の平均でしかありません。

 

なので、2000万程度ならすでに貯めているという人もいれば、
2000万もないしそれだけじゃ足りないという人もいるでしょう。

 

このようなあらゆるケースに完全に対応する制度なんて、
作れるわけがありません。

 

だから、人によって沿う沿わないがあるのは当然で、
政府も全ての意を汲むつもりはなく、
国という基盤を作るうえで必要だと思うことをするだけです。

 

 

つまり、制度などで国という豊かになる基盤を作るのは政府、
そこで豊かに過ごせるかどうかは個人個人の責任ということ

 

なので今回の問題にしても、もし老後を豊かに過ごしたいなら、
年金という制度に責任を押し付けるのではなく、
自分自身が責任を持って過ごせるよう行動していくしかないのです。

 

とはいえ、現在の政府はこの基盤自体をまともに作れていません。

 

今回の年金のことはもちろん、MMT(現代貨幣理論)によって、
政府の財政政策があまりにもずさんであることなどが、
一般にも認知され始めていますし。

 

ですが、どれだけずさんなことをやっているとなげいたところで、
制度や政策が変わることなどありません。

 

もし、今の国という基盤に心の底から反対であるというのなら、
自分自身が政界に進出して変えてやると行動する。

 

あるいは積極的に議員に働きかけたりすることで、
政治自体を変えていくという覚悟と行動が必要です。

 

それが無理なら現状の基盤の中でできることを模索し、
責任を持って豊かな生活を実現するために行動するしかありません。

 

少なくとも制度に責任を丸投げして批判しているだけでは、
絶対に何も改善しないことだけは明らか。

 

明らかなのに、それでも政府に責任を丸投げする人がまだいる、
そんな状況に危機感を感じるべきなのです。

 

危機感を感じてもらって実際に、
行動することにつながればと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事