疑問を浮かべる女性

どうも、コピーライターの水川です。

 

水川のブログシリーズということで、
今回も面白くて役に立つような話をしていきたいなと思います。

 

水川のブログシリーズって?という方は、
先にブログ概要を読んでみてください。

 

 

今回はネットビジネス関係でかなり多い質問についてお話します。

 

こうしてネットビジネスに関する情報発信をしていると、
わりと頻繁に届く質問があるんです。

 

○○は本当に稼げるんですか?
という質問です。

 

ブログって稼げるんですか?
メルマガって稼げるんですか?
SNSって稼げるんですか?

 

といった部分的な質問もあれば、

 

アフィリエイトって稼げるんですか?
ネットビジネスって稼げるんですか?

 

といった手法そのものに関する質問もあります。

 

このような質問をする気持ちは、
わからないでもありません。

 

僕自身もネットビジネスに関することを勉強しだす前は、
同じような疑問を持っていたからです。

 

ですが今は、この質問の無意味さをはっきりと自覚しています。

 

そして、この質問が頭に浮かぶうちは、
何をやっても稼げないということに気づきました。

 

○○は稼げるのかという質問は、
あらゆる意味でずれているのです

 

今回は○○は稼げるのか?という質問の無意味さと、
絶対にしてはいけない理由についてお話します。

 

○○は稼げるのか?に対する答え

 

最初に○○は稼げるのかという質問に関する答えですが、
これはほとんどの場合、稼げますとしか言えません

 

なぜなら、その手法で稼いでいる人がいるからです。

 

ネットビジネスで稼いでいる人はいます。
アフィリエイトで稼いでいる人はいます。
ブログ、メルマガ、SNSで稼いでいる人はいます。

 

稼いでいる人がいるということは、
稼ぐ方法があるということ

 

つまり、稼ごうと思えば稼げるのです。

 

ごくまれにどこから情報を仕入れたのかと思うような、
まったく稼げなさそうな手法について質問してくる方もいますが、
ほとんどの場合は稼げますとしか言えない方法ばかりです。

 

そのようなことは少し調べればわかると思うのですが、
それでもこのような質問をしてしまう、してしまう人には、
2つのものが足りないのです。

 

○○は稼げるのか?という質問をしてしまう理由

 

足りないもの2つとは、知識自信です。

 

知識が足りていない

 

まず、単純に知識不足ということがあります。

自分で全く調べてもなければ、勉強しようともしていない。

 

厳しいことを言いますが、依存体質、最初から答えを求めるような、
そんなタイプの人がこの質問をします。

 

そもそも少し調べる、勉強してみれば、
ある程度は稼ぐ方法の全体像が見えてくるはずなのです。

 

今は、ただ検索するだけでも、
ある程度質の高い情報を仕入れることができるような時代なので、
その気があればすぐにでも調べることができます。

 

なので、この質問をするということは、
自分の知識不足や、やる気のなさを暴露しているのとほぼ同じです。

 

 

自信を持てない

 

次に、自信が足りないというのがあります。

 

自分が稼いでいる姿を明確に想像できない人です。

 

自信を持てない理由は稼ぐための知識不足ということもあるのですが、
それ以上に経験が足りてないというのがあります。

 

実際に作業していない、経験していないので、
自分が稼ぐ姿を明確に想像できないのです。

 

 

ちなみにこれはきちんと勉強して、知識をつけた人でも、
同じような状態におちいります。

 

知識太りとか呼ばれることもあり、
知識だけつけてまったく実践しない人のことです。

 

知識は確かに大事ですが、それをもとに実際に作業してみないと、
本当の意味でその知識を自分のものにできたとは言えません。

 

○○は稼げるのかという質問を絶対にしてはいけない理由

 

ここまで読んでいただければ、
なんとなくこの質問をしてはいけない理由もわかるかと思います。

 

この質問をするということは、
知識不足と自信のなさというネガティブな理由を、
相手にさらけ出しているのと同じだからです。

 

それに、質問される側の視点からも、
この質問は非常に困ります。

 

最初にも言ったように、
稼げる人はその方法で稼げるからです。

 

なので、聞かれたら稼げますとしか答えられないし、
それ以上どうすることもできません。

 

あまりにも質問に具体性がないので、
アドバイスも回答も中途半端にならざるおえないからです。

 

なので、この質問をすること自体が、
そもそも時間の無駄、無意味なことなのです。

 

まず間違いなく、欲しい答えは得られないのですから。

 

とりあえず行動してみる大切さ

 

ここまで、○○は稼げるのかという質問をしてはいけない理由と、
その無意味さについてお話してきました。

 

では意味のある、中身のある質問をするにはどうすればいいのかというと、
とりあえず行動する、実践してみることです。

 

例えばブログは稼げるのかと思ったら、
とりあえずブログで稼ぐ方法を調べてみる。

 

そして、実際にブログを開設して、
その方法を実践するのです。

 

そうすれば稼げるか稼げないかの結果がでます。

 

稼げたという結果がでれば、
その方法で稼げることを経験として実感でき、
自信がつきます。

 

質問して答えを待つような、
無駄な時間を使わなくて済むようになります。

 

稼げなかったという結果がでれば、
そこではじめて質問してみれば良いのです。

 

 

しかし、もしかしたら稼ぐ稼げないの結果を得るところまで、
たどり着けないということもあるかもしれません。

 

ブログで言えば、開設するところでつまずくかもしれませんし、
開設したはいいけど記事の書き方がわからないかもしれません。

 

ですが、それはそれで良いのです。

 

できないということは、できないことを知ったということです

 

つまり何を学ぶべきか、なにをするべきかがわかります。

 

そうすれば、するべき質問もさらに具体的になり、
質問された側も相手の努力や学びの中身を知って、
具体的なアドバイスを返してくれるでしょう。

 

少なくとも僕は、きちんと努力している方に対しては、
力になりたいと思います。

 

 

なので、まずは行動して経験と結果を得ましょう。
それが、すべてのはじまりになります。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事