どうも、コピーライターの水川です。

 

あなたはネット集客と聞いた時、
どんなものを思い浮かべるでしょうか?

 

webサイト(ホームページやブログ)、SNS(ツイッターやフェイスブック)、
ユーチューブ、メルマガ、ライン、PPC広告、などなど。

 

色々な方法やメディアが思い浮かぶのではないかと思います。

 

と、同時にどれがいい集客方法なのか疑問に思ってしまうことでしょう。

 

  • メルマガが最高
  • ブログがはやり
  • SNSがやりやすい
  • これからはライン
  • ユーチューブがトレンド
  • PPC広告が1番

 

多くの人がこの方法やメディアを使うべきだと言っていて、
どれを信じるべきなのか、どれを使うべきなのか。

 

判断に迷うこともあるのではないでしょうか?

 

ですが、実はネット、というより集客の方法は、
大きく2つに分けることができます。

 

今あげたネット集客の方法も、
それ以外の集客方法も全てです。

 

というわけで、今回はこの集客における2つの方法と、
最適なメディアを選ぶための基準についてお話しようと思います。

 

もしネット集客の方法に迷っていたり、
思ったような成果が出ない場合は、最後まで読んでみてください。

 

きっと、集客におけるものの見かたが変わると思います。

 

 

【集客とは】

 

 

では、はじめに集客とは何なのかについて、少しお話します。

 

おそらくほとんどの人は、
集客とは人を集めることだと考えていると思います。

 

ですが、これは間違いとは言えないのですが、
正解ではありません。

 

集客とは、人が集まるようにするものです。

 

どちらも同じ意味に思えるかもしれませんが、
"集める"と"集まる"では意味が全然違います。

 

 

この違いを実感してもらうのは難しいのですが、
例えば何らかの商品を買ってほしくて、商品の販売ページに、
ブログを使って集客をしようと考えたとします。

 

ではどうするかと言えば、
販売ページに訪れてもらえるように、
ブログ内で記事やコンテンツを作って、
何らかのメッセージを発信しますよね。

 

この、"メッセージを発信する"ということ。

 

これは、ブログ以外の全てのメディアに共通することです。
メルマガでも、SNSでも、動画でも、ネット広告でも何でもです。

 

そして、発信されたメッセージを受け取るのも受け取らないのも、
全ては相手次第だということになります。

 

もしここでメッセージに対して興味も何も持たれなければ、
当然ですが人が集まることはないということです。

 

 

つまり集客のしっかりとした定義とは、
相手が集まりたくなるようなメッセージを作成し、
それを発信することになります

 

発信することまでが集客であり、
人が集まるかどうかはそのメッセージ次第。

 

なので、集客とは"集める"という能動的なものではなく、
"集まる"という受動的なものなのです。

 

より大きな成果を求めるとき、
方法、メディア選びは非常に重要になってきますが、
メッセージがきちんとできてなくては、
どれを選んでも結果は出ないということです。

 

特に始めての相手を集客する場合、よほどの有名人とかではない限り、
間違いなく自分ではなく、自分の発信したメッセージによって、
人は集まります。

 

そして、この些細とも思える考え方の違いが、
結果に大きな影響を与えることになります。

 

 

では、2つの違いですが、
前者である、集客は"人を集めるもの"と考えている人、
自分が人を集めているのだと考える人は、
ほとんどの場合、集客で失敗します。

 

なぜなら、集客はとりあえずやれば結果が出ると、
考えていることが多いからです。

 

  • チラシを配れば集まる
  • 広告を出稿すれば集まる
  • 商品やサービスを紹介すれば集まる

 

このように考え、特にメッセージ内容に力を入れたりしません。

 

そうすると、当然ですが人は集まりません。

 

方法やメディアが悪いというわけではなく、
発信されたメッセージに興味がわかないからです。

 

ですが、やれば結果が出ると思っているので、
結果が出ない原因はただ方法やメディアが悪かっただけだと考えます。

 

そうすると、今度は今はやりだと言われている様々なもの、
メルマガやライン、ブログなどに手を出します。

 

ですが、やはり結果は出ないのです。

 

何度も言っているように、
原因はメッセージにあるからです。

 

集客で失敗する人は、だいたいこの思考の流れをたどります。

 

 

逆に後者である、
"集客とは人が集まるもの"だと考えている人は、
人を集めるとは、ほとんど考えません。

 

まず、どのようにすれば人は集まってくれるかを考えます。

 

自分が集まってほしい人は、
どのようなことに興味を持っているのか、
どのようなものを求めているのか、
どのような悩みや問題を抱えているのか。

 

どこまでも相手を中心に物事を考え、
相手を理解するように努めます。

 

ありきたりな言い方ですが、
相手の目線に立って考えているということです。

 

そして、相手の興味を引けるようなメッセージを考え、
それを発信するのです。

 

これが、集客で成功する人の思考の流れになります。

 

 

ですが、もちろん自分が人を集める方法もあります。

 

積極的に自分自身を開示したり、
メディアを通じて露出を増やしたりすることで、
認知度を上げていくという方法です。

 

有名人になるということですね。
パーソナルブランディングと呼んだりもします。

 

これも1つの方法ですが、
自分を有名にするにしても、
発信するべきメッセージは大切です。

 

自分が集まってほしい人に、
興味を持たれるようなメッセージでなければ、
有名になったって意味はありません。

 

有名になるにしてもきちんとした戦略が必要で、
発信するメッセージ1つ1つに対して意味を含ませることが重要になります。

 

なので、相手が集まりたくなるようなメッセージを作成し、
それを発信すること

 

これを意識して集客ができるようになると、
結果が出るスピードはきっと上がるでしょう。

 

 

少し長くなりましが、
集客とは何なのかについて少しでも理解を深めてもらえればと思います。

 

 

【ネット集客の2つの方法】

 

 

では、本題であるネット集客の2つの方法についてお話します。

 

最初にも言ったように、ネットに限らずすべての集客方法は、
大きく2つに分けることができます。

 

  1. 自分のメディアを作る
  2. 他人のメディアを借りる

 

この2つです。

 

ちなみにメディアとは、
メッセージを発信するための場所だと考えてください。

 

では、1つずつ詳しく説明していきます。

 

 

【1.自分のメディアを作る】

 

 

1つめの方法は、自分のメディアを作ることです。

 

先程、集客とは人が集まりたくなるようなメッセージを作成し、
それを発信することだと言いました。

 

つまり、自分のメディアを作るとは、
メッセージを発信する場を、1から自分で作るということです。

 

独自ドメインのWebサイトやメルマガなどが、この方法に分類されます。

 

 

では、この方法の特徴ですが、
まず、発信するメッセージをある程度自由に作るれるということです。

 

発信するメッセージ、コンテンツの内容などを自由に決めて、
作成することができます。

 

そのため、自分の伝えたいことを、
伝えたいだけ伝えることができるのです。

 

そして、ネットでは、
自分のメディアを作るという方法が非常に簡単にできます。

 

例えば独自ドメインのサイトは、
初期費用もあまりかからず、年間の運用費が1万円ちょっとぐらいから
作成できます。

 

ワードプレスなどのサイト作成ツールや、
テンプレートと呼ばれるデザインなどを整えるものもありますので、
専門的な知識もあまり必要としません。

 

おまけに1度記事を投稿すれば、
自分で削除したりしない限りは、
いつまでもネット上に残り続けます。

 

なので、これから先何年も、
読んでもらえる可能性があるわけです。

 

ちなみに、これがネット以外となると、
雑誌とか新聞を1から作るようなものなので、
その難しさは想像できると思います。

 

 

しかし、いいところばかりではありません。

 

もう1つの特徴、人によってはデメリットとも呼べるのですが、
自分のメディアに人が集まる仕組みを作る必要があります。

 

つまり、集客のために自分のメディアを作ったのに、
更にそのメディアに人が集まるようにする必要があるわけです。

 

例えばWebサイトならSEOと呼ばれるものを施したり、
メルマガならリスト(メールアドレス)を集めるための仕組みを
作ったりする必要があります。

 

そのため、ある程度の知識と、結果が出るまでの時間が必要になります。

 

 

以上が1つめの方法です。

 

 

【2.他人のメディアを借りる】

 

 

2つめの方法は、他人のメディアを借りるです。

 

すでに人が集まっている場に、
自分のメッセージを載せてもらう方法です

 

ネット広告などは全てこちらの方法に分類されます。

 

後はSNS、ユーチューブなどの動画サイト、ライン、
無料サイト作成サービス(アメブロなど)などもこちらです。

 

十分なアクセスがあるWebサイトや、
多くの読者がいるメルマガなどに広告を載せてもらう方法もあります。

 

 

この方法の特徴は、
すでに人が集まっているところにメッセージを載せるため、
結果が出るまでの時間が早いことです。

 

1つめの方法だと、作成したメディアに対して、
さらに人が集まるような仕組みを作る必要があったわけですが、
こちらでは基本的にそれが必要ありません。

 

ですが、ある程度のお金が必要になる、
あるいはサービスごとの規約などによる規制があります。

 

例えばグーグルアドワーズなどのネット広告なら、
当然ですが出稿するのに広告費が必要です。

 

また、規約や審査などもあるため、
伝えられるメッセージに限界があります。

 

無料ブログ作成サービスなども、サービスごとに規約などがあり、
違反すれば記事の削除、サイト丸ごと削除なども普通に起こります。

 

また規約に沿ってやっていたとしても、
いきなりの規約変更などでだめになる場合もあります。

 

なので、使用する場合は十分に注意しましょう。

 

 

以上が2つめの方法です。

 

 

【最適なメディアを選ぶ基準】

 

 

ここまで2つの方法についてお話してきました。

 

では次に、集客で自分に最適な方法、メディアを選ぶ基準について、
お話したいと思います。

 

集客の際のメディア選びの基準は、
目的と、ターゲットの2つです。

 

まず、目的をはっきりさせる必要があります。

 

例えば短期間で一気に集客したい場合は、
スピード重視なわけですから他人のメディアを借りる方法が適切と言えます。

 

逆に長期的に安定して集客したい場合は、
自分でメディアを作成して運用していく方が適切と言えます。

 

このように、まずは自分の目的が何かをしっかり把握することが重要です。

 

 

そしてもう1つ、ターゲットを考慮する必要があります。

 

つまり、どんな人に集まってほしいかです。

 

特に他人のメディアを借りる方法で集客する場合、
ターゲットがまったく考慮されてないなら、意味のないことを
してしまう可能性があります。

 

例えばですが、誰かのWebサイトに広告費を払って、
メッセージを載せてもらうとしましょう。

 

この時、ターゲットを考慮してないなら、
興味がない人が集まるサイトに広告を載せてしまうかもしれません。

 

そうなれば、当然広告費の無駄になります。

 

なので他人のメディアを借りる際には誰に集まってほしいのか、
借りたいメディアに誰が集まるのかをよく検討して使用しましょう。

 

 

以上がメディア選びの基準になります。

 

目的とターゲットを明確にして、
自分に最適なものを選べるようになると、
一気に集客の効果が高まります。

 

 

【相手の目線に立って考える重要性】

 

 

ここまで集客についていろいろお話してきましたが、
結局1番大事なのは相手の目線に立つことだということに行きつきます。

 

集客すると考えた時、どうしても人を集めるという考えになってしまうのは、
ある意味仕方ないことです。

 

ですが、自分が集客されて商品購入などに至ったことのあるメッセージ、
チラシやWebページなどを考えてみてください。

 

読んでいて、集められた、買わされたと思うことは、
あまりないのではないでしょうか。

 

少なくとも自分にそれが必要だった、
あるいはほしいと思ったからこそ、自分の意志で購入したのだと思います。

 

そしてこのように必要だと、欲しいと思ってもらえるようなメッセージは、
相手の目線に立ったからこそ生み出せるものです。

 

なのでこれから集客するときには、
相手の目線に立つということを意識してもらえればと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事