0~1から伸びる人と伸びない人の差
【記事執筆者】水川健人
コピーライター・マーケター。個人や中小規模ビジネス向けに、マーケティング戦略のアドバイスを主におこなっている。
【価値あるものが正しく認められるビジネス業界】を目指して日々活動中。

 

ビジネスに限らず一番難しいのは0~1、
最初の成果を出すことです。

 

だけど、最初の成果を出せるとそこからは比較的簡単で、
一気に伸びていくもの。

 

これは色んな人が言っているので、
聞いたことがあるかもしれません。

 

僕もよく言うことではあるのですが現実には、
最初の成果から伸び悩む人がいる。

 

どころか、一切成果が出なくなる人だっている。

 

じゃあ、0~1から伸びる人とそうでない人、
この差は何かについて今回はお話します。

 

0~1から伸びる人とそうでない人の差とは

 

先に結論からお話してしまうとそれは理解の差です。

 

0~1から伸びる人っていうのはなぜ成果が出たのかを、
きちんと理解したうえで成果を出してます。

 

どういう仕組みや流れで成果が出てくるのか、
どんな戦略を使えば成功する可能性を上げられるか。

 

そしてそのために自分がするべきことは何かを、
きちんと理解して能動的に行動し結果を出している。

 

だから0~1を達成できているし仮にできなくても、
じゃあ達成するためにはどうすればいいかを考えて、
次の行動につなげ成功するまで行動できるのです。

 

対して0~1から伸び悩む人は理解が足りていない。

 

ただがむしゃらに行動していたら成果が出ていたとか。

 

あるいは教材とか買ってその通りにやっていたら、
ある程度の成果が出ていたとか。

 

だけど、なぜ成果が出たのかについて理解できていなくて、
自分の行動の何がどのように成果に直結したのかわからない。

 

だから、それ以上を目指すには何をすればよいかわからず、
落ち込んできた時にどう立て直せばよいのかもわからない。

 

結果、0~1から伸び悩むだけなら良い方で、
場合によってはまったく成果が出なくなる。

 

そんな状況におちいってしまうのです。

 

実は0~1を達成できてない人が多い

 

僕にとっての0~1とは成果までの道筋を、
きちんと理解して能動的に歩めること。

 

ビジネスなら成果を出せたことだけではなく、
そこまでの流れも自分の行動についても、
きちんと理解してはじめて達成と言える。

 

この定義からすると0~1を達成したという人の大半は、
実は0~1を達成できてないのです。

 

偶然、行動と成果に直結する要素がかみ合って、
成果を出すことができただけ。

 

ストレートに言ってしまえば運が良かっただけなのです。

 

ですが当然、運だけで成果を引き寄せ続けるなんてことは、
創作の中以外ではありえないこと。

 

それなりに長い人生ですからどこかで必ず、
運では乗り越えられない時がきます。

 

それを乗り越えるための方法が理解すること、
理解しようと常につとめることなのです。

 

成果よりも理解を優先するという意識を持つ

 

なので、0~1から前に進みたいのであれば成果よりも、
理解することを優先する意識を持ってください。

 

なぜかは理解できてない1万円を稼ぐことよりも、
理解した上で稼いだ千円の方が大きな価値があります。

 

理解してさえいればそれを増やす方法も、
さらに効率のいい方法を模索することも、
スムーズにできるからです。

 

逆にどれだけ大きな金額を稼げようが、
理解できてないのなら運に頼らざるおえない。

 

だけどそれは宝くじでそれなりの高額当選した後に、
また宝くじで稼ごうとしてるようなものです。

 

なので繰り返しになりますが理解の優先は、
常に意識しておくことが大事です。

 

理解度を引き上げる4つの記録

 

最後に理解度をあげるためにしておきたい、
4つの記録についてお話します。

 

  1. 行動
  2. 意図
  3. 結果
  4. 仮説

 

この4つを常に記録づける習慣を身につけると、
理解度が一気に上がります。

 

 

まず記録するのがあなたがとった行動。

 

達成したい目標や目的のためにどんな行動をとったか?
行動1つ1つをきちんと記録してみてください。

 

 

その次にその行動の意図を記録します。

 

どんな意図でその行動をとったのか?
何を目指してその行動を選んだのか?

 

これも1つ1つに対してつけてみてほしいのですが、
このとき気をつけてほしいのが意図は明確にということ。

 

例えばお金を稼ぐためみたいな漠然としたものではなく、
〇〇のような結果のため〇〇を狙っているみたいに、
原因と結果の繋がりを自分なりの想定で記録する。

 

ちなみにもし具体的な意図が何も思い浮かばない場合、
目的等を達成するのに必要な知識が足りてないということ。

 

インプット不足ということです。

 

それだと成功する可能性は低いので行動に移る前に、
勉強や情報収集に力を入れたほうが良いです。

 

 

意図を明確にして実際に行動をおこしたら、
それによって出た結果を記録する。

 

ちなみに結果は意図から大きく外れているのなら、
悪くても良くても気をつけることを意識してください。

 

悪かろうと良かろうと大きく意図から外れたってことは、
自分ではまったく意図できない何らかの要因がある。

 

ですから今が良くても時間がたつか環境が変わるかすれば、
悪い方へ転じる要素になるかもしれないわけです。

 

なので、意図から大きく外れていたら、
次の仮説の記録は念入りにおこないましょう。

 

 

では最後、結果に対する自分なりの仮説の記録です。

 

自分がおこした行動とそれによって得られる結果、
その両者をつなげる要素はどのようなものだったか?

 

どの要素が結果に対して大きく貢献し、
どれが効率を悪くしていたか?

 

意図から大きく外れたのであればその要素は何か?
どうすれば意図と行動の差を縮められるか?

 

そういったことを仮説として考えてみて、
詳しく記録していってみてください。

 

 

この4つの記録が終わったらそれをもとにして、
また新しい行動をおこし4つの記録をつけていく。

 

それを繰り返しおこなえば自然と行動と結果、
両者をつなぐ流れが理解できていく。

 

また、うまくいかない時にどうすれば改善できるか、
どんな行動を取ればいいかも理解できるようになりますよ。

 

ぜひ、試してみてください。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事