ブログを作っている画像

どうも、コピーライターの水川です。

 

この記事では、WordPressワードプレス)を利用して、
ブログを開設する方法から初期設定まで。

 

ブログ開設初心者にもわかりやすく、1から徹底解説します。

 

ブログ開設が簡単にできると言われているWordPressですが、
やはり初心者には設定など、難しい部分もあるでしょう。

 

レンタルサーバーとの契約やドメインの購入なども、
経験がないと不安に思うこともあるかもしれません。

 

なのでこの記事では、レンタルサーバーとの契約方法からドメインの購入方法、
WordPressブログ開設方法から最低限しておきたい初期設定まで、

1つずつ詳しく解説していきます。

 

ただ、ブログ開設で失敗しないために決めておいてほしいこともあるので、
もしどのようなブログを開設するのかなどが決まってない場合は、
先に以下の記事を読んでみてください。

 

ブログ開設前に決めておきたいことに関する記事
↓↓↓

 

どのようなブログを開設するのかなどがすでに決まっている場合は、
作業しながら先を読み進めていってくれればと思います。

 

 

WordPressでブログを開設する手順

 

まず、WordPressでブログを開設する手順ですが、
大きく分けると4つあります。

 

  1. レンタルサーバーと契約
  2. 独自ドメインの取得
  3. 独自ドメインとサーバーの紐づけ
  4. WordPressのインストール

 

この4つです。

 

レンタルサーバーと契約

 

まずは、レンタルサーバーを契約する必要があります。

 

サーバーとは、ブログのデータを保管する入れものと考えてもらうと、
イメージしやすいです。

 

ブログを作成すれば、当然記事などを作成、更新していくわけですが、
それらのデータを保管しておくための場所になります。

 

サーバーがないとWordPressでブログを開設できないので、
まずはレンタルサーバーと契約しましょう。

 

ちなみに、レンタルサーバーにもいろいろ種類があるのですが、
知名度や機能面ならエックスサーバーです。

 

理由は以下の5つですね。

  1. サイトの表示が高速化されている
    (サイトの表示速度はSEO、検索上位表示に影響するため速い方が良い)
  2. 大量のアクセスが集まっても問題なく稼働する
    (アクセスが一気に集まるとサイトが表示されないことがあるが、
     エックスサーバは安定している。)
  3. 24時間365日の完全サポート
    (問題があった時メールを送れば、すぐに解決策を教えてくれる)
  4. SSL化が無料で、設定しやすい
    (サイトのSSL化は上位表示に影響するため、最初から設定した方が良い)
  5. 利用者が多く、検索すれば大抵の問題は解決する

 

また価格も安く、1ヶ月1,000円前後で開設できます。

 

  • 初期費用=3,240円
  • 月額利用料=1,296円
    (月額利用料は、一度に契約する期間を長くすると安くなります。
    上記は一番高い時の値段です。)

 

※レンタルサーバーの月額利用料について
レンタルサーバーは1度の契約期間で、
月額利用料が割引きされるところが大半です。
エックスサーバーの場合、
最低3ヶ月からの契約ですが12ヶ月契約で月額1000円。
36ヶ月契約で月額900円と割引きされます。

 

ただ、1つだけ気をつけてほしいのは、
エックスサーバーはアダルトジャンル禁止です。

 

もし、アダルトジャンルのブログ、
あるいはアダルトジャンルだと判断される可能性があるブログを開設するなら、
アダルト利用可能なサーバーと契約する必要があるので注意しましょう。

 

 

ちなみにアダルト可能なサーバーは基本的に値段が高く、
月額3,000円以上ぐらいかかるところが多いです。

 

海外のサーバーだと安く契約できるところもありますが、
言語の壁があるので敷居が高いと思います。

 

なので、日本語で利用可能でかつ性能的にも良いのは、
FUTOKAサーバー、mixhost(ミックスホスト)の2つです。

 

ただ、FUTOKAサーバーはSSL化に公式で対応しておらず、
機能面でもエックスサーバにやや劣ります。

 

なので月額利用料は少しだけ高いですが、mixhostをおススメします。

 

FUTOKAサーバー利用料
  • 初期費用=2,500円
  • 月額利用料=980円
    (エックスサーバーと同じで1番高い値段です)
mixhost(ミックスホスト)利用料
  • 初期費用=無料
  • 月額利用料=1,380円
    (エックスサーバーと同じで1番高い値段です)

 

ちなみに、もし現時点でブログの運営方針が明確でない、
はじめてのレンタルサーバー選びならmixhostをオススメしています。

 

理由については別記事で詳しく解説してますので、
そちらを参考にしてください。

 

なぜオススメなのかの記事
↓↓↓

 

 

この記事では、エックスサーバーとmixhostの、
レンタルサーバーの契約方法について解説します。

 

 

※2018年11月22、追記

 

エックスサーバー、mixhostの2つに加え、
ConoHa WINGをオススメのレンタルサーバーとして、
レンタル方法やWordPressのインストール方法を解説します。

 

ConoHa WINGは2018年9月26日に提供開始されたレンタルサーバーです。

 

処理速度が国内最速(ConoHa自社調べとのこと)であり、
ブログの表示速度に好影響が見込めます。

 

ちなみにブログの表示速度が上がるとどうなるかというと、
先程少しお話したようにSEOに強くなり、
ブログが検索エンジンに上位表示されやすいと言われています。

 

言われていますが、コンテンツなどの方が評価の重要度は上ですので、
表示速度が早いだけでは必ずしも上位表示されるとは限りません。

 

また、ブログのページなどの表示速度が遅いと、
ブログから離脱される可能性が高くなる。

 

離脱されると読まれないということですのでSEO関係なしに、
表示速度は早いにこしたことはありません。

 

処理速度以外の性能や容量も、エックスサーバーとほぼ同じです。

 

無料のSSL化などもきちんとできます。

 

そして、レンタルサーバーの中ではめずらしい、
最低利用期間なしという料金体系をとっているのです。

 

先程お話ししたようにエックスサーバーやmixhostは、
最低利用期間3ヶ月からしか契約できません。

 

なので、利用するには最低3ヶ月分を、
利用料として前払いする必要があります。

 

ですが、ConoHa WINGの場合は前払いが必要なく、
利用した期間の料金だけを払えば良いのです。

 

以下のように利用した期間の料金が、
きちんと表示されるようになっています。

 

ConoHa WING料金表示画面

 

なので、例えば契約して3日ぐらい使ってみたけど、
使い心地や性能に不満があって解約したいという場合。

 

エックスサーバーやmixhostはすでに料金を前払いしているので、
3日で解約したら損になります。

 

ですがConoHa WINGは3日分の料金だけを払えば良いので、
少し性能を確かめてから本格的に使い始めるなどの方法も取れるのです。

 

この最低利用期間なしは、初心者からしたらうれしい料金体系でしょう。

 

ちなみに月一杯の利用料などは以下のとおりです。

ConoHa WING利用料
  • 初期費用=無料
  • 月額利用料=1200円

 

ただ、いくつかマイナスな面もあります。

 

まず、サービスの提供開始から間もないため、
現時点では出回っている情報が少ないです。

 

サポートなどもあり、お問い合わせも受け付けていますが、
問題が起こったら検索ですぐに解決とはいかない場合が多いでしょう。

 

最低利用期間がないのは良いですが、
まとめて契約した時の割引はありませんので月額1200円が固定。

 

アダルトやそれに類するジャンルのサイト作成は禁止ですので、
そのようなブログを開設する場合は利用できません。

 

また、サーバーの処理速度などをブログ開設初心者は、
そこまで気にしなくても良いということもあります。

 

総じて言えば、中級者以上向けのレンタルサーバーなんですよね。

 

まあ、それでも性能や料金体系はかなり良いので、
本格的にブログを運営していくつもりならオススメです。

 

それでは、まずはレンタルサーバーの契約方法から解説していきます。

 

エックスサーバーの契約手順

 

まず、エックスサーバーのトップページにアクセスします。

 

トップページ⇒エックスサーバー

そうすると、以下のような画面が表示されると思いますので、
お申し込みはこちらをクリックします。

 

エックスサーバー01

 

ちなみに、この画像では初期費用半額になってますが、
いつもあるわけではないので注意しましょう。

 

 

次に、以下の新規お申し込みをクリックします。

 

エックスサーバー02

 

以下のようなページが表示されたら、X10にチェックを入れ、
必要事項を順に記入していきましょう。

 

エックスサーバー03

 

ちなみにプランの部分にX20とX30がありますが、
これは容量の違いです。

 

容量とは内部に保管しておけるデータ量のことですが、
X10で現在200GBあります。

 

なので、ブログを作るだけならX10で十分です。

 

また、サーバーID(初期ドメイン)は、サーバーにつけられる名前であると同時に、
最初にもらえるドメインです。

 

このドメインを利用してブログ開設も可能ですが、
ドメイン名にxsrvの文字列が入るため、おススメできません。

 

使い道もなく、後ほど独自ドメインの取得方法について解説しますので、
ここでは好きな文字列を入力してOKです。

 

ただ、個人情報に関することは念のため入れないようにしましょう。

 

 

必要事項を入力し終えたら、
ページ最下部のお申込内容を確認をクリックし、
申し込みを完了させてください。

 

完了したらサーバーにログインするためのIDや、パスワードなどが記載された
メールが届きますので、大切に保管しておきましょう。

 

以上でエックスサーバーの契約は完了です。

 

mixhostの契約手順

 

まず、mixhostのトップぺージにアクセスします。

 

トップページ⇒MixHost

そうすると以下のようなページが表示されると思いますので、
赤枠内のボタンをクリックしてください。

 

mixhost01

 

 

以下のようなページが表示されたら、
赤枠内のスタンダートにチェックを入れて続けるをクリックしてください。

 

mixhost02

 

ちなみに容量が40GBと、エックスサーバーと比べると少なめに見えますが、
ブログを作るなら十分以上の容量ですので問題ありません。

 

将来、内容や作成したブログが増えてきて容量を増やしたくなった場合には、
すぐにプランを変更できますので、とりあえずスタンダードにしておきましょう。

 

mixhost04

 

上のような画面が表示されたら、赤枠に好きな文字列を入力してください。

 

この部分はエックスサーバーのサーバーID(初期ドメイン)と役割などは同じです。
ほぼ使い道がないので、好きな文字列を入力してください。

 

入力できたら、以下のお客様情報を入力をクリックして、
必要事項を入力し、申し込みを完了させましょう。

 

mixhost05

 

申し込みが完了したら、エックスサーバーの時と同じように、
IDやパスワードの記載されたメールが届きますので、大切に保管してください。

 

以上で、mixhostの契約は完了です。

 

ConoHa WINGの契約手順

 

まず、ConoHa WINGのトップページにアクセスします。

 

トップページ⇒ ConoHa WING

 

そうすると以下のようなページが表示されると思いますので、
赤枠内の今すぐお申込みをクリック。

 

ConoHa WING01

 

以下のような画面が表示されたら、
はじめての方への必要事項を記入して次へをクリック。

 

ConoHa WING02

 

ちなみにこの時点で、記入したメールアドレスに申し込みのお礼メールと、
コントロールパネルへのログイン情報を記載したメールが届きます。

 

次へをクリックすると、以下のように電話/SMS認証と、
支払い方法選択の画面が出ますのでそれぞれ手順に従い選択しましょう。

 

ConoHa WING03

 

そうすると以下のような画面が出てくると思います。

 

ConoHa WING04

 

ブログ開設なら最安値であるベーシックで十分ですので、
ベーシックをクリック。

 

その下にある初期ドメインの部分は、
エックスサーバーやmixhostと同じで使い道はありませんので、
適当に好きな文字列を入力しましょう。

 

最後に追加をクリックしたら、
ConoHa WINGとの契約は完了です。

 

独自ドメインの取得

 

サーバーの契約が完了したら、
次は独自ドメインを取得していきます。

 

ドメインとはhttp以降の文字列のことです。

 

このサイト、ドリネトCであれば以下のようになります。
↓↓↓
dorinetc.com

 

.comの前にある文字列は自由に決めることができ、
それを独自ドメインとして取得していきます。

 

ちなみに、この独自ドメインは世界に1つしかありません。

 

ネット上に億単位で存在するWEBサイトの中から、
あなたのサイトの場所を知らせるためのものなのです。

 

なので、しっかり考えて決めてください。

 

 

では取得方法ですが、ここではムームードメインという
業界最安値のドメイン取得サイトを使います。

 

まずは、ムームードメインのトップページを開きましょう。

 

トップページはこちら⇒ムームードメイン

 

ムームードメイン01

 

上の画像のようなページが出てきたら、
赤枠内に取得したいドメインの文字列を入力し、検索をクリックしましょう。

 

ちなみに、ここで気をつけることが1つあります。
できるだけ作りたいブログに合ったものを入力するということです。

 

一番いいのはサイト名をそのまま入力することですが、
この場合、後々サイト名を変えることができません。

 

※サイト名を変えることはできますが、ドメインとサイト名が別々になると、
訪れたユーザーにも違和感を与えることになりますので、
変えられないということになります。

 

なのでサイト名にする場合は、今後サイト名を変えないつもりで決めましょう。

 

どうしても後から変えたりするかもしれないという場合は、
ブログでの活動名、ペンネームなどを入力すると良いでしょう。

 

あるいは、ブログで扱うジャンル名なども良いです。

 

 

入力できたら、以下のように取得可能なドメインがズラッと並びます。

 

ムームドメイン02

 

取得できませんというのは、すでに誰かに取得されているドメインということです。

 

カートに追加は取得可能ということですので、
好きなのを選んでカートに追加をクリックしましょう。

 

なお、.○○以降もあまり見かけないようなものだと、
ユーザーへの違和感の問題がありますので、
こだわりがなければ、.com、.net、.jpあたりにしてください。

 

カートに追加したら以下のような画面が出てくると思いますので、
お申込みへをクリック。

 

ムームードメイン03

 

以下のような画面になったら必要事項を記入して、
ドメインの購入を完了させていきます。

 

ムームードメイン04

 

まず、1番上は弊社の情報を代理公開する、を選択。
ネームサーバーは今はまだ使用しないを選択します。

 

ロリポップ!レンタルサーバーはチェックを入れずに下へクロールしていくと、
オプションサービスやムームーメールの利用確認がありますが、
どれにもチェック入れずに下へクロール。

 

お支払いの部分に必要事項を記入して、取得を完了させましょう。

 

取得できましたのメールが届いたら、
独自ドメインの取得は完了です。

 

独自ドメインとサーバーの紐づけ

 

ここまで作業が完了していたら、
手元にサーバーと独自ドメインがあると思います。

 

次は、この2つを紐づける作業です。

 

紐づける前の状態だと、
サーバーとドメインがバラバラに存在していて、
ブログを開設することができません。

 

紐づけは必ずやらなければいけないことなので、
ここできちんと設定していきましょう。

 

では、まずはムームドメインのサイトにログインして、
コントロールパネルを開きましょう。

 

開いたら、以下の画像のドメイン操作をクリックした後、
ネームサーバ設定変更をクリックしてください。

 

ムームドメイン05

 

 

そうすると以下のように取得済みの独自ドメインが表示されますので、
開設したいブログのドメインの、ネームサーバー設定変更をクリックします。

 

ムームドメイン06

 

 

以下のようなページが開けたら、
『GMOペパボ以外のネームサーバーを使用する』
にチェックを入れて、その下のネームサーバーの部分に、

契約したサーバーのネームサーバーを入力します。

 

 

ムームドメイン07

 

 

ネームサーバーは、サーバー契約時に送られてきたメール内に記載されてますので、
そちらを確認してください。

 

一応以下にネームサーバを記載しておきますので、
そちらをコピペして入力してもらっても大丈夫です。

 

エックスサーバーのネームサーバー
ネームサーバー1: ns1.xserver.jp
ネームサーバー2: ns2.xserver.jp
ネームサーバー3: ns3.xserver.jp
ネームサーバー4: ns4.xserver.jp
ネームサーバー5: ns5.xserver.jp
ミックスホストのネームサーバー
ネームサーバー 1: ns1.mixhost.jp
ネームサーバー 2: ns2.mixhost.jp
ネームサーバー 3: ns3.mixhost.jp
ネームサーバー 4: ns4.mixhost.jp
ネームサーバー 5: ns5.mixhost.jp
ConoHa WINGのネームサーバー
ネームサーバー 1: ns-a1.conoha.io
ネームサーバー 2: ns-a2.conoha.io

 

ネームサーバーを入力できたら、ページ最下部の設定変更をクリックして、
設定を完了させてください。

 

ちなみにネームサーバの設定はすぐには反映されない場合があります。
早ければ数時間、遅ければ2~3日かかる場合もありますので、
少し時間を置いてください。

 

紐づいたかを確かめるには、
独自ドメインを実際に検索してみましょう。

 

以下のようなページが表示された場合は、
まだ紐づけが完了していないということです。

 

エラーページサンプル

 

上以外のページが表示されたら、お疲れ様でした。

 

これで、ブログ開設までの準備は全て完了したことになります。

 

最後に、実際にWordPress(ワードプレス)をインストールして、
ブログを開設しましょう。

 

WordPressのインストール

 

では、実際にWordPressをインストールして、
ブログを開設していきましょう。

 

ここではエックスサーバーとmixhost、
2つのサーバーのインストール方法について解説します。

 

※ConoHa WINGのインストール方法も追記。

 

エックスサーバへのWordPressインストール手順

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

 

サーバー契約時に送られてきたメール内に、
サーバーパネルへのログインURLと、
ID、パスワードが記載されてますので、
それらを使ってログインしてください。

 

なお、エックスサーバーは、
インフォパネルとサーバーパネルへのログインで、
別々のIDとパスワードが必要です。

 

ここでログインするのはサーバーパネルの方なので、
気をつけてください。

 

ログインできたら以下の、ドメイン設定をクリックします。

 

サーバーパネル01

 

そうすると以下のような画面が表示されますので、
無料独自SSLを利用する、CRS情報(SSL証明書申請情報)を入力する、
の2つにチェックを入れ、赤枠内のすべての必要事項を記入します。

 

サーバーパネル02

 

ちなみにSSL設定は、通信を暗号化して送受信できるセキュリティテクノロジーです。

 

これを利用するとサイトのセキュリティが上がり、
普通と比べて安全だと評価されます。

 

今、グーグルなどの検索エンジンは、
SSL化を評価の対象というか、必須事項だとしている傾向があります。

 

例えば、SSL化していないサイトをグーグルクロームで表示してみると、
URL表示場所に、以下のような表示がされます。

 

保護されてない通信表示

 

これが表示されたら、
そのサイトはセキュリティがしっかりしていない、
通信が暗号化されていないということです。

 

そして、こういう警告をきちんと表示させるということは、
SSL化をそれだけ重要視しているということ。

 

なので、SSL化してないだけでサイトの評価が下がるということです

 

サイトの評価が下がれば当然上位表示も難しくなりますので、
必ずSSLは利用しましょう。

 

 

では、必要事項をすべて記入し終えたら、
ページ下部のドメイン設定の追加をクリックして、
ドメインの追加を完了させてください。

 

完了したら、1度サーバーパネルトップ画面に戻って、
ホームページの自動インストールをクリックします。

 

サーバーパネル03

 

プログラムのインストールをクリックして、
WordPress日本語版のインストール設定をクリックします。

 

サーバーパネル04

 

以下の赤枠内に必要事項を記入していってください。

 

サーバーパネル05

 

インストールURLは、取得した独自ドメインを入力。
ブログ名は開設したいブログのタイトルを入れましょう。

 

ユーザー名はWordPressの管理画面に
ログインするために必要なものです。

 

自由に決められるので、お好きな名前を入力してください。

 

パスワードも管理画面にログインするために必要なものですので、
なるべく長く、複雑なものにすると安全です。

 

また、設定したユーザー名とパスワードは、
忘れないようにメモなどに残しておきましょう。

 

メールアドレスは、パスワードを忘れた時のための再設定や、
ブログからのお知らせを受け取るのに使用しますので、
なるべく頻繁に見るアドレスを登録しておきましょう。

 

ユーザー名以外は後から変更可能ですので、
まずは入力してみてください。

 

最後に自動でデータベースを作成するにチェックを入れ、
インストールを完了させましょう。

 

インストール完了後、ブログのURLで検索して、
サイトが表示されることを確認できたら、
エックスサーバを利用したブログ開設は完了です!

 

 

mixhostへのWordPressインストール手順

 

まず、mixhostのコントロールパネルへログインします。

 

サーバー契約時に送られてきたメールに、
ユーザー名とパスワードが記載されてますので、
それらを利用してログインしてください。

 

コントロールパネル

 

ログインできたら、上のアドオン ドメインをクリック。

 

コントロールパネル02

 

新しいドメイン名に取得した独自ドメインを入力して、
ドキュメントルートの白枠内をクリックすると、
後の空欄は勝手に埋まります。

 

変更などせずに、そのままドメインの追加をクリックしてください。

 

ドメインの追加が完了しましたの画面が表示されたら、
コントロールパネルトップに戻り、画面の一番下までスクロールさせ、
WordPressをクリックします。

 

コントロールパネル03

 

Install Now をクリックします。

 

コントロールパネル04

 

そうすると以下のようなページが表示されるのですが、
mixhostはエックスサーバと比べて、ここからが少し複雑なので、
1つずつ解説していきます。

 

コントロールパネル05

 

まず、①でhttp://を選択します。
次に②で、先程追加したドメインを選択します。
そうしたら、③のwpを削除して、空欄にしてください。

 

③を空欄にしないと、ブログ開設後のURLに、
余分な文字列が追加されますので、必ず空欄にしておきましょう

 

上3つを設定したら、サイト設定を記入していきましょう。

 

どちらもブログ開設後に変更させることができますので、
とりあえず最低限入力しておくぐらいで大丈夫です。

 

ここまで設定できたら後はエックスサーバーとほぼ変わりません。

 

コントロールパネル06

 

Admin Username に、
WordPressの管理画面にログインするためのユーザー名を入力します。

 

Admin Passwordに、同じくログイン用のパスワードを入力します。

 

管理者Eメールには、パスワードの再設定やお知らせの受信に使用するための、
メールアドレスを入力し、言語はJapaneseに設定します。

 

後はそのままいじらずに、ページ最下部のインストールをクリックします。

 

無事インストールが完了したら、ブログのURLで検索して、
ブログが表示されることを確認してください。

 

きちんと表示されたらブログ開設は完了です。

 

ちなみにmixhostはSSLの設定をしなくても、自動で無料SSL化してくれます。

 

一応確認として、開設したブログのURL先頭の http:// を、
https://  に変更して、URLで検索してブログが表示されることを確認してください。

 

表示されなくても72時間以内には表示されるはずですので、
その場合はしばらく時間を置きましょう

 

72時間以上たっても表示されない場合はmixhostに問い合わせてください。

 

では、表示が確認できたらmixhostでのブログ開設は完了です!

 

ConoHa WINGへのWordPress(ワードプレス)インストール手順

 

まず、Conoha WINGのコントロールパネルへログインします。

 

コントロールパネルへのログインIDやパスワードは、
契約時に届いたメールを確認してください。

 

ログインすると以下のような画面が表示されると思いますので、
赤枠内のサーバー管理、ドメイン、+ドメインの順番にクリック。

 

ConoHa WING11

 

以下のような画面が表示されたら、
赤枠内の入力欄に取得したドメインを入力し保存してください。

 

ConoHa WING12

 

保存できたら、次はサイト管理をクリック。

 

ConoHa WING05

 

以下のような画面が表示されたら、まず赤枠①のドメインが、
開設したいブログのドメインかチェックしましょう。

 

ConoHa WING06

 

違う場合は赤枠②の切り替えでドメインを変更。
合っているなら赤枠③の+アプリケーションをクリックしましょう。

 

そしたら以下のようの画面が表示されると思います。

 

ConoHa WING07

 

ここからがちょっと複雑なのですが、
まずアプリケーションでWordPress、
WordPressかんたん移行は利用しないを選択します。

 

その下のURLではwwwをつけるかどうかを選択できますが、
あってもなくてもかわりはないので、特別な理由がなければなしを選択。

 

その下のドメインの横の空き枠は何も記入せずに、
サイト名から順番に記入していきます。

 

メールアドレスは自分のブログからの通知などを受け取るので、
よく見るものや専用のものを記入。

 

ユーザー名とパスワードは後ほど、
WordPressブログの管理画面にログインする時に使います。

 

メールアドレスとパスワードは後で変更できますが、
ユーザー名は変更できないので気をつけてください。

 

データベースのところのデータベース名と、
その下のユーザー名は適当に入力して構いませんが、
その下のパスワードを含めメモなどに残しておきましょう。

 

FTPソフトと呼ばれるものを利用する場合などに必要になりますが、
ブログ開設、運営するうえでは特に使用しないので大丈夫です。

 

全て記入し終えたら保存をクリックして、
以下のような画面になることを確認してください。

 

ConoHa WING08

 

赤枠内が構築中から画像のように稼働中になったら、
ブログ開設は完了です。

 

では、最後に無料SSLの設定をしていきましょう。

 

コントロールパネルにあるサイト管理の、
サイトセキュリティをクリック。

 

ConoHa WING09

 

無料独自SSLのONをクリックし、
利用中になることを確認してください。

 

ConoHa WING10

 

ここまで確認できたら、ConoHa WINGでのWordPressブログ開設は完了です!

 

 

ブログ開設後、最低限しておきたい初期設定

 

ここまで本当にお疲れ様でした。

 

問題なく作業が進んでいれば、
今、開設したブログが手元にあると思います。

 

では最後に、ブログを開設したら最低限やっておきたい設定について、
解説していきます。

  1. ブログURLの変更
  2. ニックネームの設定
  3. サイト名とキャッチフレーズの設定

 

この3つです。

 

ブログURLの変更

 

まずは、ブログのURLを変更します。

 

WordPress(ワードプレス)インストール時、
SSL化の設定を行ったと思いますが、
それをURLに反映させる必要があるのです。

 

ではまず、WordPress(ワードプレス)の管理画面にログインして、
設定、一般設定をクリックします。

 

管理画面01

 

赤枠内の http://○○.○○ がブログと、
ブログの管理画面のURLになりますが、
開設直後だと2か所ともhttp://のままだと思います。

 

このhttp://を、https://に変更して、
ページ下部の変更を保存をクリックします。

 

これで、URLの変更が完了し、
無事SSL化が完了したことになります。

 

きちんとSSL化ができていると、
以下のように保護された通信という表示がされますので、
確認してみてください。

 

SSL化確認画像

 

ニックネームの設定

 

次にニックネームの設定をしていきます。

 

ブログ開設直後は、ブログに表示される名前がユーザー名になっているのですが、
ユーザー名はWordPress(ワードプレス)の管理画面にログインするための情報の1つです。

 

これをそのままにしておくと、ログイン情報の1つを開示しているようなもので、
パスワードが知られたら、簡単にあなたのブログに、勝手にログインされてしまいます

 

それだとセキュリティに問題がありますので、
きちんとニックネームを設定して、ユーザー名を隠す必要があるのです。

 

 

ではまず、ユーザーのあなたのプロフィールをクリックしてください。

 

ユーザー画面

 

上のようなページが表示されたら、
ニックネームに好きな名前を入力しましょう。

 

この名前がブログ管理者の名前として表示されることになるので、
ペンネームなどきちんと考えておきましょう。

 

もちろん、本名で運営するのもOKです。

 

ニックネームを入力したら、ブログ上の表示名から、
入力したニックネームを選択して、変更を保存をクリックしてください。

 

これで、ニックネームの設定は完了です。

 

ちなみに、このページでメールアドレスや、
パスワードを変更することもできます。

 

パスワードは定期的に変更して、
あなたのブログを守りましょう。

 

サイト名とキャッチフレーズの設定

 

最後にサイト名とサイト概要を変更します。

 

まず、設定の一般をクリックして、
以下の画面を表示してください。

 

設定画面

 

この画面のサイトのタイトルとキャッチフレーズを入力していきますが、
この部分はブログで重要な項目の1つです。

 

きちんとアクセスの集まるブログを作りたいなら、
しっかり考えなければなりません。

 

では、この2つがどこに影響するかというと、
以下の場所です。

 

ヤフーの検索結果

 

これは、ヤフーポータルサイトの検索結果です。

 

WordPress(ワードプレス)で2か所を設定すると、
タイトルが設定したブログタイトル。

 

その下のサイトの説明が、
設定したキャッチフレーズとして表示されるようになります。

 

そして、なぜここが重要かと言いますと、
サイトを閲覧してもらえるかどうかに直接影響するからです。

 

 

例えばですが、開設したブログがダイエットに関するもので、
見てもらいたい人がダイエットに困っている人だとします。

 

そんな人があなたのサイトの検索結果を見た時、
もしタイトルもキャッチフレーズもダイエットに関係ないことが
書かれていたらどうでしょう?

 

当然、自分の知りたいこととは関係ないと思われ、
サイトを開いてくれることはありません。

 

つまり、いかにして見てもらいたい人に、
見てもらえるようなタイトルとキャッチフレーズを、
考えることができるかが大事ということです。

 

以上を意識して、適切なタイトルとキャッチフレーズをつけましょう。

 

ブログを作りこんでいこう

 

これで、ブログ開設と最低限しておきたい初期設定は完了です。

 

ここから先はあなたのしたいように、ブログを作りこんでいってください。

 

とは言っても、はじめてだと何をすればいいのかわからないと思いますが、
まずは外観を整えたりするカスタマイズから始めることになると思います。

 

しかし、カスタマイズにはHTMLやCSSなどの知識が必要です。

 

ですが、そんな専門知識がなくても簡単にブログをカスタマイズできる、
テーマというものもあります。

 

このテーマについてはおすすめなども別記事で解説してますので、
よければ合わせて読んでみてください。

 

テーマについての記事
↓↓↓

 

またブログを運営する、記事を書き投稿していくうえで、
最低限必要な機能を追加する必要もあります。

 

これについてはプラグインという、
WordPressブログに機能を追加するものを、
インストールする必要があるのです。

 

最低限インストールしておきたいプラグインや使い方についても、
別記事で解説しているので読んでみてください。

 

 

 

他にもやれることが多いので最初は戸惑うかもしれませんが、
慣れてくると、いろいろできるようになってくるでしょう。

 

あなたの目指す、あなただけのブログを作成して、
ぜひ、ネット上に大きな価値を生み出してもらえればと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事