キーワードと共起語が連結しているイメージ

どうも、コピーライターの水川です。

 

この記事では共起語とは何なのか。
SEOにおいてどのような役割を果たすものなのかについて、
詳しく解説していきたいと思います。

 

 

SEO、検索エンジンで上位表示させるための勉強をしていると、
1度は共起語について聞いたことがあるでしょう。

 

ですが、その意味についてはいまいちわかりづらいのではないでしょうか?

 

正直、僕がはじめて共起語について知ったときは、
関連キーワードと区別がほとんどつきませんでした。

 

ですが、理解を深めていくとSEOにおいて、
かなり重要な意味を持つことに気づいたのです。

 

なので、今回は共起語とは何なのか、
SEOにおいてどのような意味を持つのかについて、
詳しく解説していきたいと思います。

 

共起語とは

 

ではまず、共起語とはどんなものなのか。

 

検索エンジンがあるキーワードの内容を認識する際に利用する、
関連したキーワード、言語のことです

 

と言われてもわかりづらいと思いますが、
これを理解するためには検索エンジンがサイトなどを把握する際、
クローラーというロボットを利用していることを知っておく必要があります。

 

もし、クローラーって何?となったら、
SEOの基本的な知識が足りない可能性が高いので、
その場合はまず以下の記事を読んでみてください。

 

SEO基礎の記事
↓↓↓

 

で、クローラーはようはロボット、AIで、
現時点ではまだ人間ほど文章を正確に把握できません。

 

文章全体を読んでその流れなどから、
文章内容や細かい意図などを完全に理解できないのですね。

 

ではどうやって記事やサイトを把握しているのかというと、
基本的にはキーワードです。

 

ブログ名や記事タイトル、見出し(hタグ)、文章など。

 

サイトやページ構成の核となる部分に含まれる、
重要だと思われるキーワードを1つの基準としています。

 

ですが、当然ですけど1つのキーワードだけで、
全てを把握することはできません。

 

例えば"ワンピース"というキーワード。

 

このキーワードを見て、
マンガのワンピースを思い浮かべる人もいれば、
洋服のワンピースを思い浮かべる人もいるでしょう。

 

このキーワードだけではそれが何を表しているのか、
詳しく把握することはできません。

 

ですが、ワンピースと一緒にマンガというキーワードがあれば、
マンガのワンピースになります。

 

主人公がルフィというキーワードが一緒にあれば、
主人公がルフィのマンガのワンピースになる。

 

そして、尾田栄一郎という作者名があれば、
尾田栄一郎さんが作者の主人公がルフィのマンガのワンピースになります。

 

ここまでくれば誰でもあのワンピースだなとわかりますよね。

 

検索エンジンもそれは同じで、
このようにあるキーワードを認識する際に必要な、
関連するキーワードを共起語と呼ぶのです。

 

ワンピース(メインキーワード)=マンガ+ルフィ+尾田栄一郎(共起語)

 

こんな感じですね。

 

ちなみに洋服のワンピースなら、

 

ワンピース(メインキーワード)=洋服+女もの+様々な色柄(共起語)

 

という感じになるでしょう。

 

SEOにおける共起語の意味と重要性

 

では、この共起語がSEOにどのような影響を及ぼすのか?

 

まず、共起語が適度に含まれてないと、
そもそも内容を検索エンジンに理解してもらえない、
という事態が起こりえます

 

先程も少しお話ししましたが現在の検索エンジンは、
まだ文章そのものの流れなどで完全に内容を把握できていません。

 

また、画像を画像として見ることもできないのです。

 

例えば花の写真を画像としてブログなどに載せても、
それを花として認識できないのですね。

 

なので、例えば画像がメインのサイトだったりすると、
キーワードや共起語が少なく、どんなサイトか理解されにくいのです。

 

そのため、メインとなるキーワードや共起語を適度に含めたり、
タグを利用して画像名を設定、キーワードを含めるなどして、
検索エンジンにどのような内容なのかを理解してもらう必要があります。

 

ですが、キーワードや共起語などを、
ただ多く含めればいいわけではありません。

 

検索エンジンも日々進化しているので、
例えば不自然に共起語などを含めすぎると、
逆に低評価を受けてしまうことになります

 

なので、あくまでも文章内容にそって、
必要なところで適度に入れていくというのが大事。

 

そして、それをふまえたうえで、
上位表示させたいキーワードに対する共起語とその情報を、
サイトやページ内により多く含めることができると、
上位表示に有利になるのです。

 

どういうことかというと、上位表示の条件として、
そのキーワードで検索してきた人に対して、
知りたい情報を網羅的に提供するというのがあります。

 

なので例えばマンガのワンピースのキーワードで上位表示させたいなら、
ワンピースで検索してきた人に対して網羅的に、
情報を提供できる必要があるのです。

 

そして、網羅的に情報を含める際に重要なのが共起語。

 

先ほどお話したように共起語とは、
検索エンジンがあるキーワードを認識するのに必要な、
関連するキーワードのことです。

 

その関連するキーワード、
ワンピースなら作者についてやキャラについて。

 

他にも技名などワンピースというマンガを構成する共起語に対して、
情報量を揃えればワンピースに対して網羅的な情報があると判断される。

 

網羅的な情報があるということはワンピースで検索してきた人に対して、
十分な情報を提供できると判断される。

 

結果として上位表示されやすくなるということです。

 

共起語を見つける方法

 

ここまで共起語という考え方や、
SEOにおける意味などについて解説してきました。

 

最後に共起語の見つけ方について、
少しお話ししておこうと思います。

 

とは言ったものの、やり方は1つだけ。

 

リサーチです。

 

キーワードで現時点で上位表示されているものを、
とりあえず10位ぐらいまでリサーチします。

 

特に見出し(hタグ)など重要な部分はよく見ておきましょう。

 

その中で頻繁に出てくるキーワードで、
かつメインキーワードと関連があるなら、
共起語である可能性が高いです。

 

また、一応共起語探し用のツールなどもあるので、
『共起語+ツール』などのキーワードで検索して、
色々探して見るのも良いですね。

 

 

以上が共起語についてです。

 

共起語はあくまでも検索エンジンに対するもの

 

今回、共起語について色々お話ししてきましたが、
1つだけ覚えておいてほしいのが、
共起語はあくまでも検索エンジンに対するものということです

 

検索エンジンに求められやすいようにというのが共起語なんですが、
これは検索エンジン利用者に求められることとイコールではありません。

 

なので、まずは検索エンジン利用者を第1に考えて、
求められている情報を提供する。

 

そのうえで、共起語などを含め、
検索エンジンにも求められやすくするという考え方が大事です。

 

この考え方がないと、
仮に共起語などのテクニックで上位表示できたとしても、
検索エンジン利用者に見られることがなければ評価は下がっていく。

 

そして、結局は低評価を受けて順位を落とすことになるでしょう。

 

SEOにおいて最も重要なのは、
検索エンジン利用者に有益であること。

 

テクニックはその補助にすぎないこと。

 

これだけは覚えておいてほしいと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事