どうも、コピーライターの水川です。

 

今回はGoogleアドセンス(以下、アドセンスと記載)の審査を、
突破する方法についてお話しします。

 

 

クリック報酬型広告の中でも審査が厳しいと言われるアドセンス。
ブログを作り、何回受けても審査を突破できないという人も多いです。

 

また、審査を突破するにあたり、様々な人が様々なことを言っているので、
何を基準にすればいいのかわかりにくいということもあると思います。

 

  • 記事数は30~50は必要
  • PVは多いほうがいい
  • アフィリエイトリンクなどの広告は貼らない

 

などなど、他にも多くの基準が、ちょっと調べれば出てきます。

 

ですが、これらの基準は間違いとは言いませんが、
正しくもありません。

 

実際、僕自身がアドセンスの審査を突破した時のブログは、
記事数は12、1日のPVは平均4程度、
アフィリエイトリンクも普通に貼っていました。

 

一般的に言われる、アドセンス審査突破基準からかけ離れたブログで、
普通に1発合格しました。

 

しかも、審査申請の翌日にです。

 

では、なぜこんなことが可能だったかと言えば、アドセンスの仕組みを理解して、
たった1つのポイントを意識してブログを作成していたからだと考えています。

 

アドセンスのポリシーや禁則事項に最低限気をつけていれば、
後はたった1つのポイントを意識してブログを作るだけで、
アドセンス審査は普通に突破できるでしょう。

 

 

なので今回は、アドセンス審査突破のために意識しておきたいポイントと、
具体的なブログの作り方についてお話ししていきます。

 

Googleアドセンスとは

 

アドセンス審査突破方法について話す前に、
まずはアドセンスとはそもそも何なのかについて、
少しお話ししていこうと思います。

 

というのも、アドセンスとはクリックされるだけで報酬が発生する便利なもの。

 

このように考える人が多く、実際仕組みだけ見ればその通りではあるのですが、
この見方、考え方がアドセンス審査を突破できない原因だと考えてます。

 

なので、知っていることもあるかもしれませんが、
1度読んでみてください。

 

 

では、アドセンスとは何なのかですが、
Googleが提供する広告出稿サービス、
Googleアドワーズと連動した広告表示ツールです

 

※2018年7月24日より、『Google AdWords(グーグルアドワーズ)』は、
 『Google広告』に名称が変更されました。

 

Googleアドワーズとは、PPC(ペイ・パー・クリック)広告と呼ばれる、
広告出稿サービスです。

 

ちなみにPPCとは、1クリックされる度に広告費がかかる、
クリック課金型広告のことです。

 

つまりアドワーズで出稿されたクリック課金型広告を、
設置されたアドセンスに表示させるのが、
アドセンスという広告の機能になります。

 

そして、表示されたアドセンス広告をクリックすれば、
広告出稿者が用意したページに飛ぶようにできているのです。

 

つまりアドセンスとは、広告に人を集めるためのもの。
広告へのアクセス集め代行のためのツールと言えます。

 

設置したアドセンス広告がクリックされる、
用意された広告に1アクセスを送るたびに報酬が発生するというのが、
アドセンスという広告の仕組みなわけです。

 

アドセンス審査突破のために意識しておきたいたった1つのポイント

 

アドセンスの仕組みをざっと解説したところで、
審査突破のために意識しておきたいポイントについてお話ししていきます。

 

そのポイントとは、Google、アドワーズ利用者に利益、価値をもたらすことです

 

 

先程、アドセンスに表示されるのは、
アドワーズで
出稿された広告であるとお話ししました。

 

それはつまり、アドセンス広告がクリックされる度に報酬が発生し、
同時にクリックされたアドワーズの広告出稿者に対して、
課金が発生することを意味しています。

 

10回アドセンス広告がクリックされれば、
10回分のクリック料金を、クリックされた広告の出稿者は、
払わなければいけないということです。

 

そして、お金を払ってまで広告出稿するのですから、
当然ですが求める結果があります。

 

 

例えばダイエットサービスの広告を出稿している人は、
そのサービスを受けてほしいと考えているはずです。

 

ですが、もし広告がクリックされるだけで、
誰もサービスを受けてくれなかったらどうでしょう?

 

クリックされた分の広告費がかさむだけで、
売上、利益はまったく上がらないということになります。

 

そうなれば当然ですが、
アドワーズという広告出稿サービスを利用する価値がなくなるので、
アドワーズ利用者が減ります。

 

アドワーズ利用者が減れば、Googleの広告収入が減ります。

 

つまり、ただクリックされる"だけ"の広告では、
Googleにもアドワーズ利用者にも、まったく益がないということです

 

なのでアドセンス利用者には、
クリックの先の結果を出すためのブログ作成が求められ、
そのようなブログかどうかを判断するのがアドセンスの審査なのです

 

 

少し長くなったのでまとめると、
アドセンスをクリックされた先の結果を出すためのブログを作ることで、
Google、アドワーズ利用者に対して利益、価値をもたらすことができる。

 

アドセンスの審査とは両者に利益、価値をもたらすブログかどうかを、
判断するためのものである。

 

つまり、両者に利益、価値あるブログ作成を意識すれば、
アドセンス審査突破は簡単にできるということです。

 

Googleアドセンス審査突破のための具体的なブログ作成方法

 

ここまで、アドセンスとは何か、アドセンスの審査とは何か、
審査を突破するためのポイントについてお話ししてきました。

 

では、いよいよ具体的なブログ作成方法についてお話ししていきます。

 

手順については以下のとおりです。

 

  1. 最低限の禁則事項等を把握する
  2. ブログのコンセプトを決める
  3. ワードプレスでブログを開設する
  4. 記事を書いていく

 

最低限の禁則事項を把握する

 

まず、ブログを開設する上で、
やってはいけない禁則事項を把握する必要があります。

 

これについては、アドセンスプログラムポリシーというものがありますので、
まずはそれを読んでみてほしいのですが、非常に分かりづらいのが特徴です。

 

なので、ここでは絶対に気をつけておきたい要点のみまとめておきます。

 

1から詳しく知りたいという場合は、
アドセンスプログラムポリシーが記載されたページを読んでみてください。

 

※AdSense プログラム ポリシー - AdSense ヘルプ

 

 

ではまず、禁止コンテンツについて。

 

アドセンスを利用する場合、
ブログ内に含めてはいけないコンテンツ内容のことです。

 

具体的な内容は以下の通りになります。

 

アダルト コンテンツ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

 

以上のジャンルや内容を含む場合、
基本的にアドセンス審査を突破するのは無理です。

 

ただ、内容やコンテンツの作り方などによっては、
大丈夫な場合もあるのですが、規約変更でいきなりダメになる場合もあります。

 

どれだけ自分が大丈夫だと思っていても、
Google側がダメと言えばダメなのです。

 

なので万全を期すなら、
これらの禁止コンテンツは含めないようにしましょう。

 

言い回しや表現などにも十分気をつけてください。

 

 

もう1つ、画像がダメならコンテンツが良くても、
審査落ちする場合があることを覚えておきましょう

 

例えば海で遊ぶことについての記事で、
アイキャッチ画像などで水着の女性などを使う場合、
アダルトコンテンツだとみなされる場合があります。

 

そうなれば審査落ちか、仮に審査に通っても、
その後アドセンスアカウント停止などの処置を取られることがあるので、
画像にも十分に気をつけてください。

 

他にもタバコを吸っている人の画像、
お酒を飲んでいる人の画像なども、
アウトになる可能性があります。

 

なので、とにかく疑わしきには近寄らないようにしましょう。

 

言い回しなども微妙な表現でアウトにされる場合が多々あるので、
禁止コンテンツを連想させるようなものは、
徹底的に避けるのが一番です。

 

 

次に、アドセンス以外のクリック報酬型広告と、
一緒に使用しないように注意してください。

 

また、クリック報酬型以外の、
普通のアフィリエイト広告については、
貼り過ぎなければ問題はありません。

 

例えば、記事の流れで自然に、
読者に価値ある商品などを紹介するといった感じなら、
大丈夫でしょう。

 

ですが、ブログ内のいたるところに広告を貼り過ぎたり、
見るからにブログ内容と関係ない広告などを貼るのはダメです。

 

あくまでも、読者に価値を与える広告配置が前提です

 

確実に審査を通したいなら貼らないのが一番ですが、
貼る場合は以上を気をつけるようにしましょう。

 

 

まとめると、クリック報酬型の他の広告は使用しない。
アフィリエイトリンクは読者に価値を与える範囲で。

 

これらのことは注意しておきましょう。

 

 

 

ブログのコンセプトを決める

 

では次に、禁止コンテンツに十分気をつけて、
ブログのコンセプト、方向性を決めていきますが、
これがアドセンス審査突破に最も重要になります

 

先程もお話ししたように、
アドセンスの審査とはGoogle、アドワーズ利用者に、
利益、価値をもたらすブログかどうかを見るものです。

 

そして、ブログのコンセプト、方向性が、
価値を与えられるかどうかを決定すると言っても過言ではありません。

 

なので、ここは妥協せずにしっかりと決めてください。

 

 

では、どのようなコンセプトにすればいいのかですが、
基本的には雑記型ブログより特化型ブログのほうが良いです

 

雑記型ブログとは、様々なジャンルを含めたブログのことで、
ごちゃまぜブログと呼ばれたりします。

 

逆に特化型ブログは、1つのジャンルに特化したブログです。

 

そして、特化型ブログのほうが雑記型ブログより、
広告の成約率が高まる傾向にあります。

 

※成約率とは広告先での目的をどれだけの確率で達成できるかを、
 表した数字です。例えば購入される、資料請求されるなど。

 

 

例えばダイエット商品の購入を目的とした広告が表示される場合。

 

ジャンルが定まってない雑記型よりも、
ダイエットに特化したブログの方が、
ダイエットに興味がある人が集まります。

 

ダイエットに興味がある人が集まれば、
当然、ダイエットに関する商品は購入されやすくなるので、
広告出稿者に価値を与えられるということです。

 

なので、特化型のブログの方が、審査には通りやすい傾向にあるのですが、
例外もあります。

 

ジャンルではなく、主張でコンセプトを定める場合です

 

 

例えば、モテる人になるための情報発信ブログのような、
モテるにはどのような人になればいいという主張でブログを開設する場合。

 

異性にモテるための会話術や恋愛テクニックのような、
恋愛ジャンルの内容を含めるのはもちろん、
痩せたほうがモテるというダイエットジャンルが含まれていても、
違和感はありません。

 

このように、主張でブログ全体を一貫させれば、
複数のジャンルが含まれていても違和感なく特化したブログを作れるのです。

 

 

ようは、ジャンルにしろ主張にしろ、
ブログ全体に一貫性があれば良いのです

 

ブログ全体の情報発信で、1本信念を通して、
ブレない情報発信を心がけてください。

 

それだけで、アドセンス審査に通りやすいブログを作れます。

 

ワードプレスでブログを開設する

 

ブログコンセプトを決めたら、
実際にブログを開設していきます。

 

この時、ブログはワードプレスというものを利用した、
有料ブログを開設してください。

 

 

というのも、一昔前は無料ブログでもアドセンス審査を突破できました。

 

ですが現在、アドセンス審査は独自ドメインと呼ばれるものを利用しないと、
審査を突破できないといいますか、そもそも審査申請すらできません。

 

なので、独自ドメインは最低限取得する必要があります。

 

まあ、ワードプレス以外でも独自ドメインブログを開設する方法はあるのですが、
アドセンスで本格的に稼ぐ場合、ワードプレスでのブログ開設は必須なので、
慣れる意味でもここではワードプレスでのブログ開設をオススメします。

 

ワードプレスでのブログ開設方法がわからないという場合は、
別記事で詳しく書いていますので、そちらを参考に開設してみてください。

 

 

記事を書いていく

 

ブログ開設まで終わったら、最後に記事を書いていきます。

 

 

記事については、いくつか気をつけることがあるのですが、
まず記事数については最低10は投稿しておきましょう。

 

一応、7記事で審査突破の事例もあるにはありますし、
ブログコンセプトなどをきちんと気をつけていれば、
少ない記事数でも審査突破は十分可能です。

 

ですが、もしこれまでブログ記事など文章を書いたことがなければ、
いきなり質の高い文章を書くのは難しいでしょう。

 

なので、はじめはある程度数を揃えることで、
質をカバーする必要があると思います。

 

もちろん、文章力に自信があるなら数記事書いて申請しても、
審査に通る可能性は十分にあるでしょう。

 

自分の現在の力量を踏まえた上で、
適切な記事数で審査を申請してください。

 

また、PV、ブログへのアクセス数などについては、
審査には影響がありません

 

何度もお話ししたように、アドセンスの審査は、
Googleとアドワーズ利用者に利益、価値をもたらすかを見るものですが、
これは現在だけでなく、将来性も見ていると考えています。

 

これから先ブログを運営していくことで、
将来価値を与えるものになるかどうか。

 

そこを判断基準の1つにしていると考えられるので、
審査申請時点でのアクセス数などは気にしないでください。

 

一貫したブログコンセプトと、
きちんとした記事を書いていれば大丈夫です。

 

 

では、最後にどのような記事を書いていくかについてですが、
まずはブログコンセプトにそった内容の記事を書くこと。

 

もう1つは、ブログ読者に価値ある内容を書くことです

 

 

Googleは評価基準に関しては秘密主義的なこともあり、
基本的にどのようにすれば評価されるよといった、
絶対的な基準を公表することはありません。

 

アドセンスの審査もそうですし、
SEO、Googleの検索エンジンで上位表示させることなどもそうです。

 

なので、経験や公式に発表されたことなどを参考に、
色々と仮設を立て、実践し、また仮設を立てといったことを、
根気よく繰り返す必要があります。

 

ですが、Googleが一貫している理念、信念みたいなものはあって、
それが、『Google利用者に価値あるものを評価する』というものです。

 

Google利用者というのは、今回お話ししたアドワーズ利用者に、
検索エンジン利用者なども当然含まれます。

 

検索エンジン利用者というのは、つまりは情報検索者であり、
そんな人達が最終的にたどり着くのが情報をまとめたサイトやブログ、
それにつらなるコンテンツの数々です。

 

つまり、何らかの情報を求めてきた人に対して、
価値ある情報を与えることができるコンテンツ。

 

そんなコンテンツを多く含んだブログを作ることで、
Googleから評価されるようになります。

 

それは、アドセンス審査にも確実に影響を与えますので、
ブログ読者に価値ある記事を書くという意識は、
常に持っておくようにしましょう。

 

具体的な書き方については別記事で詳しく解説してますので、
そちらを参考にしてみてください。

 

 

 

ブログ記事を作成し、投稿できたら、
一通りの作業は完了です。

 

後はアドセンスの審査申請をして、
結果を待ちましょう!

 

価値を与えることが、審査突破の1番の近道

 

最初にもお話ししましたが、
アドセンスをクリックされるだけで報酬が発生する便利なもの。

 

このように考える人が多いです。

 

ですが、報酬が発生する、お金をもらう以上、
それはビジネスであり、ビジネスであるなら、
価値とお金の交換である必要があります。

 

例え数百円の報酬しか入らなかったとしても、
それと同等かそれ以上の価値を相手に提供しなければならないのです。

 

自分の利益だけをひたすら追求し、それだけに固執すれば、
結局は自分も相手も、何も得ることはないでしょう。

 

アドセンスであれば、アカウント停止の措置をとられ、
そのまま関係が切れるだけです。

 

なので、相手に価値を与えることを心がけてください。

 

それが、アドセンス審査の突破の近道であると同時に、
審査突破後、本格的に活動し、稼いでいくための一番の近道でもあります。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事