どうも、コピーライターの水川です。

 

今回はココナラで稼ぐためのコツについて、
1から徹底解説します。

 

僕自身が1ヶ月ほど本格的に活動し4万ほど稼ぎ、
後はほぼ放置で累計9万6940円ほど稼いだ経験。

 

ココナラの売上確認画面

 

そこからあらゆるジャンルで共通する稼ぐために必要なことをまとめた記事ですので、
0から5万ぐらいなら、きちんと実践すれば2ヶ月、
出品するサービスなどによっては1ヶ月で達成できると思います。

 

 

ただ、1つだけお話ししておきたいのが、
ココナラで本気で稼ぐのはおすすめしないということです。

 

  • ネットで稼ぐコツや実感を身につける
  • ちょっとした実績作りのため
  • 何らかのジャンルでサービスを提供する経験を積みたい

 

このような理由から1時期本気で打ち込むのは良いですが、
ココナラを主な収入源とすることはやめたほうが良いです。

 

理由は後ほどお話ししますがこの理由が原因で、
僕は1ヶ月でココナラに力を入れるのをやめました。

 

ですが、先程もお話ししたように0➡1を達成するには向いているので、
詳しくお話ししていきたいと思います。

 

ココナラとは

 

ではまず、ココナラとはどんなものなのかについてお話しします。

 

『みんなの得意を売り買い スキルのフリーマーケット』

 

このキャッチコピー通り、
ちょっとしたスキルや知識を売り買いできる場所です。

 

ランサーズやクラウドワークスのような本格的なビジネス目的中心ではなく、
ちょっとした悩みや問題を解決したいといった層と、
ちょっとしたスキルや知識でお小遣い稼ぎをしたいという層が主に集まっています。

 

なので、これからネットで稼ぎたいという人や、
何らかのジャンルで経験を積みたいという人にはオススメなのです。

 

逆に、本格的にビジネスの経験を積みたい人や、
本格的なビジネスを運営している人を相手にしたい場合は、
ココナラはオススメできません。

 

ちなみに最初に1ヶ月ほどでココナラから手を引いたとお話ししましたが、
その理由の1つがこの利用者層と、当時の僕が提供できたサービスの差です。

 

その当時の僕のサービスは結構本格的にビジネスをやってる人向けで、
ココナラ利用者層とはほとんど合わなかったんですね。

 

 

では、具体的にココナラではどのようなジャンルのサービスを出品できるかですが、
22のメインジャンルとそれぞれに設定されたサブジャンルに分かれます。

 

占い
悩み相談・カウンセリング
似顔絵・イラスト・漫画
デザイン
Webサイト制作・Webデザイン
集客・Webマーケティング
ライティング・ネーミング
音楽・ナレーション
動画・写真・画像
翻訳・語学
IT・プログラミング
ビジネスサポート・代行
ビジネス相談・アドバイス
マネー・副業・アフィリエイト
恋愛・結婚
美容・ファッション・健康
ライフスタイル
キャリア・就職・資格・学習
趣味・娯楽
旅行・お出かけ
士業(弁護士・税理士・行政書士etc.)
その他

ココナラより引用

 

これがメインジャンルで、それぞれにサブジャンルがあるので、
何かしら自分と合ったジャンルがみつかると思います。

 

ただ、ココナラトップページでまとめられている人気ランキングは、

  • デザイン
  • 占い
  • 似顔絵・イラスト・漫画
  • Webサイト制作・Webデザイン
  • 音楽・ナレーション
  • ライティング・ネーミング
  • 動画・写真・画像
  • IT・プログラミング
  • ビジネスサポート・代行
  • ビジネス相談・アドバイス
  • 翻訳・語学
  • 美容・ファッション・健康
  • 旅行・お出かけ

この13ジャンルです(2018年10月8日時点)。

 

これは目立たせたいジャンル。

 

つまりココナラ内でよく売れるジャンル、
活発に人が活動しているジャンルということです。

 

これ以外のジャンルはココナラ内では、
あまり需要がないということになります。

 

なので、稼ぐ目的であるならランキングがまとめられた、
13ジャンルのどれかでサービス出品が1番良いでしょう

 

また自分の知識やスキル、何の目的でココナラを利用するのかを明確にして、
現時点である程度どのジャンルでサービスを出品するか決めておくと良いです

 

 

では次に、ココナラで稼ぐうえで外せないのが、
出品者ランクという制度です。

 

ココナラ出品者は販売数や売上、評価などで、
5段階のランクに振り分けられます。

 

ランクの種類と条件は以下のとおりです。

 

ランク条件
レギュラー有料サービス累計1件以上販売
ブロンズ有料サービス累計10件以上販売
シルバー
  • 3ヶ月の有料サービス累計10件以上販売
  • 3ヶ月の納品完了率80%以上
ゴールド
  • 3ヶ月の販売額5万円以上
  • 3ヶ月の納品完了率90%以上
  • 累計の平均評価4.8以上
プラチナ
  • 3ヶ月の販売額10万円以上
  • 3ヶ月の納品完了率90%以上
  • 累計の平均評価4.8以上
  • 本人確認済み

 

ランクの中ではレギュラーが1番低くプラチナが高いです。

 

当然、高いほうが信頼性なども上がりますので、
稼ぐうえではより高いものを目指す必要があります。

 

では、1つずつ具体的に解説していきますが、
まずレギュラーからブロンズについては、
そのまま販売数が適用されます。

 

1~10件販売すればとりあえずなれるのです。

 

ですがシルバー以上は3ヶ月という期間設定と、
販売額、納品完了率、平均評価という新たな基準が出てきて、
ランクダウンすることもあります。

 

まずシルバーは3ヶ月で10件以上販売しないと、
ランクダウンです。

 

それに加えて納品完了率という新たな要素が絡んできます。

 

 

納品完了率とは販売したサービスを、
きちんと納品できたかどうかということ。

 

これについては、ココナラのキャンセルという機能が関係しています。

 

出品者はサービスが購入された後、
何らかの理由でサービスを提供できない。

 

購入者側が途中でサービスを不要と言ってきた。

 

あるいはサービス説明で返品などを約束していて、
購入者からその要請があった場合、
キャンセルという機能を使って依頼を途中で中断できます。

 

このキャンセル利用率を3ヶ月間、20%以下に抑えることで、
シルバーにランクアップすることができる。

 

できなければ、ブロンズにランクダウンすることになります。

 

 

ゴールド以上は販売数ではなく販売額に基準が移るので注意です。

 

それに加えて平均評価というのが重要になります。

 

この平均評価とは、サービスを納品完了した際、
購入者から受ける評価のことです。

 

最低1から最高5までの基本的な評価基準で、
ゴールド以上になるには累計平均4.8以上必要です。

 

そして、ここで気をつけてほしいのは累計ということ。

 

期間限定ではなく、出品者としてココナラに出品してから、
累計の評価が適用されます

 

つまり、もし出品当初から低評価をつけられるようなことになれば、
後半どれだけ高評価をためてもランクアップが難しくなるということです。

 

なので、高評価を受け続けるというのは、
必ず意識しておきましょう。

 

もう一点、プラチナの本人確認済みというのは、
身分証明書を提出して、登録時のデータと同じかどうか、
本人であるかを確かめることですね。

 

以上が、ココナラのランク制度です。

 

 

では最後に、手数料のお話し。

 

ココナラでは出品することに対して、
月額利用料などの費用はかかりません。

 

代わりに売上が出たときシステム利用料として、
一定の手数料をココナラに支払います。

 

手数料のパーセンテージについては以下のとおりです。

 

売上手数料
1~5万円以下25%+税
5万円~10万円以下20%+税
10万円を超えた場合10%+税

 

これは、1つのサービスの売上ごとに計算されますので、
例えば1万円のサービスを11個売って総売上が11万円になっても、
手数料は1万円ごとに25%+税引かれるということです。

 

ちなみにこれは手数料としてはどうなのかと思うでしょうが、
高いほうです。

 

出品無料で売上に応じた手数料形式には、
有名なところだとランサーズとクラウドワークスがありますが、
この2つは0~10万円超えるまでは一律20%。

 

10万超えから20万円以下だと10%、
20万円超えで5%となっています。

 

高い売上の人は優遇し低い売上の人に厳しいのはどこも同じですが、
ココナラは特にそうですね。

 

まあ、ビジネスでやってる以上、
多く売上を上げる人を優遇するのは当たり前です。

 

しかしだからこそビジネス目的、本格的に稼ぎたい人は、
ココナラなどを稼ぎの中心にすると、
後々手数料が重くのしかかることになります。

 

なので、あくまでも実績作りぐらいで、
とどめておいたほうが良いのです。

 

 

とりあえず、ココナラで稼ぐうえで知っておいてほしい、
基本的なことは以上になります。

 

ココナラの利用者層

 

ここからはココナラの利用者層。

 

ココナラでサービスを購入する人は、
どのような人なのかについてお話ししていきます。

 

まず結論からお話しすると、ココナラの利用者層は、
そこそこの品質のサービスを低価格で受けたい人が大半

 

というか、経験から言えばほぼ全員そうです。

 

まあ、これについては当たり前といえば当たり前なのですが、
ココナラのキャッチコピーは最初にもお話ししたように、
みんなの得意を売り買いするフリーマーケット。

 

つまり、プロとか本格的なスキルや知識を求めているわけではなく、
あくまでも得意程度、そこそこの品質を売り買いするというコンセプトなのです。

 

なので、高品質高単価のサービスを求める人は、
ココナラでは皆無と言っても良いでしょう。

 

そこそこのサービスを低価格で受けたい。

 

あるいはちょっとした部分的なもの、
例えばサイトデザインとかでも全てをやってもらわず、
ヘッダー画像だけデザインして欲しいなど。

 

そういったそこそこのサービス、部分的な作業を、
できるだけ安く受けたいという人向けなのです。

 

なので、どれだけ質の高いサービスを提供できるとしても、
値段が高すぎると基本的には売れにくくなります。

 

高品質高単価で稼ぎたい人は、
ランサーズやクラウドワークスを利用するのが良いでしょう。

 

これは絶対に意識しておいてほしいと思います。

 

ココナラで0から5万を稼ぐための具体的な戦略と方法

 

では、本題である0から5万までを稼ぐ具体的な方法について、
詳しく解説していきます。

 

まず、ココナラでとりあえず5万まで稼ぐ基本戦略は、
低価格、高品質、多売。

 

安く、良い品質のものを、とにかく売ることです

 

これは、ココナラの出品者ランク制度に大いに関係があり、
同時に商品購入の最大の決め手は実際の購入者の高い評価であること。

 

この2つが大いに関係してきます。

 

 

まず、先程もお話ししたように出品者ランク制度が高ければ高いほど、
ココナラ内での信頼性が上がります。

 

ランクアップ条件にあるように、
きちんと納品し、購入者から高い評価を受け続けるほど、
出品者ランクが上昇していくからです。

 

つまり高いランクは、
出品者のサービスや対応に対する信頼と同じになります。

 

なので当然、高いランクになるほどサービスが購入されやすくなるのです。

 

また、あなたが何らかの商品やサービスを購入する際に、
参考にするものを思い浮かべてみてください。

 

メリットなどもそうですが、それ以上に実際の利用者の意見。
レビューなどを参考にすると思います。

 

つまり、低価格、高品質、多売戦略とは、
安く高品質なものをとにかく多く売ることで、
ランクと購入者さんからの高い評価をとにかく集め、
ココナラで稼ぐための下地を作るためのものです

 

この戦略で、とりあえずゴールドまでランクを上げましょう。
そうすればココナラで稼ぐことは難しくなくなります。

 

ただ気をつけてほしいのですが、
ゴールドにランクアップ基準は3ヶ月以内に販売額5万円以上です。

 

なので、500円のサービス1つでゴールドにランクアップしたいなら、
販売数100が必要なので、販売額と販売個数を意識して、
それだけの数を提供できるのかを考えておきましょう。

 

ココナラで高評価を受けるコツ

 

基本的な戦略を解説したところで、
ココナラでサービスに高評価を受けるコツについてお話しします。

 

先程からお話ししているようにココナラで稼ぐのに重要なのは、
購入者さんからの高い評価です。

 

なので、これからお話しすることは、
ココナラで稼ぐうえで最も重要なことだと思っておいてください。

 

では具体的な方法についてですが、
おさえるべきポイントが2つあります。

 

  1. 商品やサービスの出品方法
  2. 購入者さんへの対応

 

この2つです。

 

サービスの出品方法

 

ここで勘違いしないでほしいのは、
サービスの質ではなく、出品方法です。

 

先程お話ししましたが、ココナラではサービスの質については、
そこそこで良いという人が大半になります。

 

なので、質は最低限きちんとしたものを提供できればよいですが、
問題はサービスの出品方法です。

 

これはココナラに限らずあらゆるものに言えることですが、
サービスを購入した人がそれに不満を持つ理由は、
約束されたことと内容にマイナスの大きな差があること。

 

つまり、期待と現実による落差です。

 

そして逆にプラスの大きな差がある、
約束したもの以上のサービスを提供できれば、
大きな満足を生み出すことができるということになります。

 

なので出品する時の基本は、できることをありのままに約束する、
あるいはちょっと低めに見積もって約束することです

 

そうすれば購入され納品した時、
大きな満足を生み、高評価をつけてもらえるようになります。

 

逆になんとかして売りたいからとできない約束をする、
あるいは誤解を生むような表現などを使ったりすると、
低評価をつけられてしまうので気をつけましょう。

 

購入者さんへの対応

 

高評価をもらうために、もう1つ必要なこと。

 

そして、ある意味ではサービスの質以上に重要なことが、
購入者さんに対する対応です。

 

正直にお話ししますが、商品の質を対応の良さでカバーすることはできます。

 

 

ちなみに、これは実際に経験したことですが、
ココナラで出品した際、商品に対して厳しい意見をいただいたことがあります。

 

その商品はマニュアル系だったのですが、
わかりづらいところや内容が足りない部分があり、
それに対して意見をいただいたのです。

 

この時、僕はその意見を補足するマニュアルをすぐに作成し、提供しました。

 

そうすると、購入後に高評価をつけていただくことができたのです。

 

他にもサービス系の商品なども提供していましたが、
対応が良いと高評価をいただいたことがあります。

 

また、実際にココナラで売れている商品などを見てみてほしいのですが、
高評価がついているものは必ず対応が良いことが書かれている。

 

逆に低評価のサービスは質が低いことも指摘されていますが、
それ以上に対応の不備について指摘されていることが多いです。

 

つまり、ココナラにおいてはサービスの質以上に、
対応の良さが高評価に関わってきます。

 

これはココナラの購入者さんたちが、
そこそこの品質を求めているということで、

質についてはそこまで高い期待をしていない。

 

だからこそ、質以外のところに目がいきやすいというのが、
理由の1つだと考えています。

 

なので、とにかく対応を意識してください。

 

良い対応をすれば、良い評価を引き寄せます。

 

そして厳しい意見などをもらってもそこで諦めず、
真摯な対応を心がけてください。

 

そうすれば、後は約束したサービスを提供することで、
高評価をもらうことができるでしょう。

 

 

以上、サービスと出品方法と購入者さんへの対応、
この2つは覚えておいてください。

 

ココナラで5万円以上稼げたら

 

ここまでココナラとは何なのか、5万稼ぐまでの基本的な戦略、
高評価をもらう方法をお話ししてきました。

 

以上のことを実践していれば、
出品者ランクゴールドとサービスに対する高評価がたまった、
稼げるアカウントができているはずです。

 

そしてこれ以上を稼ぐとなると、
本格的にココナラに力を入れる必要がありますが、
それはおすすめしないと最初にお話ししました。

 

理由はいくつかあるのですが、まず出品者ランク制度。

 

本格的に稼ぐならランクをプラチナまで上げる必要があるのですが、
例え1度上げても3ヶ月以内の売上が10万以下になれば下がります。

 

つまり、少なくとも1ヶ月3~4万円稼ぎ続けなけないと、
プラチナランクは維持できないのです。

 

ですが先程お話ししたように、
ココナラでは低価格を求める層が多いですから、
ジャンルによってはそこまでサービスの価格を上げられません。

 

価格を上げられないということは数を売るしかないのですが、
例えばイラストを書くなど、購入されてから実際に作業するサービスの場合。

 

数をこなそうとするとかなり忙しくなります。

 

仮にイラストを1枚1000円で書こうと思ったら、1ヶ月に最低35枚は書かないと、
プラチナランクを維持できません。

 

ですが、それだけ書いても売上的には3万円ちょっと。

 

専業で書くにはあまりにも心もとない稼ぎであり、
副業で書くなら取れる時間とランク維持を常に考えないといけません。

 

しかもココナラは手数料が25%なので、
1000円で販売しても手元に残るのは実際は750円ほど。

 

つまり、基本的に低価格で数をこなさないといけないココナラは、
個人で本格的に力を入れるのはあまりにもリターンが少ないのです。

 

もちろん、参入するジャンルや出品するサービス形態によっては、
作業量を少なくして稼ぐ方法もあるにはあります。

 

あるいは圧倒的な質のサービスを提供できるのであれば、
例え高価格であっても売れるでしょう。

 

ですが、作業系のサービスを出品する人は、
絶対に本格的に力を入れるのはやめたほうが良いと思ってます。

 

お小遣い稼ぎや経験積みなどで利用するならともかく、
本格的に稼いでいくのはおすすめしないのです。

 

 

それでも、これらを理解したうえでそれ以上を目指したいという場合。

 

基本的にはそのジャンルの相場より安価で、
かつ質の高いサービスを提供してくことが必要です。

 

まずは、安価で販売していたサービスの段階的な値上げと、
新たに価格の高いサービスの作成を考えていく。

 

ちなみにこの時の値段の付け方ですが、
値段以上のサービスを提供してもらえた、
と思ってもらえるような値段が理想です

 

これは参入したいジャンルの、
売れているサービスについてる評価のコメントを実際に見てみてください。

 

値段の付け方のうまいサービスは、
必ず値段以上のサービスでしたというコメントが付いています。

 

そういったコメントの付いているサービスで、
どのような値段でどのようなものを提供しているかを研究し、
バランスの取れた値段設定をおこなってください。

 

また、ここからはリクエストボードと呼ばれる機能も、
フル活用していきます。

 

リクエストボードとは出品された商品を買うのではなく、
購入者が望むサービスを依頼し、それに対して出品者が、
サービスの提案をする機能です。

 

ここから受けれそうな依頼にどんどん提案してくのはもちろん、
どのようなサービスを購入者が求めているのかをリサーチし、
サービス作成に活かしていくことが大事になります。

 

 

また、本格的に稼ぐつもりなら、
参入するジャンルをきちんと選定するのも有効です。

 

例えばココナラのサイト作成のジャンルだと、
サイト作成1件で数万~10万円でも売れているサービスがあります。

 

これは、サイト作成を本格的に依頼すると、
20~30万、依頼内容によっては100万以上かかる場合もあるからです。

 

つまり本格的に依頼すると高くなるところを、
決まった形式のサイト作成や部分的な作業に限定することで、
相場よりも安い値段で提供することを可能としています。

 

このように元の相場が高いジャンルだと、
限定的なサービス提供でも高い値段で売れることもあるのです。

 

なので、様々なジャンルやサービスをリサーチして、
どのようなサービスや値段で売れているのかを研究し、
自分の持つスキルや知識を活かせるものを選定し、
はじめから稼げるジャンルで出品を始めるという考えも必要になります。

 

特に平均販売価格が高いジャンルで、
あえて利益度外視でサービスを安価で提供していれば、
ランクはすぐにプラチナまで上がります。

 

それから本格的に稼いでいくというのも有効ですね。

 

とりあえずココナラで5万円まで稼いでみよう

 

今回、ココナラで稼ぐ方法について色々お話ししてきましたが、
どんな理由であれとりあえず5万円まで稼いでみることです。

 

今回の安価、高品質、多売の戦略と、サービス出品時の注意点、
購入者さんへの対応を気をつけていれば、後はきちんと時間を取れば、
5万円までは2ヶ月以内に必ず稼げます。

 

実際に稼いでみて本格的に稼いでいくのか、
それとも実績作りや経験を積めたことでよしとするのか。

 

それからの方針を決めてみてください。

 

 

では、今回はここまでです。

 

もし役に立った、面白かったと思ってもらえたら、
よければいいねやシェアなど、よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事