【WordPress(ワードプレス)ブログを開設したら、とりあえずインストールしたいプラグイン5選と設定方法】

どうも、コピーライターの水川です。

 

この記事では、WordPress(ワードプレス)ブログを開設したら、
とりあえず入れておきたいプラグインを5つ紹介していきます。

 

 

ちなみに、今回なぜ5選と数を絞ったのかというと、
プラグインの入れ過ぎは様々な問題を引き起こす可能性があるからです。

 

プラグインに対するウイルスなどもあり、
入れすぎるとセキュリティに問題が生じる場合もあります。

 

プラグイン同士がお互いに干渉し、作動しなくなる可能性も高いです。

 

プラグインだけが作動しなくなるならまだ良いですが、
サイトの表示が無茶苦茶になったりするということもあります。

 

入れすぎるとブログの表示速度も下がるので、
ユーザーのブログ即離脱を引き起こしやすくもなるのです。

 

プラグインは無料で使えて高機能なもの多く、
便利でもあるのでいろいろ試したくなることが、
これから先あると思います。

 

ですが、入れれば入れるだけ良くなるというわけではないので、
必要なものだけ入れて必要ないものは削除することは意識しておきましょう。

 

この記事ではブログ運営し記事を書いていくうえで、
最低限必要なプラグインだけを選んで、設定方法まで解説します。

 

WordPressプラグインのインストール方法

 

はじめにWordPressプラグインのインストール方法を解説します。

 

知っているという場合は読み飛ばしてください。

 

 

まず、WordPressの管理画面にログインして、
プラグインをクリックします。

 

WordPressプラグインインストール方法①

 

そうすると、以下のような画面が表示されると思います。

 

WordPressプラグインインストール方法②

 

プラグインのインストールや管理は全てこの画面で行うことになります。

 

では、画面上部の新規追加をクリックしましょう。

 

WordPressプラグインインストール方法③

 

以下のような画面が表示されたらインストールの準備は完了です。

 

WordPressプラグインインストール方法④

 

プラグインのインストールは全てここから行うことになります。

 

プラグイン作成元からダウンロードしたものは、
『プラグインのアップロード』から。

 

WordPress管理画面で探せるものは、
画面右のプラグインの検索から行います。

 

ちなみに今回ご紹介するプラグインは、
全て検索から探せるのでダウンロードの必要はありません。

 

で、ここで1つ気をつけてほしいのが、
プラグインの検索はきちんとプラグイン名を入力しないと、
探してるものが出てきづらいということ。

 

有名なものなら大丈夫なのですが、マイナーなものだったりすると、
大文字が小文字だと出てこなかったりします。

 

なので、正確にプラグイン名を打ち込むことは意識しておきましょう。

 

この記事でご紹介するものは、
プラグイン名をコピーしやすいようにしておきます。

 

それを検索にコピペしてもらえれば大丈夫です。

 

では、試しに『All in One SEO Pack』というプラグインを、
インストールしてみましょう。

 

検索にAll in One SEO Packを打ち込むと、
以下のようにプラグインが表示されます。

 

WordPressプラグインインストール方法⑤

 

目的のプラグインが表示されたら今すぐインストールをクリック。

 

有効化という表示に変わったら、もう一度クリックします

 

WordPressプラグインインストール方法⑥

 

先程のプラグイン管理画面の戻って、
以下のようにインストールしたプラグインが、
青色になってるか確認してください。

 

WordPressプラグインインストール方法⑦

 

なっていれば、インストールが無事完了したということです。

 

以上が、WordPressプラグインのインストール方法になります。

 

では、本題であるプラグイン5選をご紹介していきます。

 

WordPressブログを開設したら、インストールしておきたいプラグイン5選

 

  1. UpdraftPlus - Backup/Restore
  2. Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  3. Jetpack by WordPress.com
  4. TinyMCE Advanced
  5. WebSub/PubSubHubbub

 

この5つがとりあえずインストールしておきたいプラグインです。

 

使い方などについても一通り解説していきます。

 

UpdraftPlus - Backup/Restore

 

UpdraftPlus - Backup/Restoreはブログのバックアップと復元を、
WordPress管理画面から簡単に行えるプラグインです。

 

WordPressでブログ開設したばかりのなれない時は、
カスタマイズしたりといろいろいじってる時に、
予期せぬ不具合やブログの表示が崩れたりなども起こりえます。

 

そういった事態が起こってもとりあえずカスタマイズ前には戻せるよう、
バックアップをとっておき、復元するということもできるのです。

 

まあ、だいたいのレンタルサーバーは自動バックアップをとっているので、
そちらから復元するということもできます。

 

ですがいろいろと手間がかかったりするので、
手軽に行えるUpdraftPlus - Backup/Restoreは役立ちますよ。

 

ではまずインストールして、有効化しましょう。

 

UpdraftPlus - Backup/Restore

 

UpdraftPlus - Backup/Restoreの使い方①

 

そうすると管理画面の設定に、UpdraftPlus  Backupが追加されているので、
それをクリックします。

 

UpdraftPlus - Backup/Restoreの使い方②

 

以下のような画面になったら、今すぐバックアップをクリック。

 

UpdraftPlus - Backup/Restoreの使い方③

 

そうすると、以下のようにバックアップの確認画面が表示されます。

 

UpdraftPlus - Backup/Restoreの使い方④

 

基本的に上2つ、バックアップにデータベースを含めると、
バックアップ内のすべてのファイルを含めるの項目に、
チェックが入っていれば大丈夫です。

 

入っていたらもう1度、今すぐバックアップをクリック。

 

バックアップが成功したら、
以下のように日時などの項目が作成されます。

 

UpdraftPlus - Backup/Restoreの使い方⑤

 

バックアップ時の状態に復元したい時は復元を。
バックアップデータを削除したい時は削除を選択すればOKです。

 

 

以上がUpdraftPlus - Backup/Restoreの使い方です。

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)はスパムコメント自動で弾き、
怪しいものとそうでないものを振り分けてくれるプラグインです。

 

ブログを運営していると特に海外から頻繁にスパムコメントが届きます。

 

このブログでも、1日に200件近いスパムコメントが届きますね。

 

スパムコメントの数

 

このようなスパムコメントからサイトを保護してくれるのが、
Akismet Anti-Spam (アンチスパム)です。

 

ただ、もしスパムコメントを一切受け取りたくないなら、
コメント欄を閉鎖することで対処することができます。

 

その場合、Akismetをインストールする必要はありませんが、
普通のコメントも受け取れなくなりますので注意しましょう。

 

コメントは必要ないなら閉鎖、必要ならインストールしてください。

 

 

ではまず、インストールして有効化しましょう。

 

Akismet Anti-Spam

Akismet Anti-Spam の使い方①

 

これでインストール自体は完了なのですが、
Akismetはアカウントの設定を行わないと使えません。

 

プラグインの管理ページを開くと、
画面上部にAkismet アカウントを設定という項目が出ていますので、
それをクリックしましょう。

 

Akismet Anti-Spam の使い方②

 

APIキーを取得をクリック。

 

Akismet Anti-Spam の使い方③

 

そうするとAkismetの公式サイトに飛びますので、
アカウントを作成してください。

 

有料プランも提示されますが、無料のもので大丈夫です。

 

アカウント作成したらAkismetのサイトの自分のページで、
以下のようにAPIキーが作成されています。

 

Akismet Anti-Spam の使い方④

 

このAPIキーをコピーして、先程のAkismet設定画面の、
APIキー入力部分に貼り付けましょう。

 

Akismet Anti-Spam の使い方⑤

 

APIキーを使って接続するをクリックし、
以下のような画面になれば設定は完了です。

 

Akismet Anti-Spam の使い方⑥

 

スパムコメントを自動で振り分け、弾いてくれます。

 

 

以上がAkismet Anti-Spamの使い方です。

 

Jetpack by WordPress.com

 

Jetpack by WordPress.comは多機能プラグインです。

 

簡単なアクセス解析、SNSとの連携、お問い合わせフォームの作成など、
様々な機能をこれ1つで追加できます。

 

開設したてのブログならとりあえずこれをインストールしておけば、
大抵のことはできるでしょう。

 

 

ではまず、インストールして有効化しましょう。

 

Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.comの使い方①

 

以下のような画面が表示されたら、Jetpackを設定をクリックします。

 

Jetpack by WordPress.comの使い方②

 

JetpackはWordPressのアカウントを持ってないと使用できないので、
まだ持ってないという場合はアカウント作成画面が。

 

すでに持っている場合は連携の確認画面が表示された後、
以下のような画面になリますので、無料プランでスタートをクリック。

 

Jetpack by WordPress.comの使い方③

 

以上で設定は完了です。

 

きちんと設定できているならWordPress管理画面のダッシュボードに、
以下のような統計情報画面が追加されていたりします。

 

Jetpack by WordPress.comの使い方④

 

他にも様々な機能がありますので、
自分に必要なものがあれば使っていきましょう。

 

管理画面にJetpackが追加されているので、
そこから設定することができます。

 

Jetpack by WordPress.comの使い方⑤

 

 

以上がJetpack by WordPress.comの使い方です。

 

TinyMCE Advanced

 

TinyMCE Advancedはブログ記事を書く際に、
役立つ機能を追加するプラグインです。

 

開設したばかりのWordPressブログは、
ブログ記事を書く際の機能がほとんどなく、
例えば文字色を変えることもできません。

 

以下のような感じです。

 

開設直後の記事作成画面

 

そのままの状態だとHTMLタグから入力して、
文字色を替えたりしないといけなくなります。

 

なので、TinyMCE Advancedをインストールして、
機能を追加し、簡単に記事を書けるように設定する必要があるのです。

 

ただ、ブログをカスタマイズできるテーマによっては、
TinyMCE Advancedと同じような機能を追加してくれるものがあります。

 

すでに利用するテーマが決まっていて、同じような機能があるなら、
インストールする必要はありません。

 

そうでないなら、とりあえずインストールしておきましょう。

 

 

ではまず、インストールして有効化しましょう。

 

TinyMCE Advanced

 

TinyMCE Advancedの使い方①

 

管理画面の設定のところにTinyMCE Advancedが追加されてますので、
クリックして設定画面を開きます。

 

TinyMCE Advancedの使い方②

 

以下のような画面になったら自分が使う機能を、
ドラッグ&ドロップで上に移していきましょう。

 

TinyMCE Advancedの使い方③

 

設定が完了したら、変更を保存しましょう。

 

そうすると以下のように機能が増えて、
記事を書く際にいろいろできるようになっています。

 

TinyMCE Advancedの使い方④

 

以上がTinyMCE Advancedの使い方です。

 

WebSub/PubSubHubbub

 

WebSub/PubSubHubbubは投稿、更新したブログ記事のURLを、
検索エンジンにいち早く伝えてくれるプラグインです。

 

検索エンジンにインデックスされるのが早くなります。

 

ちなみにインデックスとは記事情報が検索エンジンに認識、
格納されることです。

 

このインデックスが早く行われるとどうなるかというと、
記事がコピーされるのを防げるようになります。

 

というのもインデックスされるにはクローラーと呼ばれるロボットに、
サイト内を巡ってもらって、情報を検索エンジンに運んでもらう必要があります。

 

ですが、開設したばかりのWordPressブログには、
クローラーがなかなか巡回にきてくれず、
インデックスまで時間がかかるのです。

 

そして、その間にもしあなたの記事がコピーされ、
それがあなたの記事より先にインデックスされた場合。

 

コピーされた方がオリジナルの記事だと、
検索エンジンに判断されてしまう可能性があります。

 

そうなると、あなたの方がオリジナルにもかかわらず、
コピー品として低評価を受けてしまう可能性もあるのです。

 

なので、開設当初は早くインデックスされるよう対策する必要があり、
WebSub/PubSubHubbubはそのためのプラグインになります。

 

このプラグインはインストールしただけで効果を発揮しますので、
インストールして有効化しましょう。

 

WebSub/PubSubHubbub

WebSub/PubSubHubbubの使い方①

 

これでブログ記事を投稿、更新した時、
自動で検索エンジンに伝えてくれるようになりました。

 

管理画面の設定のところにも、
WebSub/PubSubHubbubが追加されています。

 

WebSub/PubSubHubbubの使い方②

 

ここから詳細な設定もできるのですが、
初期設定のままで大丈夫です。

 

 

以上がWebSub/PubSubHubbubの使い方です。

 

必要な時にWordPressプラグインをインストールしていこう

 

ここまでWordPressブログを運営していくために、
最低限必要なプラグインのインストールや使い方を開設してきました。

 

上記5つのプラグインがきちんとインストールされていれば、
ブログ記事を書き、更新していくうえでの不都合はないでしょう。

 

後は、運営していくうちにもっとアクセスを集めたい、
もっとデザインをカスタマイズしていきたい。

 

必要な機能を追加したいと思った時、
いろいろと調べてみて、インストールしていってください。

 

ただ最初にもお話したように、
入れすぎると問題が起こることもあります。

 

なので、必要なだけという意識は常に持っておきましょう。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事