どうも、コピーライターの水川です。

 

この記事ではわかりやすい文章の書き方について、
詳しく解説していきます。

 

 

文章を書き慣れてない場合だと、
わかりやすい文章を書くのは難しく感じるでしょう。

 

あとで読み直してなんてわかりにくいんだ!
と頭を抱えることもあるかもしれません。

 

ですが、実はわかりやすい文章を書くために必要なのはたった1つ、
ある文章の構成を知るだけでよいのです。

 

その構成に当てはめながら文章を書くだけで、
誰でもわかりやすく、相手に伝わりやすい文章を書くことができます。

 

今回はそんな文章構成について詳しくお話ししていきます。

 

わかりやすい文章の書き方とその構成

 

では、さっそくわかりやすい文章の構成を発表。

 

わかりやすい文章の構成
  1. 結論(その記事で伝えたいテーマ)
  2. 全体像(テーマの全体像をざっくり説明)
  3. 詳細(全体像から詳細を説明していく)
  4. 事例(実際の体験談や例え話しなど)
  5. 結論(テーマに加えて要点も伝えると良い)

 

この5つの要素をこの流れで書くと、
わかりやすい文章が書けて相手に伝わりやすくなります。

 

では、1つずつ詳しく説明していきましょう。

 

1.結論

 

まず、はじめに結論を書いてしまいます。

 

その文章で書きたいこと、相手に伝えたいことを、
最初に相手に伝えてしまうのです。

 

そうすることで、読者はその文章に何が書いてあるかをはじめに知って、
その後の文章を読む心構えを作ってくれる。

 

さらに、その文章の内容が読者の望むものでなければ、
後を読む時間を無駄にせずその時点で離脱することができます。

 

ちなみに、すぐに離脱されたら意味がないと思うかも知れませんが、
読者の望むものがない文章を読ませるほうが意味がない

 

どころか、そんなことをすれば、
逆に読者離れを起こすので気をつけましょう。

 

文章、例えばブログ記事なんかでもそうですが、
読者は何らかの情報を求めて記事を読みます。

 

その求めている情報をきちんと提供するのが、
ブログ記事という文章の役目です。

 

それなのに求めるものがない記事を読ませるのに時間を使わせてしまえば、
書き手に対してマイナスの印象を持つのは当然。

 

なので、はじめにビシッと結論を伝える。

 

この記事にはこういう事が書いてあるんだよと教えてあげて、
先が気になる人には読んでもらい、それ以外の人にはお帰りいただく。

 

それが、わかりやすい文章の入り口になると同時に、
読者に配慮された文章になるのです。

 

これがわかりやすい文章のはじめの要素、結論になります。

 

2.全体像

 

結論を伝えたら次に全体像をざっくりと伝えてしまいます。

 

例えばブログアフィリエイトで稼ぐ方法について文章を書くなら、
まずはブログで稼ぐ全体的な流れをざっくり伝えるのです。

 

そうすると相手の頭の中で、ブログで稼ぐ全体的なイメージが形作られる。

 

この全体的なイメージが相手の頭の中にあることが重要で、
人は基本的に関連しないもの、必要だと思えないものは覚えられないんですね。

 

だから、例えばSEOがブログで稼ぐのに大事だと言われても、
SEOがブログで稼ぐためのどこで必要なのか、
どこで関連するのかがわからないと頭には入りにくい。

 

だけど、全体像があらかじめ頭に入っていると、
SEOはここで機能するのか、ということがわかるので、
頭に入りやすく、わかりやすくなります。

 

 

なので、まずは全体像を伝えることで、
相手の中に全体像を持ってもらう。

 

これが2つめの要素、全体像です。

 

3.詳細

 

全体像のところでほとんどお話ししてしまいましたが、
全体像をイメージしてもらった後に詳細を書いていくと、
頭に入りやすくなる、わかりやすい文章になります。

 

全体像に関連するように細かい部分を書いていくことで、
必要な情報が自動的に整理され、相手に伝わるからです。

 

なのでわかりやすい文章を書くうえで、
全体像⇒詳細の流れは絶対に意識しておいてほしいと思います

 

 

ちなみに、詳細から書き始めるとどうなるか。
目次のない本みたいになります。

 

先に何が書いてあるか、どこにどのようなものが書いてあるか。

 

そういったものが全くわからないので、
読者にかなりストレスを与えることになるのです。

 

これが小説みたいなストーリーだと、
はじめから物語を追うことで楽しめることもあります。

 

ですが、細かい情報の集合体みたいなものだと、
わかりにくい以前に最後まで読まれないことが大半。

 

途中で離脱されることになるでしょう。

 

 

なので何度も言いますが、全体像⇒詳細は意識してください。

 

以上が要素3つめ、詳細です。

 

4.事例

 

結論⇒全体像⇒詳細の流れで文章を書くことで、
相手に伝えたいことは1通り全て伝わったことになります。

 

ここまできたら、実際の事例や例え話しを利用して、
相手に情報に対する臨場感を与える。

 

そうすることでただの情報だったものが、
実際の出来事を通してよりリアルに感じられ、
わかりやすく相手の頭の中に残るようになります

 

と言われても何となくイメージしづらいかと思いますが、
例えば数学とか勉強している時。

 

数学の問題の解き方だけ聞いてもいまいちわからないけど、
実際に目の前で問いてみてもらうとストンと頭に入る。

 

数学に限らず何らかの情報を実践してみてもらうと、
すごいわかりやすいなと思った経験ありませんか?

 

情報を伝える⇒実際の事例を見せることで、
わかりやすく相手に伝わるのです。

 

なので、ただ情報を伝えるだけではなくて、
実際の事例を入れることでわかりやすい文章になります。

 

また、文章に対する信頼性も増すのです。

 

ただ情報を提供されただけの場合と、
その情報を実際に活用しているところを見せてもらった場合。

 

どちらが信頼できるかといえば、
間違いなく見せてもらった場合ですよね。

 

信頼してもらえれば文章内容に対して真剣に向き合ってもらえ、
真剣に向き合ってもらえれば理解しようと努力してくれます。

 

そういう意味でも、事例は重要な要素なのですね。

 

 

以上が4つめの要素、事例です。

 

5.結論

 

最後にもう1度結論を書いて、
その文章で伝えたかったことを伝えましょう。

 

ついでにその文章で1番伝えたいこと、要点を入れることで、
読者さんに絶対に忘れてほしくないことも伝えましょう。

 

基本的に人は最も盛り上がる部分と、
1番最後に強く伝えられたことが記憶に残りやすいです。

 

これを"ピーク・エンドの法則"と呼びます。

 

なので、その文章で絶対に覚えておいてほしいところは、
必ず最後にもう1度、念を押して伝えておきましょう。

 

特に全体像をもう1度伝えておくと、
それと関連した詳細もついでに頭に残るので、
読んだ後にわかりやすかったなぁと思ってもらいやすくなります。

 

 

以上が最後の要素、2度めの結論です。

 

わかりやすい文章の例

 

ここまでわかりやすい文章の書き方、
その構成についてお話ししてきました。

 

では、ここからはわかりやすい文章の例を紹介します。

 

それは、ずばりこの記事です!

 

自分で言うなと思ったでしょうが、
この記事は今回解説してきた構成で文章を書いてます。

 

 

まず記事の冒頭でわかりやすい文章の書き方、
書くためにはある構成を知っておけばよいという結論を書きました。

 

次に、実際にその構成の全体像。

 

わかりやすい文章の構成
  1. 結論(その記事で伝えたいテーマ)
  2. 全体像(テーマの全体像をざっくり説明)
  3. 詳細(全体像から詳細を説明していく)
  4. 事例(実際の体験談や例え話しなど)
  5. 結論(テーマに加えて要点も伝えると良い)

 

 以上5つの要素についてを、先にざっくり伝えています。

 

その後、要素別に1つずつ詳細を伝え、
今こうして実際の事例について書いています。

 

 

まあ、ここまでの文章を読んでわかりにくい!
と思われると全て台無しになるのですが、
この記事で伝えたいことについてはわかりやすく伝えられた自信があります。

 

なので、ここまでの文章をわかりやすいなと思ったら、
ぜひ今回の構成を使ってみてください。

 

わかりやすい文章を書くのに大切なのは読者への配慮

 

今回、わかりやすい文章の書き方について色々お話ししてきましたが、
1番大事なのは読者への配慮です。

 

今回お話ししてきた構成も、
文章内容が読者にわかりやすく伝わるように。

 

きちんと頭に入って残り、相手に活用してもらえるように。

 

そんな文章構成となっています。

 

なので、この構成に従って文章を書けば、
誰でもある程度わかりやすい文章が書けるのです。

 

書けるのですが結局最後にものを言うのは、
読者に対してどれだけわかりやすく文章を伝えるのかと、
自分自身で試行錯誤し、相手の心情を考えながら書いていくこと。

 

そういう意味では今回の構成も、
小手先のテクニックでしかないのです。

 

なので、常に読者の目線に立つ事を忘れず、
読者にとってわかりやすい文章を心がけてください。

 

それが、わかりやすい文章を書く1番の方法です。

 

※ちなみにこれが今回の構成の最後、
2度めの結論+要点ですよ。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事