コミュニケーションをとる2人

どうも、コピーライターの水川です。

 

今回はツイッターを本気で運用してみたその結果を、
成功はもちろん失敗事例も含めて全て暴露してしまう【2ヶ月編】です。

 

この記事はツイッター初心者の僕がゼロから運用するところを、
成功失敗事例余すことなく暴露して一緒に成長できる人を作ろう!

 

というコンセプトで書き始めた記事です。

 

そのためシリーズものとなっていますので、
まずは前回の記事を読んでいただくと話しがわかりやすいと思います。

 

前回の記事
↓↓↓

 

では、まずは結果から。

 

ツイッターを本気で2ヶ月運用した結果

 

2ヶ月の運用結果
  • 総ツイート数570
  • 1ヶ月でしたツイート数200
  • フォロワー数87⇒110に増加
  • 1ツイートの最高リツイート数5
  • 1ツイートの最高いいね数23

 

1ヶ月前との差は以下です。

 

1ヶ月前との差
  • 総ツイート数+200
  • 1ヶ月でしたツイート数-90
  • フォロワー数+33
  • 1ツイートの最高リツイート数-80
  • 1ツイートの最高いいね数-273

 11月はある2つのことを実験的に実施したため、
総ツイート数は200、1日平均6回程度と少なめになっています。

 

2つのことについては後ほどお話ししますね。

 

フォロワー数は+33人、2ヶ月で103人増えました。
1ヶ月平均51人と、ペースはやはり遅めですね。

 

最高リツイート数やいいね数も大幅に減少しましたが、
これも実験的に実施したある2つのことの結果です。

 

また、今月の課題に人と積極的に交流するという目標をかかげていましたが、
それは見事にうまくいきませんでした。

 

元々コミュ障なうえに情報の流れが早いSNSで、
人と付き合っていくのはハードルが高かった…。

 

 

では、具体的にどのように運営していったかをお話ししていきましょう。

 

ツイッター運用1ヶ月間でおこなった、具体的な行動や戦略

 

先程もお話ししたように、今月はある2つのことを実験的に行いました。

 

  1. フォロワーが少ない時点でひたすら普通にツイートしたらどうなるか
  2. ツイート数を抑えるとフォロワーはどのぐらい変動するのか

 

この2つですね。

 

 

まず、フォロワーが少ない時点で普通にツイートするとどうなるかについて、
実感として得たいと思い実践してみました。

 

というのも、前回の運用記録でもお話ししたのですが、
フォロワーが少ないうちはツイートそのものがあまり人の目に触れません。

 

人の目に触れないとフォロワーの増加にもつながらないので、
基本的には引用リツイート。

 

フォロワー数の多い人のツイートを引用する形でリツイートすることで、
そのリツイートに反応をもらい、相手のタイムラインにツイートを載せてもらう。

 

そうすることでより多くの人に自分のツイートを見てもらい、
フォロワー増加のきっかけにするという方法、戦略を、
先月はとっていました。

 

ですが、今回はあえて引用リツイートはほとんど行わず、
普通にひたすらツイートしてみたのです。

 

その結果、最高いいね数やリツイート数がまず大幅に減りました。

 

見る人自体が少なくなったため、
反応もそれに比例して減るのは当然ですね。

 

ですが、フォロワー数に関しては思っていた以上に増えました。

 

もう1つのツイート数を抑える試みもあったので、
正直増えるどころか減ることも覚悟してましたが、
結果としては33人の方にフォローしていただけましたね。

 

ただ、やっぱり人の目に触れないと反応もフォロワー増加も難しいので、
フォロワーが少ないうちはいかに人の目に触れるかが大事ということを、
あらためて実感しました。

 

 

そしてもう1つ試したことは、ツイート数を抑えたらどうなるか。

 

フォロワーを安定して増やすには1日30ツイートぐらいは必要で、
ツイート数とフォロワーはある程度比例する。

 

フォロワーが多い人は大抵このようなことを言っています。

 

ではツイート数を抑える、少なめにしたら、
フォロワーは増えないのか?

 

という疑問がわいたので、
11月後半は1日のツイート数を2~3に抑えて様子を見てみました。

 

その結果、確かにツイート数=フォロワー数の式は、
ある程度は成立するという結論になりました。

 

11月半ば時点で118人のフォロワーさんがいましたが、
ツイート数を抑えると緩やかに減少していき、
最終的には110人まで減少したためです。

 

ただ、全く新しいフォロワーが増えなかったというわけではないので、
ツイート数だけではなくツイート内容、ツイッターアカウントの傾向など。

 

そういったものもフォロワー増加におおいに関係していることが、
実感として得られたことが今月の収穫です。

 

ツイッターを2ヶ月運用して見えてきた、これからの課題や方針

 

こうして2ヶ月間、いろいろ試行錯誤を繰り返してきましたが、
ツイッターは良くも悪くもコミュニケーションツールである。

 

当然のことなのですが、このことをようやく実感した感じです。

 

特にフォロワーが少ない時期は人との交流が大事で、
短期間でフォロワーを一気に増やす人は例外なく、
他人との交流を積極的に行っています。

 

ですが現在の僕の運用方法は一方的な情報発信となっていて、
それでもフォローしてくれる人がいるのは嬉しいことです。

 

ただ、人とあまり交流していないのがやはり、
現状最大の問題であり課題でもあります。

 

ですが、がんばって人と交流するというのもおかしなものなので、
これからもマイペースに情報発信を続けていこうかと思います。

 

ちなみに、もしこれからツイッターをはじめる場合は、
ツイッターで達成したい目的を明確に行動するのも大事ですが、
それ以上にコミュニケーションが重要なことを意識しておくと良いです。

 

他人をいかに巻き込み、反応をもらうかが大事。

 

 

では、今回はここまでです。

 

 

※2019年1月17日追記

 

現在、自身の目的にあまり合わない、
別の案件に力を入れているなどの理由から、
ツイッターの方は活動を休止しています。

 

後に再開する予定ではありますが、
現時点では具体的な時期などは未定です。

 

こうして記事を読んでくださっている方には申し訳ありませんが、
ご理解いただければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事