どうも、コピーライターの水川です。

 

今回は、ネットビジネスってそもそも何なのかについて、
お話ししようと思います。

 

 

ネットビジネスと一口で言っても、
様々な情報や定義、種類がありますよね。

 

なので、これからお話しする内容も、
そんなネットビジネスの情報の1つということを否定はしません。

 

ただ、こうしてこの記事を読んでいるということは、
ネットビジネスについて興味がある、あるいは始めようかと思っている。

 

そんな気持ちが少なからずあると思います。

 

そして、そんな気持ちを持っている人に、
ネットビジネスについて絶対に勘違いしてほしくないことがあるので、
今回はそれも加えて、ネットビジネスとは何かについて詳しく解説しようと思います。

 

自分で言うのもなんですが、今回の内容を知らずにネットビジネスを始めると、
挫折する可能性が非常に高いので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ビジネスと投資は違う

 

まず、ネットビジネスについて話す前に、
ビジネスと投資はまったく別物だということについて、
お話ししようと思います。

 

というのも、ネットビジネスの種類を話すにあたって、
株やFX、バイナリーオプション、最近だと仮想通貨などを、
ネットビジネスとして見たり、話したりする人がいます。

 

ですが、これは間違いです。

 

ビジネスと投資はまったく別物であり、
同一視すると高確率で痛い目を見ます

 

 

では何が違うのかといいますと、まず考え方が違います。

 

ビジネスは価値でお金を生み出すのに対して、
投資はお金でお金を生み出すものです

 

と言われてもイメージしづらいかもしれませんが、
まずビジネスは、元手ゼロからでもお金を稼ぐことは不可能ではありません。

 

また元手の大きさが、稼げる金額に直結しないという特徴もあります。

 

先程言ったように、ビジネスとは価値でお金を生み出すのが基本なので、
きちんとした知識や戦略、何より人に与えられる価値ある何かがあれば、
元手などは関係なしに大きな金額を生み出すことも可能なのです。

 

 

それに対して、投資は必ず元手が必要であり、
元手の大きさが生み出すお金の大きさに、
ある程度直結するという特徴があります。

 

単純に、お金がないとはじめられないのが投資です。

 

それに加えて、例えば月に1万の元手と、10万の元手で投資をはじめ、
同じ利回り10%で運用したとします。

 

※利回りとは、投資したお金が生み出す年間の収益割合のこと

 

この場合、1年後に得られるリターンは、
1万円の場合は千円、10万円の場合は1万円です。

 

1年で生み出されたリターンに、10倍もの差がつくわけです。

 

このように、基本的に投資は元手が多いほうが、
生み出すお金も多くなります。

 

ちなみに、もし投資だけで生活し続けたいと思うなら、
年間平均利回り10%を常に出し続けること前提で、
まず元手だけで6000万円ぐらいは必要ということです。

 

そうすれば、1年間で得られるリターンは600万円、
月50万円のリターンを見込めるので、
贅沢しなければ1家を養っていくことはできるでしょう。

 

 

次に、ビジネスは短期的なリターンを目的としているのに対して、
投資は長期的なリターンを目的としています

 

ビジネスは、基本的には月単位、
もっとシビアに管理すれば1日単位で、
行った作業や使用したお金に対してのリターンを求めます。

 

それに対して、投資は1年やそこらのリターンを求めません。

 

先程少しお話ししましたが、
仮に6000万円という元手で利回り10%でも、
月のリターンは50万円なのです。

 

30歳のサラリーマンの平均月収と同じぐらいですね。

 

ただ、投資の強みは複利の力と呼ばれるものにあって、
これを利用すると10年後、20年後を見た時に、
得られるリターンが大きくなるのです。

 

そしてこの2つの違いから、ビジネスは攻め、投資は守りとも呼ばれます。

 

ガンガン攻めて、短期的に一気に稼いだりすることが可能なのがビジネス。
じっくり守りを固めて、長い目でお金を増やしていくのが投資になります。

 

また、ちなみにですが投資で失敗する人のほとんどは、
短期的なリターンを求めることが原因です。

 

株やFX、最近だと仮想通貨などで、
一気に稼いで自由になったとか、脱サラしたとか。

 

こういった夢を見せる人が多いので、
それにつられて投資に手を出し、短期間で稼ごうと思ってしまうのは、
ある意味仕方ないのかもしれません。

 

ですが、投資の神様とまで言われるウォーレン・バフェットですら、
年間平均利回り23%なのです。

 

100万円あれば1年で23万円のリターンになります。

 

なので、ウォーレン・バフェット以上の投資家になるぐらいの覚悟がない限り、
投資で短期間でお金を増やそうとするのは無謀でしかないのです。

 

投資で短期間に稼ぐとか、少ない元手で稼ぐとか言ってるものは、
100%嘘か、とんでもないリスクを背負うことが必要なので気をつけてください。

 

 

では、少し長くなったのでまとめますが、
ビジネスは価値からお金を生み出すものであり、
短期的に見るものである

 

投資はお金からお金を生み出すものであり、
長期的に見るものである

 

この違いをしっかり理解して、
絶対にビジネスと投資を混同しないでください。

 

そうしないと、先程も言ったように失敗の原因になります。

 

ネットビジネスとは

 

では、前置きが長くなりましたが、
本題のネットビジネスとは何かについてお話ししましょう。

 

ネットビジネスはそのままなのですが、
ネットを活用して行うビジネスのことです

 

そして、このネットを活用の部分が、
人によって定義が違い、色々なネットビジネスの定義を生み出しています。

 

例えばせどりと呼ばれるビジネス。

 

古本屋などから商品を仕入れて、それをアマゾンなどで販売し、
仕入額と販売額の差額を利益として得る。

 

ネットビジネス初心者が最も成果を出しやすいと言われるのがこのせどりです。

 

このように、実際の店舗などから仕入れて、
それをネットを利用して販売するというような、
リアルとネットの融合も、ネットビジネスとして扱う人もいます。

 

ですが、これは少し違うと思っていて、
僕のネットビジネスにおける定義は、
ネットのみで完結するビジネスのことです

 

ネットの利点について

 

ここで少し話しは変わりますが、
ネットの利点についてお話ししようと思います。

 

まあ、ネットの利点を細かく上げるとキリがないのですが、
最大の利点はスピードです

 

例えば今あなたが読んでいるこのブログ。

 

このブログはネット上に構築し、
こうしてあなたが読めるように公開しているわけですが、
仮にあなたが日本にいなくても、このブログを読むことができます。

 

日本中どころか、世界中のどこにいようと、
ネットに繋がるPCやスマホさえあれば、
このブログを開いて読むことができるわけです。

 

これが例えば本などの形あるモノだとしたら、
手元に届くまでにある程度時間がかかったりするわけですよね。

 

他にも、もし悩みや問題などがあれば、
Googleなどの検索エンジンを使えば大抵は解決するでしょう。

 

PDFや会員サイトを利用した、いわゆる情報商材などを購入したことがあるなら、
購入後、すぐにメールなどで閲覧できる状態になることを、
実感したこともあるかもしれません。

 

つまり、情報伝達速度がネットにおける最大の利点であり恩恵なのです

 

そして、この利点を最大限活用するために、
ネットビジネスはネットで完結する形であるのが望ましいのです。

 

ネットビジネスの種類について

 

ここまで、ビジネスやネットビジネスについて色々お話ししてきましたが、
何となくイメージは掴んでもらえたでしょうか?

 

価値からお金を生み出し、短期間で大きな成果を上げることが不可能ではなく、
ネットで完結するビジネスを、ネットビジネスと呼びます。

 

では、ここからはこの条件に合ったネットビジネスの種類について、
解説していこうと思います。

 

具体的には以下の4つです。

 

  • アフィリエイト
  • クラウドソーシング
  • インフォプレナー(情報起業家)
  • 電脳せどり

 

アフィリエイト

 

アフィリエイトはネットビジネスの代表格と言っても良いでしょう。

 

リスクほぼゼロから、大きなリターンを生み出すことが可能であり、
かつネットのみで完結するビジネスです。

 

もちろん、それなりの知識や作業量を必要としますし、
簡単に稼げるとは言えません。

 

また、1部の方法を除いて、
成果が出るまで時間がかかるというデメリットもあります。

 

ですが、1度稼げるようになれば長期的に稼ぎ続けることも可能で、
何よりビジネスをする上で必要なスキルが全て身につくのです

 

このスキルとはマーケティングと呼ばれるものですが、
マーケティングのスキルがあれば、どのようなビジネスであっても、
稼ぐのに困るということはほぼありません。

 

というか、ビジネスをする=マーケティングをする、なのです。

 

なので、僕はネットビジネスをするなら、
まずはアフィリエイトに取り組むことをオススメしています。

 

なぜアフィリエイトをはじめにやるべきなのかについては、
別記事で詳しく解説してますので興味があれば読んで見てください。

 

 

クラウドソーシング

 

クラウドソーシングについては、
有名なので聞いたことはあると思います。

 

クラウドワークスやランサーズのような、
悩みや問題を解決したい人と、
それを解決できる人を引き合わせるサービスです。

 

デザインやコンサルティング、ブログ記事作成など、
様々なジャンルや種類の依頼があるので、
得意な何かを活かしたいという人に向いています。

 

また、ブログ記事作成などは、初心者を募集している場合もあります。

 

すぐに何かをはじめて稼ぎたいという場合は、
クラウドソーシングをはじめてみるのが良いでしょう。

 

有名所としては、先程あげたクラウドワークスやランサーズ。
ちょっとしたスキルや得意なことを活かせるココナラ。
2カ国語以上話したり読み書きできるなら、翻訳専門のConyacというものもあります。

 

興味があれば、1度どのような依頼があるかを見てみると良いでしょう。

 

インフォプレナー(情報起業家)

 

インフォプレナーは、情報販売者。
つまり、情報販売ビジネスです。

 

自分のスキルや知識、経験などをPDFや会員サイトなどにまとめ、
それを販売することを言います。

 

ようは、情報商材の販売ですね。

 

そして、これについては稼ぐ系じゃないとダメだと思ってる人も多いです。

 

情報商材は稼ぐ系がやはり多いので、
そういったジャンルでしか成立しないと考えてしまうのでしょうが、
そんなことはありません。

 

誰かに提供できる情報があって、
それをお金を払ってでも欲しいと感じる人がいる。

 

これが成立するなら、どんな分野でも情報販売はできます。

 

ただ、情報商材作成から集客や販売など、
1から全てやらなければならないので、
ネットビジネス初心者には敷居が高いです。

 

ですが、もし世の中に広めたい価値ある情報や体験などがあるなら、
思い切って挑戦してみるのも良いと思います。

 

電脳せどり

 

電脳せどりは、先程少しお話ししたせどりを、
ネット上のみで行うネットビジネスです。

 

本来、実店舗から商品を仕入れて、
それをネット上で売るというのがせどりでした。

 

ですが、この電脳せどりでは、
ネット上で商品を仕入れて、それをネット上で高く売ることで、
その差額分を利益として得るという形を取ります。

 

配送なども出品代行というサービスがあるので、
自分でやらずに全て任せるということも可能です。

 

ただ、今までの3つと違い、
電脳せどりは仕入れのためにある程度の元手が必要になります。

 

今までのネットビジネスは、ネットに繋がるパソコンが有れば、
初期費用ゼロからはじめるのは、不可能ではありません。

 

ですが、これに関しては仕入れを避けることができないので、
どうしても初期費用がかかるのです。

 

ただ、アフィリエイトや情報販売と比べると簡単で、
成果が出るのも早いという特徴もあります。

 

なので、ある程度初期費用をかけれて、
すぐにでも稼げるようになりたいのなら、
本格的に勉強してみてください。

 

 

以上が、ネットビジネスの大まかな種類になります。

 

ネットビジネスをはじめたいなら

 

ここまで、ネットビジネスとは何か、
ネットビジネスの種類などについてお話ししてきました。

 

そしてここまで読んでくれたということは、
大なり小なりネットビジネスに興味があり、
はじめてみたいと思う気持ちもあると思います。

 

なので最後に、もしネットビジネスをはじめたいなら、
絶対に持っておいてほしいものがあります。

 

それは、夢を現実に変える覚悟です

 

 

ネットビジネスで成功できないと人生終わるみたいに、
ネットビジネスに死ぬ気で取り組むぐらいの覚悟を持って、
この世界に入ってくる人はあまりいません。

 

ほとんどの場合、何かしらの夢や目標を持ってこの世界に入ってきます。

 

  • 時間から開放されたい
  • 経済的な不安から開放されたい
  • わずらわしい人間関係から開放されたい

 

少なからず、このような思いを持っている。

 

あるいは、このような夢を見せられて、
自分でも叶えたいと思ってしまうのです。

 

もちろん、このような夢を持つことが、
ダメなわけではありません。

 

僕自身も、少なからずこのような夢を持って、
この世界に飛び込みました。

 

ですが、いざそういった夢を叶えようと行動し始めても、
すぐに現実に引き戻されることになります。

 

勉強や作業、思うように成果が出ないという挫折感。

 

結局、夢は夢でしかなく、
夢を叶えるにはそれを現実のものとして、
達成可能な状態にならなければならないのです。

 

そしてほとんどの人は、夢を現実に変える過程で、
夢は見ていた方が楽しく、らくなことに気づき、
諦めてしまいます。

 

ですが、この厳しい現実に立ち向かい、
泥臭い勉強や作業、挫折を乗り越えた先に、
夢見た光景を現実としてみることができるようになるのです。

 

なので、もしネットビジネスを始めたいと思うなら、
夢を現実にするには、それ相応の困難があること。

 

それを乗り越えるために自分を成長させる覚悟を、
はじめに持ってください。

 

そうすれば、途中で諦めてしまう可能性を減らせるでしょう。

 

もし、ネットビジネスをはじめたい、達成したい目的があるなら、
このことだけは意識してほしいと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事