価値提供

どうも、コピーライターの水川です。

 

2019年5月8日にYahoo!広告の広告主に向けて、
広告掲載の判断基準を変更することが発表されました。

 

アフィリエイト広告の成約を主目的とする、
アフィリエイトサイトは広告掲載できない。

 

このように変更するとのことです。

 

この発表を受けて、
「アフィリエイトはオワコンだ!」
「アフィリエイトはもう稼げない!」
などの意見も多く見られるようになりました。

 

今回はこのYahoo!広告の広告出稿の掲載基準の変更について、
それによってアフィリエイトは稼げなくなる、終わるのかについて。

 

詳しく考察していこうと思います。

 

Yahoo!広告掲載の判断基準の具体的な変更内容

 

ではまず、Yahoo!広告掲載の判断基準が具体的にどう変更されるのかについて、
詳しくお話ししていきましょう。

 

今回の変更では広告掲載基準の1つである、
「広告の有用性について」の判断基準が、
2019年6月3日に変更される予定です。

 

ちなみに、元々「広告の有用性について」の項目には、
以下の4つの判断基準があります。

 

Yahoo!広告掲載基準の広告の有用性の判断基準
(1)広告主による独自のコンテンツが乏しいもの
(2)アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が多数掲載されているものや、広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの
(3)正確性・信憑性に欠けるもの
(4)その他、ユーザーにとって有用性の低いもの

 

現時点での4つの判断基準についての詳細を知りたい場合は、
公式に発表されているYahoo!広告の広告掲載基準の、
詳細を参考にしてください。

 

※Yahoo!広告の判断基準詳細を見る

 

そして、今回の変更では(2)の判断基準に6月3日より、
以下の基準が追加される予定となっています。

 

追加の判断基準
ビジネスモデルが成果報酬型サイト(アフィリエイトサイトを含む)
およびそれと同等と判断したサイトについては、「広告のクリック等を
させることを主目的としているもの」に該当するサイトとし、広告掲載
不可に変更します。

 

上記のように広告のクリック等を主目的とする成果報酬型サイトは、
アフィリエイトサイト含め広告掲載不可になるというのが、
今回予定されている変更点です。

 

ただし、全ての成果報酬型サイトが掲載不可になるのではなく、
Yahoo!が適切と判断した場合においては、
今後も継続して掲載可能であると発表されています。

 

上記の変更点の全容について詳しく知りたい場合は、
公式で発表された変更点についてのページと、
同ページ内にあるPDF資料を見てみてください。

 

※Yahoo!広告掲載基準の変更点の詳細を見る

 

なぜYahoo!は今回、このような基準変更を行なったのか

 

次になぜYahoo!は今回、
このような掲載基準の変更を行うという決断をしたのか?

 

今回の変更は実質、広告掲載基準の引き上げであり、
広告掲載の基準を引き上げるということは当然、
掲載不可となる広告が増えるということ。

 

掲載不可となる広告が増えるということは、
Yahoo!の広告収入も減少することを意味します。

 

にもかかわらず、今回の変更を決断したのは、
それだけ成果報酬型サイトの広告掲載がYahoo!利用者に対して、
不利益であると判断されたからです。

 

実際Yahoo!の広告に向けて「うざい」「邪魔」などの、
厳しい意見は以前から数多くありました。

 

特に今回の変更で一点狙いされている成果報酬型サイト、
アフィリエイト報酬を得ることが主目的のサイトは、
内容も薄いペラサイトや複数の広告がはられているサイトなど。

 

広告によって報酬を得ることそれ自体が目的となり、
ネット利用者が価値を得るどころか、
価値を得ることを阻害するような広告がほとんどでした。

 

なので、今回の変更は別におどろくべきものでもなく、
必然と言えるでしょう。

 

例え一時的に広告収入が減少しようとも、
利用者に対して不利益となる広告を放置したほうが、
より大きな不利益をもたらすと判断したと考えられるのです。

 

Yahoo!広告掲載基準変更で、アフィリエイトは終わるのか

 

では、今回の広告掲載基準変更でアフィリエイトは終わる、
稼げなくなるのか?

 

アフィリエイトの成約を主目的とするサイト、
サイトの運営者は終わるでしょう。

 

上記でもお話ししたように今回の変更は、
アフィリエイトを主目的とする広告を直指名しています。

 

そのため、予定通り6月3日に掲載基準が変更されれば、
アフィリエイトで稼ぐことを主目的にしたサイトは、
今後Yahoo!広告で成果を出すことはできなくなるでしょう

 

ですが、これは別におかしなことではなく普通のこと。

 

そもそもアフィリエイトとは、何らかの悩みや問題がある、
あるいはなんらかの欲求がある人と、
その解決策となる商品やサービスの橋渡しをすることです

 

悩みや問題を解決する、欲求を満たす、
そのための手段が自分の商品やサービスではなく、
アフィリエイトであるというだけのこと。

 

つまり、元々アフィリエイトも手段であり、
稼ぐことが主目的になれば稼げなくなるのは、
どんなビジネスであっても同じことです。

 

なので、アフィリエイトが稼げなくなることはありません。

 

アフィリエイトを価値提供の手段としてではなく、
稼ぐことだけを主目的とした人が稼げなくなるだけのことです。

 

実際、上記でもお話ししたように、
全ての成果報酬型サイトが掲載不可になるわけではなく、
適切と判断されたものに対しては今後も掲載可能であるとされている。

 

この適切の判断基準が、価値提供が中心となっているか、
それとも稼ぐことが中心となっているかだと考えられます。

 

実際に変更されないと適切の判断基準がどれぐらいなのかはわかりませんが、
どれほどにせよ本当に価値を提供できる人だけが成果を出せるようになる。

 

ビジネスとして当たり前のことが、当たり前になったというだけのことです。

 

価値を与えることを主目的にすれば成果もついてくる

 

今回、Yahoo!広告掲載基準の変更やアフィリエイトについて、
色々お話ししてきました。

 

色々お話ししてきたのですが結局のところ、
正しく価値を与えられる人が日の目を見るという結論に達します。

 

そもそもこのようなコンテンツに対する評価基準の変更は、
様々な場所で昔から今にかけて、何度も行われてきたことです。

 

例えば2012年にGoogleが行ったパンダアップデート呼ばれる、
コンテンツの質に対する評価の変更。

 

このパンダアップデートによりSEOによる上位表示はもちろん、
当時のGoogleアドワーズ(現在のGoogle広告)で、
広告掲載不可となるサイトやページが続出しました。

 

この時もアフィリエイトは終わりだ、もう稼げないと、
様々なところで騒ぐ人がいた一方。

 

2019年現在でも成果を出す人は特に騒ぐこともなく、
成果を出し続けている。

 

では、この騒ぎ立てる人と成果を出し続ける人、
両者を分ける違いは何なのかと言えば、
今回お話しした手段か目的かの違いなのです。

 

騒ぐ人というのは、今回の掲載基準の変更点でもある、
アフィリエイトを主目的とするに該当する人。

 

特にユーザーに価値を与えるわけでもなく、
ペラサイトや複数の広告を貼り付けたサイトに誘導して、
稼ぐことだけを考えたサイトを作成してきた人たちがほとんどでしょう。

 

ですが、先ほどもお話ししたようにアフィリエイトは手段であり、
その中心には悩みや問題を解決する、欲求を満たすといった、
価値提供が主目的になければビジネスとして成立しない。

 

成立しないものは今回のような規約などの変更で、
成果は出なくなり、消えていくのは当たり前なのです。

 

そして、これから先もどんどん消えていくことになるでしょう。

 

なので、あくまでも主目的は価値提供であり、
アフィリエイトはその手段である。

 

この基準を元に活動することを、常に心がけてみてください。

 

そうすれば、度々行われる規約変更で、
毎回ひやひやすることもなくなるでしょう。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事