自己紹介の握手

はじめまして。

 

フリーランスでコピーライター、マーケターをしている、
水川 健人といいます。

 

価値あるものを広め、必要な人の手に届けるための、
総合的なお手伝いの活動を主にしています。

 

知識や情報、経験、技術やモノなどを商品やサービスとして販売したい、
ブログやメルマガなどで情報発信したい。

 

そのために必要な全体的なマーケティング戦略の作成やご提案、
SEOやネット広告など部分的な戦術の使い方を教えたりなどです。

 

価値あるものがあるのにそれをうまく広められない、
広められないから手にとってもらえないと悩む人の手助けを、
コピーライター、マーケターとして行ってきました。

 

そんなコピーライター、マーケターとして活動してきた知識や経験を、
これからネットで起業してビジネスの世界へ入りたいという方。

 

実践してみたけどいまいちうまくいかず、本格的にビジネスを学びたいという方に、
分かりやすく情報発信することを目的として開設したのがこのサイトです。

 

フリーランスなど自分でビジネスをはじめて、
雇われるなど1つのことに依存することなく、
人生において取れる選択肢を増やす。

 

そして自由に生きていく。

 

そんな生き方の助けになるような情報発信を心がけています。

 

そして、このようなサイトを開設したのには理由があります。

 

 

本来の僕はより多くの人に自分を知ってもらうというより、
本当に僕の知識やサービスを必要としてくれる人だけを相手に
ビジネスをするというスタンスでした。

 

狭く濃い関係を築くことを中心に活動してきたのです。

 

なので、多くの人が見る可能性のあるサイトなどは、
あまり活用することはありませんでした。

 

ですが、そのスタンスをまげてこのようなブログ開設に至ったのは、
現在のネットというかビジネス業界全体に大きな問題があると感じたからです。

 

ビジネス業界の問題点

 

ネットに限らずビジネス全般に言えることですが、
90%以上の人がまともに稼げないと言われているのをご存知でしょうか?

 

理由はいろいろ言われています。

 

行動できないからだ。
知識が足りないからだ。
戦略をたてないからだ。

 

確かに、どれも一理あります。

 

ですが、それ以上に問題なのが知識の多さだと僕は考えているのです。

 

というのも、今の日本のビジネス業界は無料で価値を与えて、
信頼関係を築いてから商品購入を促すというビジネスモデルが主流となっている。

 

そのおかげで今では無料で手に入る知識やノウハウも多く、
簡単に情報が手に入ってしまいます。

 

それは一見いいことのように見えますが、
実はそれがビジネスで成果を出せない一番の原因。

 

知識の過剰摂取であると考えているのです。

 

 

知識はあるだけじゃ価値がありません。

 

知識を使うことによって生み出される行動やモノに価値がある。

 

必要な時に必要な知識を選択し使うことができて
初めて価値のあるもの、価値を生み出すことができます。

 

つまりは、知識やノウハウなどをもとに、
どのように"思考するか"が大事なのです

 

ですがほとんどの人は、知識やノウハウをどこでどうやって使うべきなのか。

 

どんな効果があってどんな結果をもたらすのかを、
説明することができません。

 

ノウハウばかりに目を奪われて本質を意識する思考ができる人が、
まだまだ少ないのというのがビジネス業界の現状です。

 

そして、この現状は例えばノウハウコレクターと呼ばれるような、
ノウハウばかりが増えて、結局何も成果がでずに、
最終的にはあきらめてしまう。

 

ただ諦めるだけならまだいいですが、
中には多額の借金を背負ってしまい、
生活も何かも、無茶苦茶になってしまう。

 

現実に、このような人を多く生み出しました。

 

そして僕自身、現在では独立して活動していけるぐらいにはなりましたが、
一歩間違えれば、そういう状態になってしまう寸前でした。

 

寸前だったからこそ、こんな現状を少しでも改善できればと思い、
僕はこのサイトを開設しようと思い至ったのです。

 

また、僕自身がそういう本質的な思考をできる人と、
積極的に付き合っていきたいというのもあります。

 

きちんとした思考ができる人との会話などからは、
得られるものや刺激も段違いですから。

 

そういう人が増え、そういう人と積極的に交流できる環境になれば、
僕自身のさらなる成長にもプラスに働くのです。

 

なので、ノウハウ中心の情報発信にかたよっている中で、
本質的なことを中心に情報発信していく。

 

そうすることで表面的なことだけでなく、
より深いところまで意識を向けることができるようになる。

 

そして、最終的には他人の言葉などに惑わされず、
環境などによって右往左往することもなく、
確固たる自分の思考を元にビジネスを行う人。

 

ビジネスを通して人生を好転させる人を、
増やしていけるようなサイトを目指しています。

 

なのでこのサイトでは具体的なノウハウやテクニックは控えめで、
もっと本質的な部分。

 

より洗練された思考力を身につけられる情報発信をしていくので、
ビジネス的思考力を高める一助にしてくれればと思います。

 

 

では、ここからは僕のことについて少し話させてください。

 

先程も言ったように基本的に僕は、
狭く濃い関係を築くことを中心に活動しています。

 

こうしてブログを開設したとはいえ、
この考え方だけは変わりません。

 

また、先ほどお話ししたように思考力の高い、
高めたいと思っている人とは積極的に交流していきたい。

 

そういった意識がある人と縁がつながればと思いますので、
まずは僕の簡単なプロフィールやどのような過程で、
ビジネスの世界に入ったのかなどを知ってもらいたいのです。

 

また、僕がなぜこのような情報発信をしているのかを知れば、
サイトの内のコンテンツが自分に合うのかどうかの、
判断材料にもなるでしょう。

 

なので、1度読んでみてほしいと思います。

 

ビジネスの世界へ飛び込んだきっかけは幼少期の経験にあった

 

僕の幼少期は機能不全家族と共にありました。

 

僕の父は間違った厳しさ観?とでもいうものを持っていて、
教育のためには怒鳴ることと体罰が当たり前だと、
そう思っているような人。

 

ですが、決して教育熱心だったというわけではなく、
父親とはお金を稼いでさえいればよく後は何もしなくてよい、
というような価値観を持っている人でした。

 

例えば僕が小学4年の頃、いきなり5年生向けの問題集をぽんと渡され、
ロクに解き方を教えることもなくいきなり解けと言われたことがあります。

 

学校でも習ってないので解き方もわからず、
とりあえず問題集のヒントとかを参考に、

できるだけ解いてみましたが間違いも多かった。

 

そして、何で間違うんだ、もっと考えろと怒鳴られる。

 

この時点ですでにやる気もなにもない、
また怒鳴り声の恐怖のせいで頭も回らず、
同じところをまた間違える。

 

すると次は手が飛んでくるのです。

 

大人にとっては軽くなのかもしれませんが、
当時の僕にとってはかなりの威力がありました。

 

そこまでいくともう半泣きになって、
問題集に取り組んで何とか全部正解する。

 

そこでやっと開放されるのです。

 

ちなみにこれが原因でやりたくもないのに無理やりやらせることに、
強い拒否感を覚えるようになった。

 

これが、選択肢を常に多く持っておくという、
今の理念を形作った要素の一つになったのだと思います。

 

また、毎日毎日おこる両親の怒鳴り合いの喧嘩。
時にはものが飛び交うこともしばしば。

 

お金さえ稼いでいればよいという考え方で家のことなどは何一つしない。

 

僕にとってはたまに気が向いて勉強を強要し、
怒鳴ることがあるぐらいです。

 

悩みの相談にのってくれるとか学校での出来事を聞いてくれるとか。

 

そんなことも一切ありません。

 

それは母の視点から見ても同じく何もしない人だったので、
毎日、母も不機嫌で父と衝突していました。

 

幸いなのは暴力沙汰にまでにはならないことでしたが、
当時の僕は毎日を罵声に怯え、ストレスを感じながら、
日々を陰鬱に過ごす毎日。

 

それでもやっていけたのは弟がいたからです。

 

弟は守らないとという気持ちがあり、
いつも2人で寝室で毛布をかぶりながら、
罵声が止むのを待つ。

 

ものが飛び交いはじめたら祖母に電話をして、
仲裁を頼んで喧嘩を有耶無耶にしたりしてました。

 

これ以上は愚痴みたいになってしまうのでここまでにしておきますが、
とにかく笑顔あふれる食卓とかであったことが、
僕の覚えている限り一度もない。

 

そんな家庭だったのです。

 

で、なんでそんな家庭だったのかといえば、
父の間違った家族や子育ての価値観もあるでしょうが、
最大の原因は父の仕事のストレスでした。

 

毎日毎日、朝早くから起きて仕事に行き、
夜遅めに帰ってくる。

 

しかも、父の勤める企業は誰もが一度は聞いたことがある大企業。

 

仕事の話も当然したことはありませんが、
求められるものもハードだったのは想像がつきます。

 

で、帰ってくる時はいつも不機嫌で、
母に嫌味や皮肉を、時にはストレートに暴言を浴びせる。

 

気の強い母はそれに真っ向から言い返し、
罵声飛び交う喧嘩が完成するというわけです。

 

そして、このことを知った時。

 

僕は生活のためにストレスが溜まるような仕事をし、
他人にあたらなければやっていけない。

 

そんな父のような人間になることに、
明確な恐怖を感じました。

 

だから、働くことを考えなくてはならなくなった時、
就職という選択肢しかないことに耐えられず、
自分の力で稼ぐという選択ができる。

 

そんな自分に成長する道を選んだ。

 

そして、今ではフリーランスとして、
自宅のみで完結するネットを使ったビジネスを構築し、
経済的、時間的に余裕のある生活を送れるようになったのです。

 

そしてこの経験が、僕という人間の根幹。

 

自分のやりたくないことを生活などのために、
無理してやらなければならないという状況を抜け出し、
常に選択肢を多く持つという考え方を持つに至った過去です。

 

選択肢を多く持つことが人生において最良の道

 

ここまで過去の話についてさらっとお話してきましたが、
こうしてサイトなどで話せるようになるだけでも、
相当な時間が必要でした。

 

それぐらい、幼少期は苦痛しかない日々で、
今でも決して塞がらない傷のように、
ふとした時に思い出しては心を乱します。

 

当時の辛さは言葉では言い表せないほどで、
いつも現状から抜け出したいと考えながら、
家出を繰り返すような時期もありました。

 

でも、当然子供が一人で生きていけるわけもないですから、
時には無理やり連れ戻されたりしながら結局最後には、
嫌な家に帰らなければならない。

 

いたくない、逃げたい家庭なのに、
そこにいないと生きられない。

 

そんな、選択肢のないという状況に苦しんだという過去が、
僕に多くの選択肢を持っておくのが最良という考え方を持たせたのです。

 

で、幸運なことに現代ではそれが可能だった。

 

ネットの登場で個人でも簡単に起業し、
価値を世に広め、お金を稼ぐことができる。

 

就職という生き方が大半の人にとってのお金を稼ぐ方法であったのが、
自分の力で誰でも稼ぐことができるチャンスがある。

 

そんな時代が到来しました。

 

だから、僕はネットを使って稼ぐことに、
まずは全力を注いで稼ぐ力を身につけたのです。

 

今では、サイトでこうしてあなたにその方法を、
届けることができるようにもなりました。

 

そして、自分でお金を稼ぐようになった今、
結婚や子育ては経験がないのではっきりとわかるとは言えない。

 

ですが、仕事による重責にストレスを感じる中で一家を養ってきてくれた、
父の苦労が少しは理解できたような気がしました。

 

笑顔を見たこともなければ楽しい一家団欒の記憶もないけれど、
こうして大人になれるまで養ってきてくれたこと。

 

そういったことに素直に感謝できるようにもなり、
同時にもし父が雇われるという選択肢だけではなく、
自分の力でストレスなく稼ぐという選択肢を持っていれば。

 

もっと笑顔あふれる家庭というものを築けたのではないかと思うのです。

 

仮に、もし僕が生活のためにとやりたくもない仕事をするために就職し、
日々ストレスが貯まるような状況に身をおいていれば、
こうしてサイトを作ってより多くのひとに価値を届けたい。

 

そんなことをやるどころか考える余裕すらなかったでしょう。

 

そう考えると、こうしてサイトをあなたに読んでもらえている現状は、
自分の力でストレスなく稼ぎ時間にもお金にも余裕があるという生活は、
とても嬉しくて充実した日々なのです。

 

そして、そんなより多くの選択肢がある充実した生活は、
あなたにも、誰にでも達成できること。

 

正しくやるべきことやって自分を成長させるという意識があれば、
あなたにしかない価値を広めそれをお金に変えることができるのです。

 

やり方次第では時間や場所に縛られることもなく、
多くの選択肢の中からやりたいと思えることを選べる。

 

そんな充実した毎日をおくることができるのです。

 

最後に

 

ここまで長い文章を読んでくれてありがとうございます。

 

はじめにもお話ししましたが僕がこのサイトで1番伝えたいことは、
思考の大切さと正しいやり方です。

 

現実を見据え、正しく思考し、正しい道を選べば、
少なくともビジネスであれば大抵のことは成し遂げられる。

 

そして、1つのことに依存せず多くの選択肢を持ち、
豊かで自由な人生を送ることができるようになるでしょう。

 

そのために、本質的なことを伝えていきますので、
ぜひ役立てもらえればと思います。

 

また、お悩みや相談事などもサイトのお問い合わせなどから、
遠慮なく送ってくださればと思います。

 

では、もし僕という人間に興味を持ってもらえたら、
または僕の記事などに価値を感じてもらえたとしたら、
これからもよろしくおねがいします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事