積み上げている画像

どうも、コピーライターの水川です。

 

水川のブログシリーズということで、
今回も面白くて役に立つようなお話をしていきたいと思います。

 

水川のブログシリーズって?という方は、
先にブログ概要を読んでみてください。

 

 

今回はネットビジネスを始めるのに実績は必要かどうかについて、
お話していきたいと思います。

 

 

これからネットビジネスを始める、情報発信していくにあたって、
実績の有無を気にする人は非常に多いです。

 

実績がないというだけで、
ネットビジネスを始めるのを
諦めるという人までいます。

 

では、実績はネットビジネスに必要なのか?

 

実績はネットビジネスに必要なのか?

 

先に結論だけ言いましょう。

 

必要ないです

 

何の実績がなくてもネットビジネスは始められます。
何の実績がなくても情報発信は始められます。

 

実績がないのは、ネットビジネスを始められない、
諦める理由にはなりません

 

なぜなら、そもそも実績とは、
ゼロから作り積み上げるものだからです。

 

はじめから実績を持ってる人などいない

 

当然のことなのですが、
現在ネットビジネスで稼いでいる人は、
全員、間違いなく実績ゼロから始めたはずです。

 

ネットビジネスに役立つ実績を持っている人はいたでしょうが、
少なくとも、ネットビジネスで稼いだという実績を持っていた人はいません。

 

今、○○円稼ぎましたというような実績を前面に押し出している人も、
1円も稼いでない状態があったのです。

 

どんな人も初心者で実績ゼロという時期があり、
それを乗り越えて、今があるのです

 

なので、実績がなくとも行動することで、
ネットビジネスの成果を、0⇨1にすることができます。

 

この0⇨1が実績となり、
はじめて初心者で実績ゼロという状態を脱却できるのです。

 

実績ゼロから脱却する方法

 

とは言われても、そう簡単に不安はぬぐえないでしょう。

 

なので、実績ゼロから脱却するための方法、
あるいはすでに持っているかもしれない実績の探し方を紹介します。

 

  • 実績が必要ない方法ではじめる
  • 実績の基準をずらす
  • 自分の中にある実績になりえるものを見つける

 

この3つです。

 

実績が必要ない方法で始める

 

1つめは実績のない方法ではじめて、
ある程度の成果を出すことで、それを実績にする方法です。

 

何度も言いますが現在ネットビジネスで稼いでいる人は、
稼げない状態から稼げる状態になった人ばかりです。

 

なので、実績なんかなくても稼げる、
ネットビジネスの手法というものがあります。

 

この方法については色々あるのですが、最もおススメするのは、
アドセンスなどのクリック報酬型広告を使った、
アフィリエイトという方法です。

 

クリック報酬型広告のアフィリエイトについては、
別記事で詳しく解説しているので、
興味があれば読んでみてください。

 

 

この方法は、たった1つのことに集中して、
ひたすら行動するだけで、月に10万程度を稼げるようになります。

 

少し頭を働かせれば、数十万程度までなら稼げます。
やり方を変えると月100万の大台を超えることも可能です。

 

当然、実績などいりません。
やるかやらないかの単純な方法です。

 

ちなみにこのような方法を、
僕は行動型ネットビジネスと呼んでます。

 

 

本来ネットビジネスで稼ぐには、
頭を使う比率が大きいです。

 

頭脳労働>行動が理想で、
ネットビジネスで大きい金額を稼ぐ人は、
ほぼ例外なくこの形をとります。

 

ですが、頭脳労働<行動の形態をとる方法もあり、
これが行動型ネットビジネスです。

 

最低限必要なことさえ勉強すれば、
後は行動するだけである程度の成果を出せる方法です。

 

なので、ある程度の作業量を必要としますが、
実績ゼロで、初心者で、頭も使わず、作業も必要なしで稼ぎたいは、
どう考えても通用しません。

 

そんな人はどんな方法でも稼げないので、
潔く諦めましょう。

 

ですが、本気でネットビジネスで稼ぎたいなら、
まずは行動すれば稼げる行動型ネットビジネスで、
実績を作ってみてください。

 

実績の基準をずらす

 

2つめは実績の基準をずらすということです。

 

ネットビジネスの実績と聞くと、
なぜか稼ぐことが実績だと思う人が多いです

 

おそらく、ネットビジネスについての情報発信をする人が、
稼いだ金額を実績として押し出す人が多いからだと思いますが、
稼ぐことだけが実績になるわけではありません。

 

そもそも実績とは、誰かができないことができることです。

 

なので、例えばブラインドタッチ(キーボードを見ずにタイピングすること)
ができるなら、それを実績としてネットビジネスで稼ぐことは十分可能になります。

 

なのであまり実績を難しく考えず、
とりあえずできそうなことを練習したり勉強したりして、
できるようになることからはじめてみるのも、
1つの実績作りの方法です。

 

自分の中にある実績になりえるものを見つける

 

3つめは自分の中にある実績になりえる何かを見つけることです。

 

ようはあなたの強みを実績として、
ネットビジネスを始めようということです。

 

これについては別記事で詳しく書いているので、
よければ読んでみてください。

 

 

ここでは、自分の中の強みを見つける方法についてお話します。

 

  • 深く悩んできたことは何か
  • 熱意を持って取り組んできたことは何か

 

この2つの質問を、まずは自分に問いかけましょう。

 

 

まず深く悩んできたことについて。

 

生きていれば何かについて悩んだりしたことがあるでしょう。

 

少なくとも十数年以上生きてきて、
今まで何にも悩まず、順風満帆な人生を送ってきたということはないはずです。
(おそらく。)

 

そして、それを解決するためにいろいろ行動したり、
勉強したこともあるでしょう。

 

このような、悩みを解決した過程というのは、
立派な実績、情報発信のネタになります。

 

なぜなら、あなたが悩んだことで、
他の誰かも悩んでいるからです

 

悩みというのは自分だけの中にしかなく、
他の人は同じようなことで悩まないと、
多くの人は思います。

 

ですが、この日本という小さな島国の中にも1億以上の人が住んでいて、
その中の誰1人として同じ悩みを持ってない、オンリーワンの悩みなんてものは、
よっぽどのことがない限り、存在しないのです。

 

どこかの誰かは同じようなことで悩んで、
その解決策を探しているはずなのです。

 

そして、ネットの利点はどれだけ距離が離れていても、
どこかの誰かに情報を届けられること。

 

北海道に住んでいても、沖縄の人に情報を届けられます。

 

そんな悩み解決までの過程や方法を誰かが必ず求めていますし、
それをマネタイズできるのがネットビジネスです。

 

なので、悩み解決系の実績、強みが、
自分の中に無いかを探してみましょう。

 

 

次に、熱意を持って取り組める何かについて。

 

熱意があればゲームとかでもいいわけです。

 

ゲーム攻略ブログとか、あるいは攻略動画など、
ネット上で探せばいくらでも見つかりますよね。

 

例えば以下のユーチューブ動画を見てみてください。

 

※ユーチューブ動画はこちら

 

これはクレーンゲームの攻略動画ですが、
再生回数328万回以上あります。

 

そして、動画ページを見ればわかると思いますが、
動画が再生される前に広告が流れていますよね。

 

この流している広告から、
この動画の投稿者さんは広告収入を得ています。

 

再生回数328万ともなれば、結構な広告収入になりますし、
他にも多くの再生回数がある動画をアップしています。

 

つまりこの投稿者さんは、クレーンゲームという趣味を、
他の人が見てすごい、うまいと言われるまで極めて、
それを情報発信することでマネタイズ、稼いでいるわけです。

 

これも立派なネットビジネスです。

 

このようなネット出現前にはただの趣味以上にはなりづらかったものが、
ネットという世界では立派な実績になります。

 

熱意を持って取り組める、
取り組んできた何かがあれば、それを実績として稼ぐことも、
十分可能ということです。

 

なので、なんでもいいのでまずは情報発信してみましょう。
自分ではたいしたことがないと思っているものでも、
人から見たら実績と呼べる何かであることもあるからです。

 

自分を過小評価しないこと

 

ここまで、実績の見つけかたなどをお話してきましたが、
一番言いたいのは、自分を過小評価しないことです。

 

自分には情報発信できるような実績はない。
誇れるようなものは何もないという人の悩みを、
僕は結構な数、聞いてきました。

 

ですが、そういう人に限って、
探してみれば実績になりそうな経験や知識が、
ゴロゴロ転がっています。

 

多くの場合、人は自分を過小評価しているのです。

 

日本には行動や言葉はつつましい方が美徳という風潮があるので、
ある意味仕方ないことかもしれません。

 

ですが、それも過ぎれば、悪く言えば卑屈ということにもなりかねません。

 

なので、まずは自分を見つめなおしてみると、
実績となるものが見つかるかもしれませんよ。

 

 

では、今回はここまでです。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事