Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]の画像

どうも、コピーライターの水川です。

 

今回はグーグルアドセンスで稼ぐなら必ず読んでおきたい1冊。
【Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]】をご紹介したいと思います。

 

 

この本はのんくら(@matari39)さんという方が中心に執筆された、
グールアドセンスで稼ぐための戦略から細かいテクニック、マインドまで。

 

詳しく解説された本です。

 

ちなみに執筆者であるのんくらさんは月間最高670万PVのご経験があり、
アドセンスで稼ぎ続けています。

 

現在ではサイト作成やマネタイズのワークショップやセミナーを開催し、
人に教える活動も積極的に行っている方です。

 

そんなアドセンスマネタイズのプロとも呼べる方が、
[完全版]の名の通りサイト作成やマネタイズについて、
網羅的にわかりやすく執筆したのが今回ご紹介する本になります。

 

そしてこの本はアドセンスで稼ぎたい場合はもちろんですが、
検索エンジンからSEOでサイトに集客したいという場合にも、
1度は必ず読んでほしい本です。

 

 

というのも、そもそもグーグルアドセンスとは、
ネット集客のマネタイズの方法の1つ。

 

つまり、ネット集客する技術をお金に変える方法の1つなわけで、
アドセンスで稼ぐとはネット集客を身につけるということ。

 

そして、今アドセンスで稼ぐ方法として一般的なのがサイト、
ブログなどを使いSEOで検索エンジンから集客する方法。

 

なので、Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]は、
検索エンジンからサイトにSEOで集客する方法について、
詳しく解説された本なのです。

 

マネタイズの方法としてアドセンスを用いているだけで、
自分の商品やサービスを販売するために集客したい。

 

そんな場合にも、いくらでも応用がきく内容なのですね。

 

なので検索エンジンからの集客、SEOについて学びたい場合にも、
必ず1度は読んでみてほしい本になります。

 

では、内容の概要などについてお話ししていきます。

 

 

Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]はどんな本なのか

 

では、Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]はどんな本なのか。

 

名前の通りアドセンスで稼ぐための戦略やテクニックはもちろん、
稼ぐためのマインド、考え方などについても書かれた本になります。

 

まあ、同じようにアドセンスで稼ぐ方法を書いた本はいくらでもありますが、
この本の特徴は10年先も稼ぎ続けるサイト作成をコンセプトにしているところです

 

アドセンスで稼ぐというとちょっとしたお小遣い稼ぎ程度の手法や、
一時しか使えない方法論などを教える本や教材が多い。

 

そんな中でアドセンスで稼ぐことをきちんとビジネスとして捉え、
10年先でも安定して収益を生み出してくれる。

 

そんなサイト作成の方法を伝えるというコンセプトで執筆されたのが、
Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]という本なのです。

 

実際に読んでみましたが、コンセプト通り一時の手法ではなく、
長期間検索エンジンからアクセスを集められるサイト作成方法について、
わかりやすくまとめられていました。

 

また、この本が他のアドセンスマネタイズ本と一線を画するところは、
本の内容の方法論を実践して作成した実際のサイトを、
実例として公開しているところです。

 

先ほどお話ししたようにのんくらさんはサイト作成方法などを教える、
セミナーやワークショップを開催されています。

 

その参加者さんが教わった方法論などを実践し、
実際にうまく作られたサイトを実例として公開しているのです。

 

方法論として優れたことを書いている本というのは確かにありますが、
やはり方法論だけではわかりにくい、イメージしづらい部分もあるでしょう。

 

ですがこの本では実例のサイトを載せているため、
実際に方法論を元にしたサイトを研究することができます。

 

なので、ただ方法論を頭に入れるよりも、
数倍深い部分まで理解することができるのです。

 

いざ自分で実践しようと思ったときも、
実例をお手本として参考にすることができます。

 

 

稼ぎ続けるために長期間使えるサイト作成の方法を網羅し、
その実例を実際に載せることで理解も深められる。

 

それがこの本の最大の特徴になります。

 

Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]はどのような人が読むべきか

 

では、具体的にどのような人が読むと、
Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]を最大限いかせるのか。

 

まずはじめにお話ししておきたいのが、
この本はアドセンス中級者以上向けに書かれた本です。

 

執筆者であるのんくらさんもツイッターでおっしゃっていたことですが、
この本はこれからアドセンスで稼ごうとしている完全な初心者では、
理解できない部分が多々あります。

 

ワードプレスブログの開設方法がわからないという人や、
SEOの基本的な知識などもまったくないという人では、
そもそも本の内容を完全に理解することすら難しいでしょう。

 

なので、サイトを使ったアドセンスで少しでもいいから稼いだ経験がある。

 

あるいはSEOについて学んだことがあり、
少しでも検索エンジンから集客したことがある。

 

このような人じゃないと理解できない部分も多々でてくると思います。

 

ですがそのうえで、僕はこの本をアドセンス初心者、
ネット集客、SEO初心者のうちにまず1度読んでほしいと思っています。

 

 

というのも先ほどお話ししたように、
この本は10年先も稼ぎ続けるをコンセプトにした本です。

 

短期的ですぐに使えなくなるものではなく長期間安定したアクセスを集め続け、
アドセンスでのマネタイズを可能としたサイト作成方法をについて書いています。

 

そのため読んでからサイト作成するのと、読まずにサイト作成をするのとでは、
短期的には分かりづらくとも長期的に見ると成果の違いが一目瞭然になるでしょう。

 

なので、例え初心者で内容をいまいち理解できなくても、
とりあえず1読して内容を頭に入れておく。

 

そのうえで基本的なことなどを学びながらサイト作成をすると、
長期的に稼ぎ続ける、アクセスを集めてくれる。

 

そんなサイトを作ることができるようになります。

 

逆におすすめできない人は短期ですぐに成果を出したいという人や、
すぐに大きな成果を出したいと思っている人でしょう。

 

これは本の前書きにも書いてありますが、
「初心者がすぐに100万円稼げるようになる!」
というような夢を見せる本ではありません。

 

アドセンスをきちんとビジネスとして捉えたうえで、
長期的に安定した収益を生み出し続けるために必要なことを、
堅実に積み上げるための方法を書いた本です。

 

なので、アドセンスをきちんとビジネスとして実践し、
長期的に稼ぎ続けたい。

 

あるいは長期間安定した集客源を検索エンジン上に構築したい。

 

このような場合は必ず1度は読んでほしい本です。

 

逆に短期的な収益、ちょっとしたお小遣い稼ぎ目的、
一気に大きな成果を求めるような場合は向いてないでしょう。

 

 

Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]概要

 

では、内容の概要について少しお話ししていこうと思います。

 

Google AdSeseマネタイズの教科書[完全版]は、
Chapter_1~6の6章構成になっています。

 

各Chapter内容は以下のとおりです。

 

  1. 長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方
  2. アクセス数を安定させる「SEO戦略」
  3. 読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」
  4. 稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法
  5. 「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう
  6. 10年先も安定して稼ぐために

 

1つずつ解説していきます。

 

1・長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方

 

Chapter_1は長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方です。

 

短期的な需要の波があるものではなく、
長期間人が求めるようなテーマをはじめから選ぶことが、
長期的なアクセスを集めるサイト構成の基本となるということを話しています。

 

流行り廃りがなく、時代によって興味が移り変わるものでもなく、
長期に渡って興味を持ち続けられるテーマを選ぶこと。

 

テーマの選び方でアクセスが集まるかどうかが9割決まるというほど、
非常に重要なことを書いた章となっています。

 

具体的な基準や実際にそのようなテーマで作られた実例サイトも載っており、
わかりやすく内容を理解できるでしょう。

 

これを知っているのといないのでは、
作成したサイトに大きな違いがでる内容です。

 

アクセス数を安定させる「SEO戦略」

 

Chapter_2はアクセス数を安定させる「SEO戦略」。

 

検索エンジンからアクセスを集める、集客するうえで、
避けては通れないSEOについて解説した章です。

 

ちなみにこの章ではSEOの基本的なことはほとんど書かれていない、
SEOの基礎は身についていること前提の内容となっています。

 

例えばタイトルや見出しにはキーワードを含めるとか、
インデックスとは何なのかとか。

 

そういった内容は知っているものとしてキーワードの選び方や、
アルゴリズム(上位表示されるコンテンツを選ぶ基準のようなもの)の考察など、
SEO中~上級者向けの知識や情報が多くつまっています。

 

SEO初心者だと内容を理解できないところが多々出てくるでしょうが、
これを知ってからSEOを基礎から学んだほうが、結果的に早く身につくでしょう。

 

読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」

 

Chapter_3は読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」。

 

この章の内容をざっくりまとめると、
読者に好かれるサイトは検索エンジンにも好かれ、
結果的にアクセスが集まるということが書いてあります。

 

というのも検索エンジン、例えばグーグルもそうですが、
「検索エンジン利用者に価値ある情報を届けることを目指す」と、
一貫した信念のようなものがあります。

 

この検索エンジン利用者に有益かどうかを判断する基準がアルゴリズムです。

 

そしてこのアルゴリズムは読者に好かれるサイト、
例えば多くのコンテンツがきちんと読まれる、
サイトに多くの人が再訪問してくれるなど。

 

そういったものを高評価するように常に改善を繰り返しています。

 

なので、サイト読者に好かれよく読まれるようになれば、
アルゴリズムで評価されるようになる。

 

アルゴリズムに評価されたサイトやコンテンツは、
検索エンジンに上位表示されアクセスを集めます。

 

つまり、サイト読者に好かれることは結果として検索エンジンにも好かれ、
安定したアクセスを集めてくれるのです。

 

ですが、大抵のSEOの知識やテクニックは、
検索エンジンにのみ好かれる、評価されるもの。

 

あるいはサイト読者にのみ好かれるものと、
かたよったものが多いのですよね。

 

ですがここではサイト読者にきちんと好かれ、
かつ検索エンジンにも評価される。

 

バランスの良いサイト作成の方法やテクニックについて書かれています。
実際に作成された実例サイトも載っているのでわかりやすいですよ。

 

稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法

 

Chapter_4では稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法。

 

この章ではサイトにアクセスを集める方法論ではなく、
サイトに集まるアクセスをアドセンスでマネタイズする方法について、
詳しく解説されています。

 

ちなみにこの章の担当者はのんくらさんから、
石田 健介という方に変わっています。

 

石田さんは実際にGoogle株式会社に務められていて、
元はAdSenseチームにいたという経歴を持っている方です。

 

そんな実際の現場を知っている石田さんが、
アドセンスというクリック報酬型広告の使い方について、
詳しく解説されています。

 

「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう

 

Chapter_5は「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう。

 

ここでは担当者がa-kiという方に変わっています。

 

a-kiさんは2016年に開催された「10年先も生き残るアドセンス戦略セミナー」で、
のんくらさん、石田健介さんと共に講師を努めた経歴があります。

 

オーソリティーサイト作成方法の電子書籍なども出版されており、
オーソリティーサイト作成について詳しく研究、実践されている方です。

 

ちなみにオーソリティーサイトとは、
「〇〇を調べるならこのサイト!」と呼ばれるサイトのことです。

 

例えばダイエットを調べるならこのサイトしかありえない、
このサイトだからこそ信用できる、読みたくなる。

 

そう言われるぐらいを目標としたサイトのことを言います。

 

そのための方法や考え方、サイトやコンテンツの作り方について、
詳しく解説しているのがこの章です。

 

当然ですがオーソリティーサイトとして信頼と権威を得れば、
その分野に興味があるアクセスを集め続けることができます。

 

Chapter_1の長期間アクセスを集めるテーマで、
オーソリティーサイトを作成することで、
長期間その分野で安定してアクセスを集める。

 

そんなサイトを作成することができる、
そのための方法を解説しているのですね。

 

a-kiさんも実際にギターについてのオーソリティサイト、
「a-ki's factory」を作成、運営されています。

 

ギター初心者がギターを知るならここ!
と言えるぐらい作り込まれたオーソリティーサイトです。

 

オーソリティーサイトとはこういうものかと参考になるので、
ぜひ見てみてください。

 

※ギターのオーソリティーサイト「a-ki's factory」

 

10年先も安定して稼ぐために

 

Chapter_5、最終章は10年先も安定して稼ぐために。

 

10年後も稼ぎ続けるための考え方や価値観といった、
マインドを中心に書かれた章になります。

 

長期間稼ぎ続ける、アクセスを集め続けるサイトを作成するうえで、
立ちふさがる心理的な壁や持つであろう悩み。

 

それを乗り越える、解消する考え方や価値観について解説しています。

 

 

方法論やテクニックもたしかに大事ですが、
結局最後に重要となるのはそれらを活用する自分自身。

 

活用し決断を下す自分の心理、考え方や価値観です。

 

ここがブレなければ長期間稼ぎ続ける、
ビジネスとしてきちんと活動してくことができるでしょう。

 

逆にここがブレると途中で諦めたり、
短期的な手法でよしとしてしまったりします。

 

マインドは方法論やテクニックを活用する自分の根幹。
方法論やテクニックの上位に位置するものなのでかなり重要なのです。

 

マインドを根性論とか意味ないものと考える人も多いですが、
成果を出すうえでは必須なもの。

 

なので、こうしてきちんと解説してくれているのは良いですね。

 

長期間、安定した成果を求めるなら読んでおきたい本

 

ここまでGoogle AdSeseマネタイズの教科書[完全版]について、
読むべき人や内容の概要などいろいろお話ししてきました。

 

最初の方から一貫してお話ししていますが、
この本は長期間安定した成果を求める。

 

ビジネスとしてアドセンスで稼ぎ続け、
収益源としてきちんと作り込みたい。

 

あるいはアドセンスでマネタイズしなくとも、
安定した集客源を検索エンジン上に構築したい。

 

このような場合は必ず1度は読んでほしい本です。

 

方法論やテクニックについて書かれた本や教材は星の数ほどありますが、
10年先も安定して成果を出し続ける。

 

きちんとビジネスとして活動し続ける方法を書いた本はなかなかありません。

 

それだけにGoogle AdSeseマネタイズの教科書[完全版]は貴重な1冊なので、
ぜひ1度手に取り読んでみてほしいと思います。

 

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事