検索意図という目的

どうも、コピーライターの水川です。

 

今回はSEO、検索エンジンで上位表示を狙うなら必須な、
検索意図についてお話ししようと思います。

 

 

ブログやサイトを上位表示させるうえで検索意図を正しく理解し、
実際にそれを把握する方法を知っておくことは必須。

 

もし、この検索意図という概念を持ってなかったとしたら、
狙ったキーワードで上位表示するのはほぼ不可能です。

 

それぐらい重要なものなので、今回は検索意図とは何なのか、
どのように活用するのか、把握方法などを、
1から解説していこうと思います。

 

検索意図とは

 

ではまず、そもそも検索意図とは何のかについて。

 

検索意図とは、検索エンジンユーザー(利用者)がどのような意図、
目的をもって検索してくるのかについての答えになります

 

あなたも検索エンジン、例えばGoogleなどで、
キーワードを入力して検索したことがあるはずです。

 

そして検索するのときは基本的に、何らかの目的がありますよね。

 

何かについての情報がほしい、わからない単語の意味を調べたいなどなど。

 

何か手に入れたい、知りたい情報があるから検索するはずです。

 

このように人が検索するときの目的のことを、検索意図といいます。

 

なぜSEOでは検索意図を把握することが必須なのか

 

ではなぜSEO、検索エンジンで上位表示させるためには、
検索意図を把握することが必須なのか?

 

それは、検索エンジンは常に検索エンジンユーザーの検索意図を重視し、
それを満たすためのページやサイトを上位表示させるよう努力しているから。

 

ようは、検索意図を満たせないページやサイトは上位表示の競争の、
スタートラインに立つこともできないということです

 

 

というのも、検索エンジンユーザーが検索エンジンを利用するときは、
何らかの目的があるはずだと先ほどお話ししましたよね。

 

ではもし、検索エンジンを利用したとして、
その目的がすぐに達成できなかったらどうでしょう?

 

例えば、あなたは何かの情報が知りたくて検索したのに、
そのためのページやサイトがすぐに見つからない。

 

5ページぐらい探し回ってようやく見つかった、
みたいな事態に直面したとしたら。

 

おそらくですが、その検索エンジンに対して不便さを感じますよね。

 

情報を探すうえでその検索エンジンを利用したいとは、
おそらく思えないはずです。

 

そして、そのように不便な検索エンジンだと、
検索エンジンを利用したいと思っている人は減る。

 

利用者が減ると検索エンジンの運営側、例えばGoogleなどは、
検索エンジンから収益を得ることが難しくなります。

 

当然、そのような事態は避けたいはずですから、
利用者がすぐに目的を達成できる。

 

すぐに目的の情報が見れるように、検索意図を満たすモノを、
なるべくはじめの方に表示させたいと考えます。

 

実際、例えばGoogleは常に検索エンジンユーザーに価値あるモノ。

 

ようは検索意図を満たせるものを上位表示させるよう、
常に努力すると公言しています。

 

なので、上位表示させたいサイトやページを作るうえで、
検索意図を満たせるように作ることが絶対に必須なのですね。

 

検索意図を把握する方法

 

ここまで検索意図とは何なのかから、なぜ上位表示させるうえで、
検索意図が必須なのかまでをお話ししてきました。

 

では、具体的にどのように検索意図を把握するのかについて、
ここからはお話ししていきましょう。

 

 

まず、検索意図を把握する唯一の方法は、
"リサーチ"であるということを知ってください

 

例えばGoogleで何らかのキーワードで上位表示させたいなら、
実際にそのキーワードの検索結果をリサーチすること。

 

それ以外には、検索意図を把握する方法はありません。

 

これには2つの理由があります。

 

1つめは、上位表示させるうえで検索エンジン以上に、
検索意図を理解しているものはないからです。

 

例えばGoogleは年に2兆回、何かを検索されていると言われています。

 

あらゆる人があらゆるキーワードで、年に2兆回Googleで検索し、
何らかのサイトやページを見ている。

 

そして、Googleはあるキーワードで検索されたとき、
どのようなサイトやページがよく見られているのかを把握し、
そのデータを蓄積し続けています。

 

つまり、検索エンジン以上に検索意図について、
情報を持っている人やモノは存在しません。

 

なので、検索結果をリサーチすること以上に、
検索意図を把握する最適な方法はない。

 

ただ、「そんなこと言っても上位表示されているサイトなどが、
自分の知りたいことじゃないこともよくあるじゃないか」。

 

このように思うかもしれませんが、これもまた正しい意見です。

 

検索エンジンはまだまだ不完全なため、検索意図を完全に、
正しく把握しきることはできません。

 

それに、例えば同じキーワードで検索する人が2人いても、
その両者が同じものを求めているとは限りません。

 

なので検索結果はあくまでも、あるキーワードに対して、
より多くの人に見られているかどうかの統計的な結果にすぎず、
それが万人の検索意図を満たすわけではないということです。

 

ですが、例えそうだとしても上位表示するサイトやページを決める。

 

例えばGoogleで上位表示するサイトやページを決めるのは、
当然ですがGoogleです。

 

Googleがアルゴリズムと呼ばれるものを利用して、
サイトなどを評価し、上位表示するものを決めます。

 

なので、仮にGoogleで上位表示させたいのだとしたら、
それが実際の検索意図とズレがあったとしても、
Googleのアルゴリズムにある程度従う必要があるのです。

 

そのためには、実際に上位表示されているサイトなどを見て、
どのようなものが評価を受ける傾向にあるかを知る必要がある。

 

これが、リサーチが最適な方法である2つめの理由です。

 

 

では理由をお話ししたところ実際のリサーチ方法について、
詳しくお話ししていきましょう。

 

  1. 検索結果からある程度、検索意図を絞り込む
  2. 上位表示されているサイトやページから詳細を掴む

 

検索意図を把握するためのリサーチ方法には、
基本的にこの2段階があります。

 

検索結果からある程度、検索意図を絞り込む

 

まず検索結果からある程度、検索意図を絞り込みます。

 

以下の画像を見てください。

 

【アフィリエイト 稼ぎ方】の検索結果
検索結果の画像

 

これは、Googleで【アフィリエイト 稼ぎ方】で検索したとき、
上位1~3位に表示されているものの検索結果です。

 

上の黒枠は広告、下の赤枠が実際の検索結果になっていますが、
検索意図を把握するうえで広告は無視しても構いません。

 

重要なのは下の3つの検索結果。

 

これは、Googleが【アフィリエイト 稼ぎ方】の検索意図を、
最も満たすことができていると判断したサイトやページです。

 

そして、この上位3つのタイトルやその下の文章などを見ると、
その全てがアフィリエイトで稼ぐ方法についてや、
稼ぐために必要なことを書いているのがわかります。

 

つまりは、【アフィリエイト 稼ぎ方】で検索する人の検索意図は、
アフィリエイトで稼ぐ方法を知りたいというものであると、
ざっくりとですが絞り込むことができるのです。

 

まあ、今回はキーワードからして検索意図がわかりやすかったですが、
全てのキーワードが必ずしもわかりやすく表示されているとは限りません。

 

以下の、別のキーワードでの検索結果の画像を見てください。

 

【アフィリエイト ブログ】の検索結果
検索結果の画像②

これは、【アフィリエイト ブログ】で検索したときの、
上位1~4位までの検索結果です。

 

この4つのタイトルなどを見てみると先ほどと違い、
サイトやページに一貫性がないのがわかると思います。

 

1位は儲かっているブログ、ブログの成功例について。
2位と4位はアフィリエイトで稼ぐ方法について。
3位はアフィリエイトでオススメな無料ブログについて。

 

このように、一見して検索意図がばらけている場合は、
どうすればよいのか?

 

まず、全てに共通するものを見つける。

 

今回の4つのページならアフィリエイトは基本的に稼ぐ方法であり、
加えてその全てにブログで稼ぐために必要なことという要素があります。

 

なので、アフィリエイトとブログで稼ぐのに必要なことという検索意図がある。

 

ただ、その要素の詳細がバラけているのが問題なわけですが、
このような場合、基本的には1位を基準に考えると良いでしょう。

 

検索結果で1位に表示されているということは現時点で検索意図を、
最も満たしていると検索エンジンに判断されているということ。

 

なので、1位であるアフィリエイトブログの成功例、
稼いでいるブログの実例が検索意図を満たす要素であると言えます。

 

つまり【アフィリエイト ブログ】で検索してくる人は、
アフィリエイトとブログで稼ぐことに必要なことに加えて、
実際に稼いでいるブログについて知りたがっている。

 

これが、このキーワードの検索意図ということです。

 

 

以上、検索結果からある程度、検索意図を把握する方法について、
実例を元にお話ししてきました。

 

これを参考に自分が上位表示したいキーワードで、
検索意図の概要を把握してみてください。

 

上位表示されているサイトやページから詳細を掴む

 

検索意図の概要を把握したら、実際のサイトやページ内容から、
より詳細な検索意図を把握していきます。

 

とはいえ方法は、実際にサイトやページを開いてみて、
中を読み込んでいくだけ。

 

具体的には以下の3つのポイントを段階的におさえて、
読み込んでいきます。

 

  1. そのサイトやページは誰に向けて作られているか
  2. そのサイトやページはどこに連れて行こうとしているのか
  3. そのサイトやページはそのために何を提供しているのか

 

そのサイトやページは誰に向けて作られているか

 

まず、そのサイトやページが誰に向けて作られているかを把握します

 

先ほどから何度もお話ししていることですが、
検索意図とは検索エンジンユーザーの目的。

 

何らかのキーワードで検索してくる人が、
何を目的として検索してきたのかの答えになります。

 

そしてこの答えを知るためには、当然ですが検索エンジンユーザー、
誰が検索してきたのかを知ることが必須です。

 

誰が検索してきたのかがわからないのに、
何のために検索してきたのかがわかるはずもありません

 

なので、まずは上位表示されているサイトやページが、
誰に向けて作られているのかを知る。

 

そうすることで、そのキーワードで検索してくる人が、
どのような人であるかの詳細をある程度知ることができます。

 

それがわかれば、自然とその人が目的としているもの、
検索意図の詳細も見えてくるでしょう。

 

まずは、誰がを把握すること。

 

検索意図を把握していくうえで、これは必ず意識しておいてください。

 

そのサイトやページはどこに連れて行こうとしているのか

 

そして、誰がを把握できたら次は"どこへ"を見つけます。

 

上位表示されているサイトやページは検索エンジンユーザーを、
どこへ連れて行こうとしているのかです

 

例えば先ほどの【アフィリエイト 稼ぎ方】というキーワードなら、
誰がはアフィリエイトで稼ぎたいけど現時点では稼げてない人。

 

この、アフィリエイトで稼ぎたいけど現時点で稼げていない人を、
そのサイトやページを読んでもらうことでどこへ連れていきたいのか?

 

【アフィリエイト 稼ぎ方】なら当然、アフィリエイトで稼げるようになる、
あるいはそのきっかけを掴んでもらうことが連れていきたい場所。

 

このような連れていきたい場所がわかれば検索エンジンユーザーの目的、
何のために検索してきたのかがわかる。

 

つまりは検索意図の詳細がわかります。

 

そのサイトやページはそのために何を提供しているのか

 

誰がを把握して検索エンジンユーザーを知り、
どこへを把握して目的である検索意図の詳細を把握したら。

 

最後にそのために何を提供しているか。

 

検索エンジンユーザーが検索意図という目的を達成するために、
サイトやページはどのような情報や知識などを提供しているかです

 

【アフィリエイト 稼ぎ方】ならアフィリエイトで稼げるようになるために、
どのような内容を提供しているのか?

 

これを知ることできれば、検索エンジンユーザーの検索意図に加え、
検索意図を満たすためには何を提供すればよいのか。

 

どのような知識や情報が目的達成に必要なのか、
必要だと思われているのかがわかります。

 

つまりは、検索エンジンユーザーが求めているものを細かいところまで、
ある程度把握できるということです。

 

 

以上、誰が、どこに、何を、の3つのポイントについて解説しました。

 

3つのポイントをおさえて上位表示させたいキーワードでリサーチを行い、
それを自分のサイトやページに落とし込んでみてください。

 

検索意図を把握することで人に向けて作るという意識を持とう

 

今回、検索意図の概要から把握する方法まで一通りお話ししてきました。

 

最初にもお話ししたとおりSEOで検索意図は必須なので、
ぜひ以上を参考に検索意図を把握することを意識してほしい。

 

何より、検索意図を把握することで人に向けて、
誰かに向けてサイトやページを作るということを、
必ず意識しておいてほしいと思います。

 

というのも、先ほどもお話ししましたが上位表示を決めるのは、
検索エンジン側、検索エンジンのアルゴリズムです。

 

で、このアルゴリズムってAI、ロボットのようなもので、
ようはSEOとは検索エンジンというAIを攻略するもの。

 

そのせいで、SEOを知るほど人に向けてサイトなどを作るのではなく、
検索エンジンというロボットに向けて作るようになっていきます。

 

しかし、確かに上位表示させるのは検索エンジンですが、
上位表示されたサイトやページを読むのは人です。

 

仮に検索エンジンに向けて最適化して作ったサイトでも、
それが人に向けて配慮していないものとなったなら。

 

当然ですが、きちんと見てもらうことはできない。

 

見てもらうことができないと価値のないものと判断され、
すぐに順位を下げることになります。

 

ようは、検索エンジンにのみ配慮したものを作ると、
最終的には検索エンジンに嫌われるものができる可能性が高いのです。

 

なので、今回お話しした検索意図をきちんと把握することで、
検索エンジンを利用する人に向けて作るという意識を、
まずは持ってみてください。

 

それが結果的に、検索エンジンに評価されることにも繋がりますよ。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事