努力の方向性がバラバラ

どうも、コピーライターの水川です。

 

今回は努力は報われないから無意味の真実。
本当の意味についてお話ししようかと思います。

 

 

一昔前、努力することそのものが大切であり、
努力しないことはそれだけで罪だとでも言うような。

 

そんな時代もありました。

 

『努力は必ず報われる』というのが定説であり、
努力しないことは怠惰だと考えられていた時代です。

 

ですが近年ではその逆で、努力することが無意味だと。
そう感じる人が多くなったように思います。

 

『努力は必ず報われるわけではない』が定説となり、
努力することに意味を見いだせない。

 

ですが、これは間違いです。
ただし、『努力は必ず報われる』も間違いです。

 

というより、どちらも足りないのです。

 

努力が報われないのは報われない努力をしているからで、
努力が報われるのは報われる努力をしているから

 

努力にも質がある

 

ようは、努力にも質があるのです。

 

質の高い、報われる努力をすれば報われますし、
質の低い、報われない努力をすれば報われません。

 

北にある目的地に行きたいのに南に進んでいては、
いくら努力して進んでもたどり着けませんよね。

 

極端な話しと思うかもしれませんが努力は無意味となげく人。

 

特に今まですごい努力してきたけど報われなかったという人は、
高確率でこの極端とも思える無駄な努力をしている場合がほとんどなのです。

 

なので、努力して報われたいと思うなら、
報われる質の高い努力をすることが大切になります。

 

そもそも努力それ自体は誰でもできるもの

 

と言われても、納得しづらいかもしれません。

 

本当に質の高い努力をすれば報われるのかと思うでしょう。

 

あるいは質なんか関係ない、努力すること自体が大切、
努力量さえ増やせば報われる時は必ずくると思うかもしれません。

 

しかし、これを言うと反感を買う可能性が高いのですが、あえて言います。

 

そもそも努力自体は誰にでもできる、ありふれたものです。

 

やりたこと、達成したい何かがあって、
それを絶対に達成するという熱意があるなら、
そのために努力することは誰でもできます。

 

ちなみにもし、努力そのものができないというなら、
それは努力する目的がないからです。

 

達成したいと思える、たどり着きたい場所がないのだから、
努力そのものができないのは当たり前。

 

本当の自分の望みがはっきりしていない場合は、
努力するしない以前の問題なのです。

 

と、話しがそれましたので本題に戻りましょう。

 

とにかく、目的と熱意があるなら努力それ自体はできるのですが、
それが報われるかどうかは努力の内容にかかっています。

 

それがはっきりわかるのが起業、
自分でビジネスをする場合です。

 

 

例えば起業して雇われずに、自分のビジネスで稼ぎながら生活したい。

 

そんな目標があって、それに対する熱意もあるなら、
今すぐにでも努力し始める、行動することができるでしょう。

 

ですが起業して5年以上ビジネスを維持し続けられる人は、
どれぐらいの割合か知っていますか?

 

いろいろデータがあるのですが、だいたい1割前後。

 

つまり、同じ時期に100人起業したとしたら5年後には、
90人前後がビジネスを維持できずに挫折してしまうということです。

 

では、この挫折してしまった90人は努力しなかったのかというと、
そんなはずはありませんよね。

 

変わってきたとはいえ、まだまだ雇われることが当たり前。

 

そんな価値観が根強い中、自分でビジネスを生み出し、
起業という行動に移した。

 

それだけでも、並々ならぬ熱意と努力があったでしょう。

 

起業した後だって、そんな熱意と努力で生み出したビジネスを、
自分からつぶしたいと思う人はいないはずです。

 

維持するために様々な努力をしたことでしょう。

 

それでも、9割の人は挫折するのです。

 

努力したにも関わらず成果が出せなかった人、
維持しようと努力しすぎて体を壊す人。

 

様々な人が様々な理由で挫折してしまうのです。

 

そしてこの事実が、努力には質があることを物語っています。

 

挫折してしまう9割と挫折しない1割が等しく努力している、
努力することそれ自体は皆やっている。

 

それでも挫折する人としない人にわかれる、差が出るのなら、
努力には間違いなく質が存在するのです。

 

努力すること自体が大切で報われるのではなく、
質の高い努力をすることが大切で報われる

 

もし起業して5年以上、自分のビジネスで生活していきたいなら、
1割の人がやっている質の高い努力をする必要があるということです。

 

 

ちなみに、努力は質より量だと言う人がいますが、
これも間違いだと考えています。

 

先ほどもお話ししましたが、北にある目的地に向かいたい人が、
南にどれだけ努力して進んでもたどり着くのは不可能でしょう。

 

それと同じで報われない努力をいくら続けても、
目的を達成できることはありません。

 

量をこなすにしても最低限の質がなければ、
決して成果が出ることはない。

 

量をこなして成功したという人は意識していたかはどうあれ、
報われる最低限の質の努力を積み重ねたから成功できたのです。

 

努力における質とはなんなのか

 

ここまで努力には質があり、
報われないのは報われない努力をしているから。

 

このようなお話しをしてきました。

 

では、今回たびたびお話ししてきた、努力における質とはなんなのか?
これについて少しお話ししようと思います。

 

まず、努力の質で絶対に外せないポイントが努力の方向性。

 

つまり、『きちんと目的に向かう努力をしているか?』になります

 

これが最も重要で、努力しても報われないという人は、
そもそも目的に向かう努力をしていないことがほとんどなのです。

 

これについてお話しする時に、
僕はよくブログとアドセンスで稼ぐことを例に出します。

 

 

アドセンスとはクリックされるだけで報酬が発生する広告で、
それをブログに貼り付けて稼ぐという方法です。

 

で、この方法で稼ぐのに重要なポイントは2つあります。

 

ブログにアクセスを集めることと、
クリックされやすいアドセンスの配置を考えることです。

 

それだけを意識して行動、努力すれば、
ブログ+アドセンスで稼ぐのはそこまで難しいことではありません。

 

特にブログに多くのアクセスを集めることができたら、
アドセンスの配置は最低限揃っていれば、ある程度は稼げるのです。

 

ではブログにアクセスを集めるにはどうするのかといいますと、
最低限おさえるべきことをおさえて、ひたすら記事を書く。

 

とにかく、はじめはきちんとした記事を増やして、
ブログにアクセスを集める努力をすることが必要になります。

 

ちょっと長くなりましたが、ようはブログとアドセンスで稼ぐなら、
記事を書くことに力を注ぐ、努力すれば成果が出るのです。

 

にもかかわらず、なぜかそれ以外のことに力を注ぐ人が多く、
例えばデザインだったり、CSSやHTMLだったりに力を注ぎます。

 

ですが、ブログ+アドセンスで稼ぐという目的を達成するのに、
それは報われない努力、成果に向かわない努力なのです

 

デザインやCSS、HTMLをいくら勉強しても、
記事を書かなければブログにアクセスは増えないから。

 

アクセスが増えなければアドセンスで稼ぐのは不可能だからです。

 

 

と、このように目的に向かわない努力では、
当然ですが目的を達成することはできません。

 

なので、報われる質の高い努力で絶対に外せないのが、
『そもそも自分は何を得たい、達成したいのか?』を明確にすること。

 

そのうえで、その明確な目的や目標のために、
必要となるポイントはなんなのかを知ること。

 

そして、その必要なポイントにだけ力を注ぎ、
他のすべてを切り捨てることが質の高い努力ということです

 

目的地を明確にし、目的地までの移動手段を確保し、
脇道にそれずひたすらまっすぐ進み続ける。

 

それが努力における質、報われる努力です。

 

 

そしてもし、努力したのに報われなかったという経験があるなら、
その努力を振り返ってみてください。

 

  • 達成したい目的などは明確だったか?
  • それを達成するために必要なポイントは把握していたか?
  • 達成するために必要なポイント以外に力を注いでなかったか?

 

もし、このうちのどれか1つにでも当てはまるのなら、
厳しいことを言いますがそれは報われない努力。

 

報われぬべくして報われなかったのです。

 

大切なのでもう1度言いますが、ただ努力することは、
ありふれた誰でもできること。

 

その努力を報われるものにするかどうかは、
質の高い努力をするかどうか。

 

きちんと目的地に向かう努力をするかどうかにかかっているのです。

 

努力の大切さを説くだけで、その方法を教えてくれない人が多いのが現状

 

今回、努力についていろいろお話ししてきました。

 

努力は誰にでもできるありふれたものだ、などともお話ししてきたので、
もしかしたら僕のことを努力否定派なのかと思ったかもしれませんが逆です。

 

なにか得たいもの、成し遂げたいことがあり、達成したいと思うなら、
それは努力なしではありえないというのが僕の基本的な考え方。

 

努力することは大切だと思っています。

 

しかし、多くの人は努力することそのものが大切である、
ゆえにひたすら努力しろと説く場合が多いですよね。

 

努力は大切だ、努力することはそれだけで尊いことだ、
努力さえしていれば必ず報われるのだと。

 

この考え方はある意味仕方がないことではあります。

 

この世界には努力することで成功する美談や、
努力する姿そのものを尊く見せるような演出が溢れている。

 

そのせいで、努力することそのものが神聖なものであるように感じ、
周りの人にその神聖感を押し付けるのです。

 

幼い頃から、大人になってからも、
両親や学校、会社などの周りの人に努力の大切さや尊さについて教えられた、
語られたことがあるという人は多いでしょう。

 

そうして努力そのものは大切だという価値観が知らずに植え付けられ、
それをまた周りに広げていくことになります。

 

しかし、努力する姿は確かに尊いと感じるかもしれませんが、
それは見てるだけだからです

 

例えばスポーツの試合で応援している側が、
必死に勝とうと努力する姿を見たら沸き立つでしょう。

 

仮にその試合で負けた姿を見ても悔しさ以上に、
健闘と努力をたたえる気持ちが大きくなるでしょう。

 

でも試合に臨んだ、試合を行った本人は、
負けたことに大きな悔しさを感じる。

 

試合での努力、試合までに積み重ねた努力をもってしても、
勝利という目的を達成することはできなかった。

 

きっとやるせない気持ちで一杯になるでしょうし、
意欲が残っているなら次は絶対に負けないとなるでしょう。

 

そして、そのためにまた努力するのです。

 

報われるために。

 

ですが、もしその努力が報われぬ努力であるなら、
決して報われることはありません。

 

今回お話ししてきたように努力が報われるには、
質の高い努力をすることが必要だからです。

 

ですが、多くの人は努力そのものを過大に評価し、
そもそも努力にも正しい方法があるということすら知らない。

 

知らないものは教えられるはずもなく、
ひたすら努力すること自体が大切だという価値観を広める。

 

その価値観に染まった人が報われぬ努力をして、
努力することは無意味だと、報われないものだという価値観を持つ。

 

それが広まっているのが現状だと僕は考えています。

 

なのでそんな現状を、そんな現状に苦しんでいる人を。

 

努力なんて報われないと諦めている、
努力が報われなかったとなげいている、
努力に意味を見いだせないことに。

 

少しでもそんな状態であるなら、
それを変えられたらと思ってこの記事を書きました。

 

反感を覚えるような、感情が受け入れられない内容もあったでしょうが、
今回お話ししたことは努力の真実です。

 

努力そのものは誰にでもできるありふれたものであり、
報われたいなら質の高い努力が必要である

 

この真実が、少しでも努力に対する印象を、
努力に対する考え方を変えるきっかけになればと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事