フリーランスとして理想の道

どうも、コピーライターの水川です。

 

この記事ではフリーランスとして活動していく前に、
絶対に決めておきたい2つのことについてお話ししていきます。

 

 

自由な働き方の普及や、
就職=一生安泰の崩壊が現実味を帯びてきている現代。

 

フリーランスとして雇われず自分でビジネスして稼いでいく、
という選択肢を取る人が増えてきました。

 

中には就職を経験せずにそのままフリーランスになる!
というような人もいますね。

 

そういう僕自身も就職を経験せずにフリーランスになった1人なのですが、
なってみて思ったのが、方向性が曖昧だと成果を出すのは難しいということです。

 

挑戦、行動はたしかに大事ですし、どんどんしてほしいと思いますが、
フリーランスとしての方向性が曖昧だと進むべき道がわかりませんし、
勢いだけでは乗り越えられない壁というのもあります。

 

なので、今回はフリーランスとして活動する前に、
最低でもこれだけは決めておいたほうが良いもの。

 

フリーランスになる前に決めておきたい2つのことについて、
詳しくお話ししていきたいと思います。

 

フリーランスになる前に決めておきたい2つのこと

 

では、結論からお話ししましょう。

 

  • フリーランスになった目的
  • 自分は何を売って(提供して)いくつもりなのか

 

この2つが、フリーランスになる前に決めておきたいことです。

 

フリーランスになった目的

 

1つめ、まず真っ先に決めておきたいのが目的です。

 

フリーランスという働き方が普及してきたとはいえ、
まだまだ就職が当たり前という価値観は根強くあります。

 

そんな社会の中であえてフリーランスになることを選んだ、
自分自身の本当の目的、望みをまずは明確にするのです

 

 

というのも、フリーランスは自由な職業とも呼ばれるように、
どんな働き方をするのも、そもそも働くか働かないかを決めるのも。

 

全てが自由、あなた自身の意思1つで決まるものです。

 

とれる道は無数にあり、どんな道を選んでも進んでも良い。

 

ですが、とれる道が無数にあるということは、
迷いやすいということです

 

自分では進んでいるつもりでも実は戻っていたり、
同じような場所をぐるぐる回っているだけだったり。

 

フリーランスではそんな迷子状態になってしまいやすのです。

 

なので目的というゴール、目指すべき場所が必要になります。

 

明確な目的地を定めることで、
目的地に繋がる道だけを取捨選択できるようにする。

 

そうすることで、フリーランスとしてしっかりと前に進むことができ、
きちんと充足した活動をしていくことができるようになります。

 

 

では、具体的にどのように目的を定めるのかですが、
別に何でも良いのです。

 

先程もお話ししましたがフリーランスは自由な職業。

 

この自由とは目的における自由のことであり、
あなたはフリーランスとして向かいたい場所を自由に選べます。

 

単純にお金を稼ぎたいでも良いし、自由な時間がほしいでも良い。

 

自分のスキルや知識を存分に活かしたいでも良いし、
力になりたい人の力になるでも良いのです。

 

何でも良いのですが決めるうえで意識してほしいことは、
目的は変わっても良いということ。

 

というか、常に目的を更新し続けることです

 

例えば、最初は多くお金を稼ぎたいという目的でも、
活動していくうちにいろいろな経験を積み、
考え方や価値観が変わっていくこともあるでしょう。

 

いつの間にかお金という目的が、
どうでも良くなることもあるかもしれません。

 

ですが、このどうでも良いという状態を放っておくと、
目的がなくなる、ゴールがなくなるので、
道を取捨選択できず迷いやすくなります。

 

なので、新たな目的を設定、更新し続けることで、
目的地を明確にし続け、進むべき道を常に取捨選択できるようにするのです。

 

 

フリーランスとして活動していくうえで、
道を取捨選択し迷わず進めるという状態を維持する。

 

これが最も難しいことです。

 

なので更新することを前提に、
まずはフリーランスとして活動する目的。

 

これをしっかり定めるようにしましょう。

 

自分は何を売って(提供して)いくつもりなのか

 

2つめは自分は何を売っていく、提供していくつもりなのか。

 

フリーランスとして雇われずに活動する以上、あなたが稼げるか、
生活できるかはあなた自身の活動次第。

 

正確にはあなたが活動することで生み出す価値次第です。

 

ビジネスとは価値とお金の交換であり、
お金を得るためには価値を生み出す必要があります。

 

つまり何を売るのか、提供するのかというのは、
どのような価値を生み出すのかということ

 

あなたはどのような価値を生み出していくつもりなのかを、
ある程度でも定めないといけません。

 

でないと、フリーランスとしてお金を得ることができない、
生活することができないからです。

 

そして、この生み出す価値を定めるうえで、
絶対に意識しておきたいことがあります。

 

生み出す価値とはモノではなく、状態であるということです

 

 

例えばですが、僕はコピーライターとして、
商品やサービスが良く売れるようにするための、
セールスレターという文章を書いたりします。

 

セールスレターなどの文章を書くことでお金を得ているのですね。

 

これをそのまま見ると、僕は文章という価値を生み出し、
その対価としてお金を稼いでいるように見えるでしょう。

 

ですが、実際は違います。

 

僕がセールスレターで生み出している価値は、
セールスレターという文章ではなく、
セールスレターを使用することで得られる結果。

 

商品やサービスがよく売れるという結果です

 

つまり僕がコピーライターとして生み出している価値とは、
商品やサービスがよく売れるという状態なのです。

 

文章というモノではなく、文章が生み出す状態を、
価値として生み出しているのですね。

 

 

このように生み出す価値とは、基本的にモノではなく状態になります。

 

なので、あなたがこれからフリーランスとして活動していくうえで、
何を提供するかは自由ですが、提供する状態は明確にしておく。

 

そして、その状態を求める人がいるのかを知っておかないといけません。

 

ようは需要ですね。

 

  1. あなたが提供するモノとそこから生み出される状態という価値
  2. その価値を求める人がいる、需要がある

 

この2つが揃ってはじめて、
あなたはフリーランスとしてお金を稼げるのです。

 

 

活動する前にある程度でも良いから自分が提供していくつもりのモノ、
そこから生み出される状態という価値。

 

それに対する需要があるかどうかを明確に知っておきましょう。

 

そうしないと、稼げぬまま挫折するなどもおこりえます。

 

フリーランスの最大の障害は自由であることにある

 

今回、フリーランスとして活動していく前に、
決めておきたい2つのことについてお話ししてきました。

 

この2つのことはフリーランスとして活動していく、
あなたが進むべき方向性を明確にするという意味があります。

 

そして、はじめにも少しお話ししましたが、
フリーランスとして成果を出すうえで、
進むべき方向性は非常に重要なのです。

 

なぜなら、フリーランスの利点は自由であることですが、
最大の障害もまた自由であることだからです

 

 

どのように活動していくのか、どのような価値を生み出すのか。

 

フリーランスになることであなたは全てを自由に決める権利を得て、
自分の望む働き方を、行動次第でいくらでも実現できるでしょう。

 

ですが、自由であることは同時に、
全ての選択や結果に対して責任を負う義務があるということです。

 

なので、例えばまともに稼げず生活が苦しくても、
それはあなたが選択した道の結果であり、
その責任は全てあなた自身が背負うことになります。

 

現状を良くするのも悪くするのも、
全ては自分自身の選択と、それがまねく結果次第なのです。

 

なので、常に自分が望む方向性を明確にすること。

 

自分が求める本当の目的を明確にし、
自分が生み出す価値、その価値を与える相手を明確にする。

 

常に自分が良いと思える明確な目的地を明確にすることで、
無数にある道の中から、その場所へ続く道を取捨選択できる状態を作り、
常に自分が良いと思えるよう先に進んでいくのが大事なのです。

 

 

こうしてここまでこの記事を読んでくれたということは、
フリーランスとして活動したいという強い思いがある。

 

フリーランスとしてより良い働き方を目指したいという思いがあると思います。

 

それは、あなた自身の選択や行動でいくらでも実現可能ですので、
常に自分が良いと思う方向性を明確に、活動していってください。

 

この記事がそのきっかけにでもなればと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事