どうも、コピーライターの水川です。

 

今回はツイッターを本気で運用してみたその結果を、
成功はもちろん失敗事例も含めて全て暴露してしまう【1ヶ月編】です。

 

この記事はツイッター初心者の僕がゼロから運用するところを、
成功失敗事例余すことなく暴露して一緒に成長できる人を作ろう!

 

というコンセプトで書き始めた記事です。

 

そのためシリーズものとなっていますので、
まずは前回の記事を読んでいただくと話しがわかりやすいと思います。

 

前回の記事
↓↓↓

 

では、早速まずは結果から。

 

ツイッターを本気で1ヶ月運用した結果

 

1ヶ月の運用結果
  • 総ツイート数370
  • 1ヶ月でしたツイート数290
  • フォロワー数7⇒87に増加
  • 1ツイートの最高リツイート数85
  • 1ツイートの最高いいね数296

 

ちなみに、2週間時点の結果が以下です。

 

2週間の運用結果
  • 総ツイート数192
  • 2週間でしたツイート数112
  • フォロワー数7⇒43に増加
  • 1ツイートの最高リツイート数8
  • 1ツイートの最高いいね数30

 

1ヶ月でしたツイート数は290、1日平均9回と少し少なめでした。

 

2周間時点では1日平均7回で、ツイート数増加は課題として設定し、
一応増えはしたもののそれでも少ないですね。

 

フォロワー数は合計80人増、2周間前と比べると2倍となってますが、
ちょっとペース遅いかなという印象。

 

現時点でツイッターアカウントの方向性が、
やや迷走気味なのが問題ですかね。

 

ビジネスを始めるうえで必要なツイートと、
自己啓発的なツイートを半々ぐらいでつぶやいたのですが、
反応してくれる層が全く違いました。

 

そんなアカウントでもフォローしていただけたのは嬉しい限りです。

 

ですが、フォロワー数に比べて反応してくれる人、
リツイートやいいねをしてくれる人はかなり増えましたね。

 

いいね数は最高296ですが、
このツイートをした時点でのフォロワー数は40程度。

 

つまり、フォロワー数の5倍以上の方から、
反応をいただくことができました。

 

リツイート数も85とツイート時点でのフォロワー数の2倍程度です。

 

フォロワー数に関係なくツイートに反応をもらう方法は、
完全に確立したと言ってもよいでしょう。

 

1ヶ月運用してきた中で、これが最大の収穫ですね。

 

 

では、具体的にどのように運用していったかについて、
お話ししていきましょう。

 

ツイッター運用1ヶ月でおこなった、具体的な行動や戦略

 

とは言ったものの、やったことは2周間前とほぼ変わらないんですよね。

 

2周間前にやったことのリストが以下です。

 

2週間でやったことリスト
  • 自分自身を定義する
  • 発信する情報を絞る
  • 情報をツイートにして発信する
  • 自分が共感できる影響力を持つ人を探し、引用リツイートする

まず自分自身を定義するということで、
前回は中退ニートも経験したフリーランスの コピーライター。

 

このように自分を定義したのですが、
さらに引きこもりをプラスしました。

 

引きこもりのコピーライターということで、
ツイッターの肩書は"引きこぴーらいたー"です。

 

引きこもりでフリーランスとかなんか興味あるな!
と思ってもらうのが狙い。

 

なので、ツイッターでは引きこぴーらいたーとして、
これから情報発信していきます。

 

 

発信する情報、ツイートについては前回の2周間編で、
ネットビジネスやビジネスのマインドとテクニックに絞るとお話ししています。

 

その通りにツイートしていたのですが、
最初にも少しお話ししたようにビジネス的なツイートはともかく、
マインドのツイートが自己啓発的なツイートになっているんですよね。

 

そのせいで、ツイッターアカウントの全体像が定まっておらず、
やや迷走気味になっています。

 

なので、それをきちんと一貫させていくのが、
これからの課題になりそうです。

 

 

情報をツイートにして発信するについては前回と全く同じ。

 

140文字ぎりぎりで、1ツイート1テーマで、有益で価値あるツイート。

 

これを意識してひたすらツイートしていました。

 

そのおかげかフォロワー数に比べると、
反応をもらう回数が多いです。

 

ただ、これは前回の今後の課題でも書いたのですが、
有益で価値あるのはいいけどそれだけで、
僕という人間像がいまいちわからないのを改善する。

 

これを目標にしていたのですが、
あまりうまくいかなかったです。

 

有益でありかつ自分らしさを出すというのは、
想像以上に難しかった。

 

僕が自己表現苦手なだけかも知れませんが。

 

なので、これからは有益で価値あることと自己表現は完全に分けて、
フォロワーさんに価値ある範囲で自己表現していこうかと考えてます。

 

 

そして最後、自分が共感できる影響力を持つ人を探し、引用リツイートする。

 

これが、この1ヶ月で最もうまくできたことで、
フォロワー数の5倍以上の反応をもらうという数字を達成しました。

 

これについては別記事で詳しく解説しましたので、
そちらをぜひ読んでみてください。

 

少ないフォロワーの時に、より多くの反応をもらい、
より多くの人にツイートを見てもらえるようになりますよ。

 

反応をもらう方法
↓↓↓

 

とりあえず1ヶ月でやったことは以上ですね。

 

ツイッターを1ヶ月運用して見えてきた、これからの課題や方針

 

これからの課題については、
先程もお話したようにアカウントの方向性を定め、
自己表現をある程度入れていく。

 

ツイート数の増加も引き続きおこなっていくつもりです。

 

それともう1つ、これからは積極的に人と絡みます。
やはりツイッターは人との交流がメインだと思うので。

 

1ヶ月ツイッターを観察してきて流れや使い方もだいぶ慣れたので、
交流することでフォロワー増加を狙っていきます。

 

成長を実感できた1ヶ月

 

とりあえず1ヶ月ツイッターを運用してきましたが、
はじめてのことはやはり難しい。

 

だけど成長を実感できる嬉しい側面もあります。

 

2週間時点では30いいねほどもらってすごい喜んでいたのですが、
1ヶ月たった頃には200以上のいいねをもらったりできた。

 

フォロワー数も全体数が少ないとはいえ、
2週間時点と比べるとざっと2倍です。

 

あきらかな成長をちょっとした数字でも実感できる。

 

だから、新しいことに挑戦するのは楽しいのですよね。

 

これを読んでいるあなたもツイッター初心者か、
それに近い状態であると思うので、
一緒に成長する実感を味わっていけたらなと思います。

 

それがこの記事を書いている1番の目的ですから。

 

 

では、今回はここまでです。

 

ちなみに、あまりに短い期間だと書くことが少なくなるので、
これからは1ヶ月おきぐらいに記事を書いていきますね。

 

何か大きな成果や方法を確立などしたら、
それはその都度記事にしていきますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事