重要な書類に押すスタンプ

どうも、コピーライターの水川です。

 

今回のお話しは後々シリーズ物になる予定の第1回目。

 

ツイッターを本気で運用してみたその結果を、
成功はもちろん失敗事例も含めて全て暴露してしまう【2週間編】です。

 

これからツイッターを始めたいという人や、
活用したいという人に、ツイッター運用のはじめから全て。

 

どのように活動すればフォロワーなどを増やしているけるのかや、
その具体的な事例や実践記を全て暴露してしまおうというものです。

 

 

元々僕はBtoBビジネス、
すでにビジネスをしている方を相手にビジネスをしていました。

 

ですが、様々な理由からBtoC、ビジネスをしてない方向けに、
ビジネス初心者が成果を出しやすいネットビジネスのはじめ方や方法論、
マインドなどを情報発信するためこのブログを開設したのです。

 

そして、ブログの方に最低限のコンテンツが溜まったので、
この辺でブログへのアクセス流入口を増やそうかと、
開設したはいいもののほったらかしにしていたツイッター。

 

これを本格的に運用していこうと思ったわけです。

 

で、僕自身はツイッター初心者であるので、
ついでだからこれからツイッターを始めたい人のために、
その試行錯誤の過程や実際にやったこと、成功事例や失敗事例などなど。

 

その全てを暴露して、読者と一緒に成長していけるような、
そんなコンテンツを作ろうと思い立ってできたのがこの記事。

 

とりあえずゼロから2週間ツイッターを運用した結果を、
赤裸々に全て暴露したものになります。

 

ちなみに、今回この記事で書いているアカウントは、
開設自体は2018年3月となっています。

 

が、本格的に運用し始めたのが2018年9月30日。

 

そこから2週間後の10月13日までの運用記録が本記事の内容です。

 

9月30日時点でブログ記事の更新のみのツイートなどで、
82ツイートほどしており、フォロワーは7人いました。

 

なので、開設したてのアカウント、
ゼロから運用するのと変わらない状態からのスタートですので、
ツイッター始めたいけどどこから手をつけて良いかわからない、
という人には役立つ内容となってますよ(確信)!

 

ツイッターを本気で2週間運用した結果

 

ではまず結果から発表。

 

2週間の運用結果
  • 総ツイート数192
  • 2週間でしたツイート数112
  • フォロワー数7⇒43に増加
  • 1ツイートの最高リツイート数8
  • 1ツイートの最高いいね数30

 

とりあえず2週間で112ツイート(ブログ更新ツイートのみを除く)を行い、
フォロワー数が37人増加。

 

1ツイートで最高リツイート数8回、
いいね数30となりました。

 

 

ツイート数は1日辺り7回前後で、
正直少なかったほうですね。

 

本気でフォロワーを増やしたい場合、
1日30ツイートはするべきと言われてますので改善の余地あり。

 

フォロワー数に関してはまあこんなものかな、という感じです。

 

1日あたり平均2.5人フォロワーが増えた計算ですね。
減ったり増えたりで最高50まで伸びたのですが、
最終的に43に落ち着きました。

 

はじめのうちはフォロワーが少なく、
ツイートやアカウント自体が人の目に触れないので、
フォロワー増やしはかなり大変だと実感。

 

ただ、色々試行錯誤した結果、
いくつか露出を増やす方法を見つけたので、
これからはそれを実践していく予定。

 

もちろん、その方法はこの記事で全て公開します。

 

最後に、これはわりと良いなと思ったのが、
1ツイートの最高リツイート数といいね数です。

 

さっき言ったようにツイッターアカウント開設当初は、
ツイートやアカウント自体が人の目に触れません。

 

なので、いいねやリツイートも当然もらいづらいのですが、
そんな中で8リツイートと30ものいいねをつけてもらうことができました。

 

そのツイートが以下です。

 

 

次点で多かったのが3リツイートで18いいねの、以下のツイート。

 


これについてはきちんと戦略的にやっていて、
さっき言った露出を増やす方法にも関係してきますね。

 

現時点でフォロワー数が少ない、
これからアカウントを開設するという場合は、
参考になると思いますよ。

 

では、具体的にどのようにツイッターを運用していったのか、
詳しく解説していきます。

 

ツイッター運用2週間でおこなった、具体的な行動や戦略

 

まず、具体的にやったことのリストが以下です。

 

2週間でやったことリスト
  • 自分自身を定義する
  • 発信する情報を絞る
  • 情報をツイートにして発信する
  • 自分が共感できる影響力を持つ人を探し、引用リツイートする

 

自分自身を定義する

 

まず、自分自身を定義することをしました。

 

ツイッターで情報発信していうえで、
どのようなキャラでいくかを明確に定義したのです。

 

まあキャラとは言いますが実際には現在の自分と変わりません。

 

僕は起業してフリーランスのコピーライター兼WEBマーケターですので、
プロフィールのところは水川健人@コピーライターとなってます。

 

ただ、これだけだとインパクトが弱いですよね。

 

ツイッターにはコピーライターはもちろん、
フリーランスも多くいます。

 

なので、あえてマイナスの要素になりうる、
不登校+大学中退の経歴を載せました。

 

つまり、"中学時代は不登校で大学も中退したダメな奴が、
フリーランスとして活動しているコピーライター"。

 

というキャラになったわけです。

 

フリーランスって優秀な人がやるみたいな印象がありますから、
大学すらでてない人間がやってるとなると興味を引きます。

 

もちろん、この情報が逆にマイナスな印象を与える可能性もありますが、
正直それはそれで良いのです。

 

マイナスな印象でも興味は興味だから。

 

ツイッターには多くの人が存在し、
その人達が相手の興味を引こうとしのぎを削る魔境です。

 

なので、興味を引けないありきたりな人や情報などは、
一瞬でかなたに飛ばされ忘れ去られます

 

なので、とにかくまずは興味を持ってもらうこと。

 

興味を持ってもらってはじめて、
相手に自分を知ってもらうチャンスが生まれます。

 

なので、まずは興味を引くことを意識して、
プロフィール作成などを行いました。

 

発信する情報を絞る

 

プロフィールを決めて次にやったのが、
発信する情報を絞ることです。

 

これは同時に情報を伝えたいターゲットを絞る
という意味でもあります。

 

 

というのも、ツイッターってどんな情報を発信しても良いわけです。

 

ですが、趣味とかでツイッターを運用するわけではない以上、
ツイッターに求める結果がありますよね。

 

僕の場合ならとりあえずこのブログに人を集めることです。

 

で、このブログはネットビジネスを始めたいという人、
自由な人生を送りたいという人に必要な情報を発信しています。

 

なので、ツイッターの方もネットビジネスやビジネス、
自由な人生などに興味がある人にフォローしてもらいたいわけです。

 

なので、発信する情報をネットビジネスやビジネスのマインドとテクニック。

 

それに加えて自由な人生に興味がある人を人生をより良く生きたい人と定義し、
人生をより良く生きる考え方。

 

この3つのみをとりあえず重点的に情報発信することにしました。

 

これが発信する情報とターゲットを絞るということですね。

 

情報をツイートにして発信していく

 

ここまできたら、後は情報をツイートしていくだけです。

 

で、ツイートする際に気をつけたポイントが2つあります。

 

ツイート文字数上限ぎりぎりで発信することと、
有益であるか共感できるかを中心に発信することです。

 

 

まず、ツイートする時は文字数上限である140文字ちょうど。
あるいはぎりぎりでツイートすることです。

 

これには2つの意味があって、1つめは情報量を多くすることで、
質の高いツイートにするということ。

 

情報量が多い=質が高いは必ずしも成立しませんが、
140文字という元々少ない文字制限の中では、
これが成立するのです。

 

というかツイートした経験があるならわかるかもしれませんが、
伝えたいことを140文字以内におさえるのってむしろ難しいです。

 

特にブログとかで1000文字とかの文章をある程度書きなれてると、
逆に140文字で何を伝えるべきか迷うと思います。

 

なので、140文字も何を伝えようかではなく、
たった140文字で何を伝えるべきかという悩みにぶち当たるはずです。

 

実際はじめの頃、僕はこのかべにぶち当たりました。

 

140文字で伝えたいことを伝えるにはどうするか。

 

結論として、まず1ツイート1テーマを徹底意識です。

 

ブログでも1記事1テーマはよく言われますが、
ツイッターではさらに強く意識して、
とにかくそのテーマに必要ないことに話しを飛ばさないこと。

 

それに加えて、句読点や改行も一文字でカウントされるから、
なるべく入れないようにする。

 

だけどまったく入れないと読みにくいので、
最低限読みやすいようには整える。

 

最後に語尾を短くする。

 

例えば僕が文章を書く時はですます調で、
丁寧な言葉遣いで文章を書きます。

 

だけど、ですますを入れると文字数を圧迫するので、
入れずに断言口調にしたりしました。

 

実際に僕のツイート見てもらうとわかりますけど断定口調やですます抜きで、
この記事の文章とは雰囲気が違うのがわかりますよ。

 

こんな感じで、とにかく140文字ぎりぎりで質の高いツイートをするのが、
ツイート文字数上限ぎりぎりでツイートすることの1つめの意味。

 

そしてもう1つが、ツイート文字数を多くすることで、
1ツイートをタイムラインで目立たせることです。

 

一応タイムラインについて説明しておきますと、
ツイッターにログインした時、
ホーム画面に出てくるツイート群になります。

 

設定をいじれますが基本はフォロワーのツイートが流れますね。

 

ツイッターアカウントをもっている場合は、
ログインして確かめてみてください。

 

で、このタイムラインにはツイートが流れていくわけですが、
例えば100人をフォローしている人にあなたがフォローされたとしたら、
その人のタイムラインには100人+あなたのしているツイートが、
常に流れ続けることになります。

 

その中で、10文字ぐらいしかない1行のツイートが、
さらっと流れていても気づいてもらえるかすら怪しいですよね。

 

ですが、140文字できちんとツイートすると、
最初の方で例に上げた僕のツイートみたいに、
縦に長くなります。

 

縦に長くなればそれだけ相手のタイムラインで、
ツイートが目立つようになる。

 

つまり興味を引きやすく、読まれやすくなるのです。

 

ただ、長いツイートをうざいと感じる人もいるでしょうから、
あまり長くしすぎないことも意識してましたね。

 

少し長くなりましたが、以上がポイント1つめ、
140文字ぎりぎりでツイートするです。

 

 

次に、ポイント2つめが有益か共感を意識してツイートする。

 

つまり、ツイートを見る人に価値あるツイートを心がけることです。

 

これはツイッターにかぎりませんが、
基本的に人は自分に価値ある情報以外は受け取ってくれません。

 

しかしこう言うと、芸能人の日々の生活みたいなブログはどうなのかとか、
ツイッターでもそんな感じのつぶやきにいいねがついてるぞとか、
色々思うかも知れません。

 

ですが、芸能人などについては日常生活に価値があるのです。

 

普段テレビなどで活躍している華やかなイメージのある人達が、
普段は見れない私生活やその一端をブログなどでたまに見せる。

 

普通は見れないというところに価値があります。

 

ツイッターのいいねにしても何気ない日常のつぶやきについているのは、
多くのフォロワーを抱えた影響力の強い人達。

 

ある意味、ツイッターにおける芸能人なのです。

 

このように、すでに影響力があれば何気ないツイートも価値が生まれますが、
開設したばかりのアカウントやフォロワーの少ない状態では、
そのようなものに価値は生まれません。

 

なので、はじめから価値を意識したツイートをしなければならず、
それが有益であるか共感できるかなのです。

 

ちなみに先程フォロワー数のわりにいいねなどがついたツイートも、
価値を意識したものです。

 

もう一度、以下に貼っておきますね。

 

 

これは、共感を意識した引用ツイートです。

 

引用元のツイートが、
他人はコントロールできないという主張のツイートで、
それを補足する形でしたツイートになります。

 

自分自身をコントロールできないと悩んでいたり、
他人が思うように動いてくれなくてイライラする。

 

このような人に共感されたのではないかと思っています。

 

こんな感じで共感を生んだり、あるいは有益な情報を発信することで、
いいねやリツイート、フォロワーを増やしていける実感を、
この2週間では得られました。

 

 ちなみに、有益と共感のどちらが増やしやすいかといえば、共感です。

 

基本的に人は感情で行動し、理屈でそれに理由をつけるので、
感情を動かすツイートのほうが反応が良くなりました。

 

以上が2つめのポイント、有益か共感のツイートを心がけることです。

 

 

少し長くなりましたが、基本的にはこの2つのポイントを意識して、
1日平均7ツイートほどしていました。

 

自分が共感できる影響力を持つ人を探し、引用リツイートする

 

では最後にしてツイッター運用初期に最も重要なこと。

 

自分が共感できる影響力を持つ人を探して、
引用リツイートするです。

 

もし、現状がフォロワーがほとんどいない、
あるいは開設したばかりのアカウントならば、
これを重点的にやることが大事。

 

より正確には、引用リツイートすることで、
引用元のツイートをした人から反応をもらうことが大事です。

 

どういうことかというと、
まずツイッターの機能としていいねやリツイートされたものは、
通知として自分にお知らせがくるのは、経験があるならわかると思います。

 

なので、引用リツイートしたことは、
引用元のツイートをした人に伝わるのです。

 

この時、なんの反応もなくスルーされると意味がないのですが、
引用リツイートしたものが相手にいいねなどをしてもらえた時。

 

そのいいねしたという情報が、
相手のツイッターのフォロワーのタイムラインに流れます。

 

つまり、もし自分のフォロワー数がゼロでも、
引用リツイートが1万人のフォロワー保持者にいいねしてもらえれば、
1万人の人にあなたのツイートを知ってもらえる。

 

そのチャンスが生まれるということです。

 

先程から例として出している僕のツイートも、
すえのぶさんというフォロワー数5万人以上の方から、
まずいいねをもらいました。

 

この時点で5万人以上の人にいいねしたという情報が伝わり、
ツイートを見てもらえる可能性ができたのです。

 

なので44人、というか例のリツイートをした時点では、
20人程度のフォロワーしかいなかったにもかかわらず、
フォロワー以上のいいねをもらうことができたのですね。

 

このように自分の影響力が皆無なときには、
まず人の影響力に乗っかるのが大事になります。

 

大事なのですが、ここで気をつけてほしいのが、
影響力があるからという理由だけで選ばないということ。

 

僕がすえのぶさんという方のツイートを引用したのは、
フォロワー数が多いとかは全く関係なくて、
その考え方や発信する情報に共感できたからです。

 

そして、その考え方に対して自分なりの意見や考えを、
きちんと深く発信することができると思ったからです。

 

これが、例えば何の言葉とかもなくただリツイートするだけでは、
いいねなどはつけてもらえないでしょう。

 

仮につけてもらえたとしても、そのツイートを見た他の人が、
自分に興味を持ってくれるかといえば、間違いなくくれません。

 

さっきも言いましたが自分に影響力がない時は、
価値あることが大事なのです。

 

だから、自分なりの価値を付加して情報を発信できる。

 

そんな影響力を持つ人をきちんと探して、
価値ある情報を発信することを意識しました。

 

ツイッターを2週間運用して見えてきた、これからの課題や方針

 

ここまで、2週間のツイッター運用について、
詳しく解説してきましたがどうでしたか?

 

応用できそうな部分はあったでしょうか?

 

引用リツイートの部分は誰でもできると思うので、
ぜひやってみてほしいと思います。

 

 

では最後に、これからどのように運用していくか。
見えてきた課題や方針についてお話ししていきますね。

 

まず、最初の方でも言ったように、
ツイート数を増やすことが1つめの課題になります。

 

ツイート数=露出が増えるということですから、
はじめのうちは数をこなすことが大切ですね。

 

ツイートの際は、有益+共感は引き続き意識して、
引用リツートも積極的に行っていく。

 

そしてもう1つ、僕という人間の人物像がわかるような、
そんなツイートも織り交ぜていこうと思っています。

 

というのも、僕のツイートにはフォロワー数のわりには、
いいねやリツイートしてもらえることが多いです。

 

ですがここで問題なのが、それがフォロワーにつながらないこと。

 

反応はもらえるのですが、肝心のフォローはしてもらえないのです。

 

これはなぜかと考えた結果、
単純に僕という人間がわからないからだろうと仮説をたててみました。

 

先程から価値があることが大事と言ってはきましたが、
価値があるだけでOKかというとそうでもないのです。

 

フォロワー、つまりファンは、
価値ではなく人につくものですから、
僕という人間を知ってもらうことは重要でしょう。

 

ですが、何度も言っているように価値も大事ですから、
例えば趣味とか好きなことをツイートしても、
おそらく反応はもらえません。

 

なので価値があり、かつ人物像を伝えられる。

 

そんなツイートを心がけてみようと考えています。

 

現時点ではあまり思い浮かばないのですが、
ここらへんは試行錯誤とひたすら行動ですね。

 

最初はとにかく数+質

 

以上でツイッター運用全て暴露、2週間編は終わりです。

 

こうしてはじめて本格的にツイッター運用してみると、
結局大事なのは試行錯誤。

 

そして、数と質ですね。

 

数か質、どっちが良いかと議論になることは多いですが、
はじめのうちは両立させることが大事だと常々思います。

 

では、今回はここで終わりですが、
最初にお話ししたようにこの記事を書いた理由は、
ツイッター運用初心者の方と共に成長していくことができる。

 

そんな状態を実現するためのものです。

 

そのため、これからも定期的にこのような記事を上げていきますし、
ツイッターの方でも情報を流していきます。

 

なので、一緒に成長していきたいと思ってくれたら、
僕のツイッターアカウントをフォローして情報を追ってみてください。

 

この記事を読んだ今なら、
僕の過去ツイートとかからでも色々参考になるものを得られると思いますよ。

 

※水川のツイッターアカウント

 

 

では、今回は本当にここまでです。

 

※追記

 

続編であるツイッター運用1ヶ月編はすでに公開済みです。
↓↓↓

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事