コピーライティングの使い方
追記
今回ご紹介しているウェブセールスライティング習得ハンドブックは、
元々3980円で販売されていたのですが現在は550円。
加えて送料無料で購入することができます。
興味を持たれたらこのお得な機会にぜひ読んでみてください。

 

どうも、コピーライターの水川です。

 

今回はコピーライティングをビジネスで活かしたい、
活かすために学び始めたいと考えているなら、
絶対に読んでおいてほしい本。

 

ダイレクト出版が販売している、
『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』を、
ご紹介しようと思います。

 

 

この本は僕がコピーライティングを本格的に学ぼうと決心したとき、
一番始めに手にとって、読んだ本です。

 

と同時に、大恩本でもあります。

 

当時はコピーライティングのことなど何一つ知らなかったのですが、
この本を読んだことでコピーライティングのある重要な事実を、
本格的に学びはじめる前に知ることができたからです。

 

もし、この本を読む前によくあるテクニック本などを読んでいたら、
途中で挫折していた可能性も高かったでしょう。

 

この本に書かれていることは、特にこれから学び始めたいと考えている場合に、
絶対に必要なこと、知っておかないといけないことなのです。

 

今回はそんなコピーライティングを学び始めたいなら特に読んでおきたい、
『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』について、
詳しくご紹介したいと思います。

 

 

ウェブセールスライティング習得ハンドブック概要

 

ウェブセールスライティング習得ハンドブックについて、
まずお話ししておきたいこと。

 

それは、この本はよくあるコピーライティング本のように、
コピーライティングのテクニックなどについてを中心には、
書かれてないということです。

 

ウェブセールスライティング習得ハンドブックという名のとおり、
ウェブで商品をセールスするための文章を書くのに必要なことは、
一通り書いてあります。

 

またセールス目的じゃない、例えばメールアドレスを登録してほしい、
お問い合わせや資料請求をしてほしいなどにも応用は可能。

 

ブログやSNSなどで相手から何かしらの反応がほしいという場合も使えます。

 

さらにウェブとありますが、ウェブ限定でしか使えないものでもなく、
普通にリアルビジネスとかにも応用は可能です。

 

ですが、本当に基本のことについてのみ書いてあり、
もし巷でよく言われる魔法のようなものを求めているなら、
この本はまったく役に立たないでしょう。

 

本当にビジネスの初心者で今までまったくやったことはない、
これからはじめるところだという場合なら新鮮な内容でしょうが、
すでに何らかのビジネスである程度成果をだしているという場合。

 

もしかたら、すでに知っている内容のほうが多いかもしれません。

 

テクニック本として見た場合だと本当にそのぐらいなのですが、
ではなぜ、コピーライティングを学び始めたいなら、
この本を必ず読んでおいたほうが良いのか?

 

それは、この本はビジネスにおいてコピーライティングが果たす役割、
コピーライティングがビジネスでどのように機能するのかについて、
わかりやすく解説してくれているから

 

ようは、この本はコピーライティングを学ぶための本ではなく、
コピーライティングをビジネスで活かすために必要なことを、
一から学ぶための本ということです。

 

そして、コピーライティングを学ぶうえで、
このことを知っているのと知らないのでは、
先の結果に大きな影響を与えます。

 

コピーライティングはビジネスの一部ということを教えてくれる本

 

というのも、もしかしたらあなたはコピーライティングを、
それさえ学べば稼げるようになる魔法のスキルみたいに、
考えているかもしれません。

 

 

実際、このように考えている人は多くいるのですが、
これは、コピーライティングについて情報発信する人の多くが、
コピーライティングを神格化するような内容。

 

「コピーライティングを学ぶだけで売上が10倍!」
「コピーライティングさえ学べばお金に困ることはない!」
「コピーライティングこそビジネスにもっとも重要なスキルだ!」

 

みたいなことをよく言うので勘違いしてしまっているのですね。

 

ですが、実際のコピーライティングという技術は、
それ単体ではそこまで役に立ちません。

 

特に、これまでビジネスをやったことがないという初心者が、
コピーライティングを学んだだけで稼げるようになるかと言えば、
間違いなくならないでしょう。

 

コピーライティングはあくまでもビジネスの一部であり、
ビジネスという全体像にきちんと組み込まれてはじめて、
その真価を発揮するものだからです

 

そして、ウェブセールスライティング習得ハンドブックは、
コピーライティングをビジネスに組み込む方法を教えてくれる本。

 

ビジネスにおけるコピーライティングの立ち位置から、
具体的にどのような場所で役に立つのか。

 

どのようにすれば最大限効果を発揮するのかについて、
書かれた本になります。

 

なので、これからコピーライティングを学びたい場合は、
必ず読んでおいたほうが良い本なのです。

 

そもそもコピーライティングの使い方がわからなければ、
いくらテクニックなどを学んでも無駄になるからですね。

 

また、今の自分にコピーライティングが本当に必要なのかも、
この本を読めばわかるでしょう。

 

ここまでこの記事を読んでくれているあなたはおそらく、
コピーライティングを学ぶことに前向きであると思います。

 

そしてもちろん、コピーライティングを学ぶことで達成したいこと、
目的があるはずです。

 

すでにビジネスをやっていて売上をあげたいのかもしれないし、
これからビジネスを始めたくて勉強したいのかもしれない。

 

このような目的を達成するうえでコピーライティングが、
本当に役に立つのか?

 

本当に今の自分にコピーライティングが必要なのかどうかを、
この本を読むことで知ることができるでしょう。

 

この本を読むことでコピーライティングの役割を知り、
もし自分にコピーライティングが必要だと思えば、
そのまま本格的に学び始めれば良い。

 

もし、読んでいるうちにコピーライティングが、
今の自分には必要ないものだとわかったのであれば、
目的達成に遠回りしなくてもすむようになります。

 

ウェブセールスライティング習得ハンドブックを読むべき人

 

ここまでウェブセールスライティング習得ハンドブックについて、
いろいろお話ししてきました。

 

ここからは以上を踏まえたうえで、
この本を読むべき人についてお話ししましょう。

 

まず何度もお話ししたように、コピーライティングを学び始めたい場合は、
必ず一度は読んでおくべきです。

 

この本を読むことでコピーライティングの役割を知り、
学んだ後にどのように活かしていけばよいかがわかりますので、
学んだことを無駄にせずにすみます。

 

また、コピーライティングを学んで実践もしているのに、
何故か成果が出ないという場合も読んでみるとよいでしょう。

 

学んで実践しても成果が出ないということは、
活かし方が間違っているということですので、
この本を読むことで本当の使いどころがわかります。

 

逆に読まないほうが良い人はテクニックを求めている場合、
使えばすぐに成果がでるようなものを求めている場合です。

 

先ほどお話ししたようにこの本はテクニック本ではないので、
それを求めて読むと望むものは得られないでしょう。

 

ようは、コピーライティング入門本ということですね。

 

なので、これからコピーライティングを学びはじめたい、
学んでビジネスに活かしていきたいという場合は、
ぜひ読んでみてください。

 

 

ビジネスでコピーライティングを活かすのに必要なのは使い方を知ること

 

このサイトでは頻繁に様々なところでお話ししているのですが、
スキルや知識は持っているだけではあまり意味がありません。

 

特に自分でビジネスをはじめて成果を出すうえで必要なのは、
ビジネスという全体の戦略の中でスキルや知識という戦術を、
どのように活かせば、使えば効果を最大化できるか。

 

スキルや知識の使い方です。

 

今回お話ししたウェブセールスライティング習得ハンドブックは、
コピーライティングというか、ビジネスの学び始めに、
そのことを僕に教えてくれました。

 

もし、このことを知らずにコピーライティングを学んでいたら、
コピーライティングを身につけることはできても、
ビジネスで成果を出すことはできなかったでしょう。

 

だから、はじめにもお話ししたようにこの本は大恩本なのです。

 

そして、あなたももしコピーライティングを身につけるだけでなく、
きちんとビジネスに活かして成果を出したいのなら、
ぜひこの本を手にとってみてください。

 

必ず、読み学ぶ時間に見合ったものを得ることができますよ。

 

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事