【絶対必須!】オンラインビジネスで成果を出すために必要な考え方の変化
【記事執筆者】水川健人
コピーライター・マーケター。個人や中小規模ビジネス向けに、マーケティング戦略のアドバイスを主におこなっている。
【価値あるものが正しく認められるビジネス業界】を目指して日々活動中。

 

これからもオンラインを活用したビジネス、
特に情報発信を主とするビジネスをやっていきたい。

 

あるいは始めたいというのであれば、
ここでの話はものすごく重要です。

 

すでに兆しが見えているのですがこれから先、
オンラインビジネスの形は大きく変わることになる。

 

その結果、変わらずに成果を出し続ける人と、
成果を出せず淘汰されていく人に分かれていきます。

 

もし前者でありたいと思うのであれば、
今回の話を常に意識しておいてほしい。

 

意識して行動に反映させていってください。

 

繰り返しますが今回の話は知らなければほぼ確実に、
これから先のオンラインビジネス業界で、
生き残ることができなくなるほど重要なこと。

 

なので、集中して頭に入れていってほしいと思います。

これからのオンラインビジネス業界の実態

 

これまでも様々な人に言われてきていることですが、
ネット内における情報そのものの価値はゼロに近づく。

 

これをまずは強く意識しておくべきでしょう。

 

IT技術の発達によってネット内に情報を上げるあらゆる行為が、
最低限のもので誰にでも簡単にできるようになっていく。

 

文章、音声、動画などあらゆる形態でです。

 

実質的利益をもたらす情報から音楽などの文化的情報、
アカデミックな情報などあらゆる分野も含まれます。

 

そして、それらの情報を誰もが低コストで閲覧することができる。

 

それはイコール、情報そのものに対する人々が感じる価値が、
ゼロになっていくことを意味しています。

 

実際、その傾向はすでにあります。

 

僕はオンラインビジネスの流れなどを見るために、
様々な分野の情報商材を定期的に購入しているのですが、
数年前まで数万円で売られていたもの。

 

それが現在ではブログやらメルマガ、動画サイトなどで、
同じようなものが無料で公開されていることが多々あります。

 

数十万円するような情報商材であってもしばらく経てば、
無料になって当たり前のように見ることができたりする。

 

そして当たり前にできること、得られるものに、
人は価値を感じることはありません。

 

情報の価値は必然的にゼロに近づいていくのです。

 

 

ただ、これを悪いことだと感じる人は、
おそらくそうはいないでしょう。

 

誰もがあらゆる情報を簡単に閲覧できるのだから、
それはむしろチャンスだと思うかもしれません。

 

ですが、実際は違います。

 

情報に価値がなくなった状態というのは、
情報の受け手にとって害となることがある。

 

つまりは、これからのオンラインビジネスにおいて情報の価値は、
ゼロからさらに下がりマイナスになっていくのです。

 

情報の価値がマイナスになっていくということの意味

 

なぜ、情報の価値がゼロになることは受け手にとって、
マイナスな事態を引き起こすのか?

 

結論だけ先にお話すると価値がなくなるということは、
価値を測る基準がなくなるということだからです

 

人はあるものの価値を測るときに、
何かしらの比較できる基準を用います。

 

その一つがお金であり、つまり有料であるということは、
その情報が価値あるものだという一種の基準となってたのです。

 

もちろん、中には詐欺まがいの中身のない商品などがあり、
有料でも良いものとは限らないという認識を持つ人もいたでしょう。

 

ですが基本的には有料であることは価値あることであり、
価格についてもより高いものは低いものよりも、
質の高い内容であるという一般認識がありました。

 

ですが、ここまでお話してきたように情報は、
どんどんネットにあげられ価値が下がってゆく。

 

さらに、情報には物質的実体を持たないという性質があるために、
その価値がゼロになりうるのです。

 

食料品など実体があればどんどん値段が下がっていくことはあれど、
決してゼロになることはありません。

 

情報はネットに繋ぐための設備等にお金はかかれど、
閲覧自体は無料(ゼロ)になりうるということです。

 

では、無料になった情報の価値を人はどのように測るのか?

 

測れないのです。

 

当たり前に手に入るものに人は価値を感じることはできず、
その重要性を理解することも困難になっていきます。

 

おまけにネット上にある情報の数は膨大なもので、
その1つ1つをいちいち検証することも難しい。

 

ようは、情報の価値がゼロになった結果、
人はどの情報を信じて良いのかの基準を失い、
膨大な情報の取捨選択ができなくなるということ

 

要は人は何を信じて良いのかわからなくなっていくのです。

 

加えて情報の取得にコストがかかりませんから、
そこから何かを得なくとも失うのは時間だけ。

 

なので、時間を失うことをコストと感じる人でなければ、
何かを得るための行動をおこすこともできなくなっていくのです。

 

 

例えばネット上でちょっと検索すれば副業で収入を増やす、
みたいな情報がいくらでも出てきます。

 

発信してる人もいっぱいいるし種類も豊富だし、
様々な状況に対応できる柔軟性もある。

 

何より質が高いです。

 

先程少しお話しましたが過去には有料の商材の情報が現在、
普通にネット上に転がっているのが当たり前なのですから。

 

きちんと内容を頭に入れて根気強く実践していけば、
ある程度は誰でも成果を出せるようになるでしょう。

 

それだけの情報を誰もが簡単に閲覧できるにも関わらず、
現実には行動に移す人自体が圧倒的少数派。

 

行動に移しても実践しきれず挫折する人多数。

 

ネットが広く普及したため絶対数は増えたけども、
成果を出せる人はほんの一握りという状況が、
昔からあまり変わっていません。

 

なぜかといえば大半の人は簡単に手に入る情報、
価値を測る基準がなくなった情報の群れに対して、
重要性そのものを感じることができないからです。

 

自分の人生を変えるかもしれない情報が目の前にあれど、
それをそのように重要なものだと感じられず気づけない。

 

仮に漠然とではあれ気づけたとしても、
それを行動に移すだけの理由がないのです。

 

 

これが情報の価値がゼロにになるということが、
受け手にとってマイナスになりうることの意味。

 

情報の価値を測る基準がなくなることで、
その重要性も一緒になくなっていくのです。

 

価値を与えるのではなく価値を示せる人になる重要性

 

情報の価値が下がり続けいずれゼロになり、
受け手にとってむしろ害となる時代がやってくる。

 

そんな中で情報を扱うオンラインビジネスで成果を出すには、
どのような方向性を意識して行動すればよいのか?

 

価値を与えるという意識から示すという意識に切り替えることです

 

絶対的な前提条件として価値を与えるという方向性では、
この先大半の人はやっていけなくなります。

 

具体的には「~の方法」「~のテクニック」みたいなものや、
教科書的な情報の羅列、ただのデータの群れなどのものです。

 

こういった情報でやっていけるのは権威性ある人や、
その分野でトップを走れるような知識等の持ち主だけ。

 

一般的な人がやっていくのはほぼ不可能になるでしょう。

 

誰もがネットに情報を上げることができるようになったために、
単純な情報の量は飽和していくからです。

 

誰も上げてない情報はいずれなくなっていくので、
その分野のトップに立ち新しい情報を仕入れられるか、
あるいは自分で見つけ出すことができるだけの能力がある。

 

いずれかでなければ確実に淘汰されていくでしょう。

 

価値ある情報を与えるというやり方では、
これから先を生き残ることはできない。

 

そこで重要になってくるのが価値を示すという方向性です。

 

先ほどお話したように情報の量が増えすぎたことで、
価値を測る基準がなくなった現代。

 

どうあるべきかを人は判断し難くなっています。

 

何が重要なのか、何を信じるべきなのかが曖昧になり、
どのような方向性で行動すべきかを決めあぐねているのです。

 

自身の中に確固たる軸がないと言い換えても良いでしょう。

 

そのような時代にただひたすら情報を与え続けても、
人は受け入れてくれない、そもそも見向きもされない。

 

ですから、まずすべきことはビジネスの相手の中に、
確固たる軸をつくってもらうことなのです。

 

正確には何が価値あるものであるのかという価値観を示し、
それを受け入れてもらうことができるようになること

 

これが価値を示すということの意味でありこれができる人のみ、
これから先も生き残っていくことができるでしょう。

 

価値の基準となる軸をまずは作れるようになる事が重要

 

ここまでいろいろお話してきましたが、
ようは自分自身が価値の測りになることが、
これから先は重要になるということ。

 

そのために、自分自身の中に他人に示せるだけの、
確固たる軸をまず作ることが大事ということです

 

 

これまでのオンラインビジネスでは目新しい情報や、
素早い情報伝達も成果に直結する要素の一つでした。

 

ですが、誰もが簡単に情報あげられるようになることで、
それらの要素がもはや意味をなさなくなってきたのです。

 

情報を羅列することは誰もができるようになり、
ネット上には同じような情報が常に溢れているから。

 

故に価値の基準がなくなった=情報自体に価値はなくなった。

 

このような状態が生まれ、波及し、いずれ通常になるでしょう。

 

そんな中でこれからもオンラインでの情報発信で、
ビジネスを展開していきたいのであれば必要なもの。

 

それが、これは価値ある情報なんだと叫ぶことではなく、
これは信じるに足る価値であるとまずは示すことです

 

そのためには自分自身が信じられるものをまずは作り、
それを別の誰かに対して示せるようになる必要がある。

 

そこまでしてようやく情報それ自体に意味が生まれてくるのです。

 

 

  1. 自分が信じられる価値観や信念、理想を持つ
  2. それを相手に示し軸の1つとしてもらう
  3. 必要な情報自体を提供していく

 

これからもオンラインビジネスで成果を出したいなら、
以上の順番を意識してみてください。

 

最初にもお話しましたがこれは意識すれば有利とかではなく、
意識して取り入れなければ淘汰されるたぐいのものです。

 

なのでぜひ、これからの活動に取り入れていってほしいなと思います。

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事